lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

「ザ サイアム」クッキングスクールで絶品のパッタイを作ってみましょう!

2015/08/15

IMG_6851

バンコク屈指のラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」のタイレストランのシェフ
Damri Muksombat(ダムリ先生)がマンツーマンで料理を教えてくださる
クッキングスクール Cooking School」の最後の3品目は、
こちらも大好物の「パッタイ PHAD THAI」です!
それにしても中華鍋が重過ぎて大根腕のわたしでも片手では持ち上げれないのですが・・・大丈夫でしょうか(笑)
パッタイは米麺のため、熱を入れる時間との勝負です!

IMG_6852

重たい中華鍋を片手で軽々と持ち上げるダムリ先生
先ずは、中華鍋を熱して、これぐらいの熱さまでだよ、と教えてくださいます♪

IMG_6858

パッタイで初めて油を用います。
そういえば、タイ料理は、油をあまり用いることがなく、
野菜を多く取り入れるためヘルシーだと聞いていましたが本当ですね!
中華鍋全体に行き渡るように油を回し入れます。

IMG_6866

先ずは海老をサッと炒めて火入れします。

IMG_6848

材料は、剥き海老、干し海老、卵、もやし、ニラ、レッドオニオン、タイの豆腐、ピーナッツなどなど。

IMG_6870

そこに、レッドオニオンやタイの豆腐、漬物、干し海老を投入します。

IMG_6878

卵を割り入れます

IMG_6880

素早く卵と混ぜ合わせます

IMG_6982

パッタイヌードル(センチャン)

IMG_6904

パッタイヌードル(センチャン)と具材が良く混ざり合うように、中華鍋を振りながら火入れしていきます!

IMG_6998

そこへ、事前に混ぜ合わせておいたパッタイソース(ナンプラー、タマリンドウジュース、パームシュガー、チリオイル)を投入します。

IMG_6935

そして、かなりのスピードで一気に中華鍋を振り上げ、混ぜ合わせていきます!

IMG_7002

パッタイヌードルがしんなりしたら、最後にもやしやニラ、ピーナツっを加えてサッと炒めます。

IMG_6940

あっとういう間にパッタイの完成です!これは早いです!

IMG_6943

「パッタイ PHAD THAI」

センチャンという細麺のパッタイヌードルを用いたダムリ先生のパッタイは、
甘味と酸味が豊かでコクがあり、とても美味しい仕上がりです♪

IMG_7001

2品目までは、2つの火元を使用し、同時進行で作りながら進みましたが、
パッタイは、素早さが大前提となるため、ダムリ先生が作ってお手本を見せてくれてから、わたしの挑戦となります。
とても重たい中華鍋を全身の力を振り絞り、時間との勝負に挑戦です!

IMG_7006

両手で何とか持ち上げて、完成させることができました!

IMG_7007

ayaco作「パッタイ PHAD THAI」器:年輪シリーズ

パッタイは、「釋永岳 Gaku Shakunaga」くんの年輪シリーズとコラボレーションさせていただきました!
ピーナッツをパラパラと振り掛けて、盛り付けを少しアレンジしてみると、
ダムリ先生からもお褒めの言葉をいただきました!(嬉)

IMG_7020

ダムリ先生の素晴らしい指導のもと、3品の料理を小1時間ほどかけて作り上げることができました!

IMG_7016

「ラープガイ LARB GAI」器:漆黒シリーズ
「トムヤムクン TOM YUM GOONG」
「パッタイ PHAD THAI」器:年輪シリーズ

IMG_7021

ダムリ先生の作ってくれた3品とわたしが作った3品を、旦那様と一緒に試食タイム!
同じ食材を用いて同時進行で作れるため、とても分かり易く、
料理が苦手な方にも楽しんでもらえるクッキングスクールだと思います♪

IMG_7024
最後に、使用したオリジナルのエプロンはプレゼントとなり、ダムリ先生のレシピブックと一緒に持たせてくださいます!(嬉)
これで、おうちでも「ザ・サイアム THE SIAM」のタイ料理が作れますね!
タイ料理好きな方も、料理を作るのがちょっと苦手という方もきっと楽しめるクッキングスクールだと思いますので、
是非、チャレンジしてみてくださいね♪

ダムリ先生、素敵なクッキングスクールをありがとうございました♪(感謝)

IMG_6535

さて、とても楽しいクッキングスクールと試食を終えると、丁度、チェックアウトの時間が迫って参りました。
とても親切にしていただいたスタッフの方々とのお別れとなります♪

ザ・サイアム THE SIAM
所在地:3/2 Thanon Khao, Vachirapayabal, Dusit, Bangkok 10300, Thailand
TEL:+66 (0)2206-6999
info@thesiamhotel.com
http://www.thesiamhotel.com/


静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

「ザ サイアム」クッキングスクールで本場のトムヤムクンを作ってみましょう! 「ザ サイアム」優雅な時を過ごすアーバンリゾートホテルでお別れの時
「ザ サイアム」クッキングスクールで本場のトムヤムクンを作ってみましょう!
「ザ サイアム」優雅な時を過ごすアーバンリゾートホテルでお別れの時

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます