lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

「ザ サイアム」バンコク郊外屈指のシックでモダンなアーバンリゾートホテル

2015/08/04

IMG_4618

バンコク王室やウィマンメークチーク故宮博物院を始めとする歴史的建造物が数多く存在し、
歴史的地区として閑静なドゥシット地区のチャオプラヤー川沿いに
2012年6月12日にオープンされたばかりのラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」。
場所は、「スワンナプーム国際空港」から車でおよそ45分程の距離となり、
BTSのビクトリーモニュメント駅 Victory Monument Stationから車でおよそ15分程の距離で、
BTSのサパーンタークシン駅 Saphan Taksin Stationからは、ホテル専用船で30分程の場所となります。
タイ王国の以前の旧称である 「SIAM(暹羅シャム)」から命名し、
現在バンコクの中心に位置するサイアム駅 Siam Stationや繁華街の「サイアム・スクエア Siam Square」などの
新しい「SIAM サイアム」の意味深さをも併せ持つよう、
ザ・サイアム THE SIAM」は、王の邸宅ような威厳と優雅さに加え、
現代アーキテクチャのシックでモダンなデザイン性を兼ね備えています。
バンコク北側のチャオプラヤー川沿いに位置し、周囲に宿泊施設などは存在しないため、
バンコク繁華街の喧騒に溢れ返る雰囲気とは異なり、
都会に隣接しながらも、川沿いであるがゆえのリゾート感に満ち溢れた素晴らしい5つ星ホテルです♪

IMG_5477

スイートおよびヴィラタイプの39室の客室のみのザ・サイアムのエントランスは、
通りのサインボードを進み、奥まった場所にあるため、
ホテルというにはあまりにも見逃してしまいそうな場所にあり、隠れた邸宅のような佇まいを醸し出しています。
タクシーの場合は、こちらまでお願いしましょう。
ベルマンが待ち受けてくれています♪

IMG_5490

こちらのオーナーは、タイ国内に幾つものホテルを所有・運営しているタイの名門「スコソル・ファミリー Sukosol Family」。
スコソル家の女性家長で、社長のカマラ・スコソルさんは、かつてタイを代表するジャズシンガーであり、
長男のスキーさんはロックシンガーで、現在レコード会社のオーナーを務め、
長女マリサさんは、タイの歌姫と呼ばれる歌手であり、
次男のクリサダ・クラップ氏は、著名なロックスターにして映画俳優である傍ら、
ザ・サイアムのクリエイティブ・ディレクターを務めており、
ファミリー全員が才能溢れるアーティストという素晴らしい音楽一家なのです!(凄)
ホテルの館内デザインは、世界的に有名な建築デザイナー「ビル・ベンズレー Bill Bensley」氏が手掛けられ、
ビルの素晴らしいデザインとクリスのアンティークコレクションの数々を見事融合させ、
まるでミュージアムのような素晴らしいホテルを完成させています♪

IMG_4630

エントランスの先にはオープンエアの噴水と中庭があり、リゾート感溢れるロビーエリアの演出が待ち構えています。
開放的な噴水周辺にもテーブルセットを設置され、優雅にアフタヌーンティーで寛ぐゲストの姿が観られます♪

IMG_5518

屋内にいながらにして、天井屋根の無い開放的な庭園風の優雅なロビー。
ビル・ベンズレー氏のテーマとして掲げる「自然との共生」
彼のデザインにはグリーンが溢れており、居心地の良さを感じさせます♪

IMG_5537

コリドールには、ところどころにセンス良くアンティークが散りばめられており、
さながら美術館や博物館のような愉しみ方があります♪

IMG_5469

世界中から収集してきたアンティーク品や骨董品、銅像、書物、絵画等が至る所に展示されています。
その数の多さに驚くばかりか、1、2日では全てを観て回れないほどの展示数となっており、
もちろん全てが本物のアンティークで価値もあるため、触れることなく、心して目に焼き付けたいと思います♪

IMG_6312

IMG_5474

IMG_6308

ホテルの内のアンティークの銘品は、その数何と1,000点を超えるほどとなり、
2000年前に遡るほどの古代中国の骨董品までもが展示されているのです!(驚)

IMG_5531

フロントカウンター前のエントランスホールには、国王の肖像画とアンティークが飾られています。

IMG_4657

正面玄関から入り、エントランスホール右手にフロントカウンターが見えてきます。
チェックインは、ルームチェックインとなりますので、こちらでは予約名だけを伝えましょう。
直ぐに、バトラーがお迎えに来て、部屋まで案内してくださいます♪

IMG_4449

今回、わたし達の身の回りのお世話をしてくださるバトラーのSUMET(通称:アンギー)さん。
アンギーさんは、物腰優しく、常ににこやかで、素敵なキャラクターの持ち主です♪

IMG_5543

バトラーのアンギーさんに案内され、メーンレジデンスと呼ばれる棟へと向かいます。

IMG_4613

目の前に広がるのは、水面の輝きが美しい水園に、天まで届くほどに巨大な背の高さのストレリチアの群。
3階に及ぶガラス張りの吹き抜け天井の開放感溢れるアトリウムからは、
優しい自然光が暖かく降り注がれ、
そして、グリーンによる涼やかな陰影で醸し出す独特な雰囲気が漂い、
ここは、まるで楽園。

IMG_5454

1階から3階までその吹き抜けを囲むようにロの字型の構造とするコリドールには、
1階にはライブラリー、シアター、ジム、ミーティングルームがあり、2階と3階にはスイートルームを28室完備しています。

IMG_4466

エレベーターを使い、今回お世話になる2階の客室まで、バトラーのアンギーさんとの楽しいお喋りが続きます。
と言っても、彼とはタイ語または英語のみの会話となるため、意志の疎通がきちんと取れていたか不安ですが、
そこは、サービス精神に満ち溢れているアンギーさんがこちらの気持ちを汲んでくださり、
様々なフォローをしてくださるので安心です。
このホテルの良さは、その美術館さながらの景観に限らず、
バトラーが1人1人のゲストに対して親身に付き添われ、そのホスピタリティ溢れるサービスが大変評価されているのです♪

IMG_4473

モノトーンの配色、そしてシンメトリーにこだわりを魅せるシックでモダンな館内は、
どこを撮っても画になります♪

IMG_4477

天井高が伺える背の高い部屋扉のロックは、カードキーとなります。
こちらは、2階に6室ある90㎡に及ぶ「メナム・スイート」。
さて、いよいよ、今回2泊でお世話になる客室「メナム・スイート」の紹介です♪

ザ・サイアム THE SIAM
所在地:3/2 Thanon Khao, Vachirapayabal, Dusit, Bangkok 10300, Thailand
TEL:+66 (0)2206-6999
info@thesiamhotel.com
http://www.thesiamhotel.com/


静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

「スワンナプーム国際空港」より安心便利な「都レンタカー」で宿泊ホテルまで 「ザ サイアム」全室80㎡以上の広さを誇りシックでモダンなスイートのみの客室
「スワンナプーム国際空港」より安心便利な「都レンタカー」で宿泊ホテルまで
「ザ サイアム」全室80㎡以上の広さを誇りシックでモダンなスイートのみの客室

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます