おうちカレーがちょっとの隠し味で数段美味しくなる

_RIZ0209

「トマトチキンカレー あとのせ野菜」

_RIZ0211

さんのおうちカレーの隠し味って何ですか?隠し味ランキングの上位に入るのは、林檎、牛乳、ニンニク、蜂蜜、醤油、チョコレートなどなどですね。わたしもその日の気分でカレーの隠し味を変えているのですが、ほんのちょっとの隠し味をすることで、いつものおうちカレーが数段美味しくなるのでご紹介しましょう♪今日のおうちカレーは「トマトチキンカレー あとのせ野菜」です。今日の隠し味は、写真の3つ。ニンニク、千代の一番の野菜ブイヨン香澄、トマトジュースです。レシピはいつもの如くいたって簡単!そう、簡単な料理しか作らないのがわたし流(笑)微塵切りしたニンニクをオーリーブオイルで香り付けしたら、ゴロゴロっと大振りにカットした玉葱、人参、ジャガイモ、鶏もも肉に軽く塩、黒胡椒しながら圧力鍋で炒めます。玉葱がすぅっと透き通ってきたら、水(指定分量の半量)と千代の一番の野菜ブイヨン香澄を1包入れて、圧力鍋低圧3分→放置20分とします。放置時間に、隣のフライパンで”あとのせ野菜”を作りましょう。野菜も冷蔵庫に在るもの何でもいいのです。今日は、ブロッコリー、しめじ、トマトにしました。こちらの野菜も塩で軽く下味を付けながら、ニンニクと唐辛子でアーリオオーリオしておいてください。圧力鍋の圧を抜いて蓋を開けたら、先ほどの水の同量のトマトジュースを入れて5分ほど弱火でコトコト煮込みます。最後にお好みの市販のルーを入れて溶けば完成です。盛り付けも見た目がとっても大事。だから今日は”あとのせ野菜”なのです。圧力鍋でとろけるほどにやわらかくなったジャガイモや人参、炒めてシャキシャキの食感を残したブロッコリー、こうした食感の違いが味わえるのもまた良いのです。カレーが出来上がるまでの所要時間およそ30分ほど。お口いっぱいにほうりこみ満腹で大満足な笑みを浮かべるまでも、そう時間を要しません(笑)是非、お試しくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top