lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

バンコクの空の玄関口「スワンナプーム国際空港」より宿泊ホテルまでの道のり

2015/02/01

IMG_5329

今回、日本⇔バンコク間を繋ぐ、日本航空(JAL便)は、2010年9月限りで廃止していた「中部国際空港セントレア」からバンコク・「スワンナプーム国際空港」線を4年振りに復活させ、昨年の2014年12月から渡航が再スタートしています。国際線専用とする方針だったB787型機の納機が進み、機材繰りに余裕ができる点が最大の理由とのことです。そして、2015年1月1日より、最新鋭の787-8型機に変更し、機内の居住性と快適性を高めています。およそ6時間の快適なフライトでタイ・バンコクの上空へやって参りました♪

IMG_5332

バンコクの気温は、この時点で30℃と高めですが、スワンナプーム国際空港内は、空調も整い快適な気温を保っています。11月から2月のタイは、乾季ということもあり、雨がほとんと降ることなく過ごしやすいため旅行に最適なベストシーズンとなります♪

IMG_5334

空港内には、タイ・バンコクのスワンナプーム国際空港のイメージカラーである紫を配色した作業車が多く見られます。こちらは、アジアのハブ空港を目指し、タイの新時代の象徴として国家プロジェクトで進められ、敷地面積は成田国際空港約3倍もあり、旅客ターミナルビルの総床面積563,000㎡は世界一の広さを誇ります。”スワンナプーム”とは”黄金の土地”を意味し、現国王ラマ9世プミポン国王陛下が命名されています♪

IMG_5335

壮観な眺めの天井を誇るコンコースは、AからGまで7つあり、コンコースA、Bは国内線で、CからGまでが国際線となります。

IMG_5336

テフロン膜とガラスが交互に配置されたコンコース部分の屋根が特徴的な空港です。広々としたシンプルな空間ですが、目の先にある金の御堂は、まさにタイに舞い降りたイメージを湧かせてくれます♪

IMG_5339

到着フロアは2Fに位置し、入国審査、荷物受取りもこちらで行います。

IMG_5340

タイでの通貨は、タイバーツが必要になります。空港内の両替所日本円をタイバーツ(B)に両替しておきましょう。今回こちらでは、とりあえず1万円分を両替するとタイバーツB2,542に両替できました。日本の空港で両替するよりおよそ180円ほどお得です。小さい額でがありますが、180円あればタイではB50になりますので、タイメーカーのchangビール500mlが1本購入できます(笑)しかしながら、本来はタイ市内の両替所で両替するのが一番レートが良くお得(最良の場所で両替するとB200ほど差があります:日本円にして720円ほど違います)ですので、空港内では最低限の両替で済まし、足りない分は市内で両替することをお勧めします。市内を観光していると至るところに両替所は存在します。その場所毎にレートが違うので、必ず確認してから両替に挑みましょう。銀行やホテルでの両替は、レートが悪くあまりお勧めしません。バンコクでは、中級以上のホテルやレストランでない場合は、クレジットカードの使用が不可能な場合が多いです。一般的なショップやコンビニエンスストア、レストランでは、基本、現金支払いが主流です♪

IMG_5341

2015年1月26日のレート

IMG_5343

入国審査エリアへ向かいます。

IMG_5344

入国審査エリアで出入国の際に必要となるのは、パスポート出入国カードとなります。通常は、タイ到着前にCAより機内で渡されますので、フライト中の到着前に機内で記入しておけばスムーズに行動することができます。笑顔でサワディー クラッ(プ) / カー(タイ語:สวัสดี ครับ/ค่ะ)と挨拶したいですね♪

IMG_5345

荷物受取りベルトは、1番から23番まであり、国内線は1~6番、国際線は7番~23番までを使用します。

IMG_5347

電光掲示板で、到着便の案内番号とベルト番号を確認してから、自分のスーツケースを受け取りましょう♪

IMG_5350

出口

IMG_5351

ツアーなどのお出迎えはこちらになります。ガイドさんが分かり易くプラカードを表示してくれているので、探してみましょう♪

IMG_5352

空港から市内中心部までおよそ30km。車移動でおよそ1時間が目安となります。交通手段は、タイのスワンナプーム国際空港とバンコクの中心部を結ぶ高速鉄道エアポート・レール・リンク(ALR)を利用するか、少し高額ではありますが安心安全なリムジン、または公共タクシーや公共バス(公営・私営)などが可能です。市内の道路は、時間帯によって名物にもなるほどの大混雑を招くので、30分で到着予定のはずが1時間、それ以上掛かってしまうということも稀ではないようです。時間には余裕を持って行動しましょう♪

IMG_5353

荷物が多い方は、タクシーが一番楽な交通手段となります。しかしながら、タクシーの運転手で英語を話せる方は稀なので、できるだけタイ語で書かれた目的地の地図を持参すると良いでしょう。海外Wi-Fiをレンタルすれば、Googleマップを作動できるので、わざと遠回りされたりしないか確認できるので安心です。乗車の際には、メーターが動いているかどうかを必ず確認し、ボッタクリに注意し、楽しい観光にしましょう♪

IMG_5361

今回は、送迎マイクロバスに乗り込み、市内を抜けて宿泊予定のホテルへ向かいます。高速道路を走ると、街並みが見えて参りました。少しスッキリしない空模様で、街全体にスモッグが掛かっていて遠くが霞んで見えます。バンコクは、自動車の増加と交通渋滞によって、排気ガスによる大気汚染が非常に深刻なものになっているそうです。

IMG_5363

バンコク市内は、高層ビルが立ち並び、建設ラッシュの勢いも止まりません。想像していた以上に街は発展しており、ここ数年で自動車産業を中心に急激な発展を遂げているタイの国内情勢を垣間見ることになりそうです。

IMG_5365

タイ・バンコクを縦断するように流れるチャオプラヤー川にかかるタークシン橋を渡り、大渋滞に巻き込まれながらも、1時間ほどかけてようやく宿泊ホテル目前までやって参りました。チャオプラヤー川沿いにある最高級リゾートホテル「The Peninsula Bangkok ザ・ペニンシュラ・バンコク」さん到着まで後僅かです♪

スワンナプーム国際空港
http://www.thaiair.co.jp/


IMG_6381

タイ・バンコク旅行特設ページ

バンコク旅行の全ての記事はこちらからご覧いただけます!
http://lade.jp/thailand/


静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

「中部国際空港 セントレア」より日本航空でタイのバンコク「スワンナプーム国際空港」へ 「ザ・ペニンシュラ・バンコク」全室リバービューの絶景を誇る5つ星名門ホテル
「中部国際空港 セントレア」より日本航空でタイのバンコク「スワンナプーム国際空港」へ
「ザ・ペニンシュラ・バンコク」全室リバービューの絶景を誇る5つ星名門ホテル

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます