熱海誕生日旅行⑧「古屋旅館」熱海随一の格式高い老舗旅館のリニューアルした極上の離れ棟

熱海随一の老舗旅館となり、創業1806年と200余年の歴史を誇る熱海温泉「古屋旅館」。
熱海市街地に位置しながらも静かな安らぎのひと時を過ごせ、熱海七湯の一つ「清左衛門の湯」を源泉のまま使用した温泉と本格的な京風懐石料理が楽しめる極上のお宿。

古屋旅館のシンボルともなっている「武田信玄屋形門」は、黒澤明監督の映画「影武者」にて使用されたもので、古屋旅館を200余年に渡り守り続けている内田家の先祖が武田系列の武士であったとの言い伝えもあることから、門上部の武田菱は武士の心意気の如く、精神誠意のおもてなしの気持ちを表されています!

本館は和風鉄筋4階建てとなり、温泉露天風呂付き客室8部屋、温泉内風呂付き客室4部屋、スタンダード客室10部屋の22室となり、今年2021年7月に新館として離れ棟を開設。離れ棟に新たに露天風呂付き客室を4部屋増築され、全客室数26室となります。

そして、コロナ禍を機にペット同伴可の限定客室を設けられたことで、1日3組(3部屋)限定で愛するペットと共に宿泊することが可能となっており、今回、私たちは愛犬ショコラと離れ棟の露天風呂付き客室に宿泊致します!

本館前には大変立派な松があり、その姿はまるで大蛇が地を這うような形でうねりを見せ、大木ではないものの存在感溢れる様が見て伺えます!
この松には言い伝えがあり、その昔、天満宮を護る大きな大蛇が宝暦の年間に神社に入り、それがいつしかこの松の化身として天満宮をお守りしているのだとか。大正時代には、大層なお金持ちが「お金はいくらでも出すから自分の屋敷に是非譲ってほしい」と請願された逸話も残っていると、旅館のスタッフさんが教えてくださいました!

左手に見えますは、「古屋天満宮」。古屋旅館は「夫婦円満の宿」とも言われており、源頼朝と北条政子が結ばれた伊豆山神社に奉納されていた「夫婦大黒像(鎌倉時代)」をこちらで所有・保管しているところからそう呼ばれているそうです。縁あって結ばれた二人。これからも末永く夫婦円満であり続けられるよう、お参りさせていただきました!

全館京風の造りで趣向を凝らされており、柔らかな明るい色合いの木目が温かく出迎えてくれる本館フロントロビー。こちらでチェックインを済ませます。

漆黒の壁でスポットライトを浴びて艶やかに出迎えてくれる装花。

早速、宿泊する離れ棟へ移動致します。離れ棟へ向かうには、こちらの階段または屋根付き駐車場内の奥にあるエレベーターを利用できるため、足腰の弱い方はエレベーターをご利用ください!

離れ棟は和風鉄筋3階建て。こちらの入口は自動ドアですので、荷物を抱えていても問題ありませんが、基本的にスーツケースや旅行鞄はスタッフさんたちが運んでくださいます!

同伴するショコラはキャリーバックに忍ばせて客室へ。
※ペット同伴の場合は、客室以外は廊下等でも全てキャリーバックでの移動となりますので、キャリーバック内で大人しくしてられない子は難しいかもしれません。

落ち着き溢れる和の趣きながらに、リニューアルされたばかりの新築ということもあり、シンプルで和モダンなテイストが素敵な離れ棟の廊下。

離れ棟にてペット同伴可となる客室は624号室「檜の源泉室内露天風呂付き客室(12.5畳)」となります。重厚感のある二重扉で奥行きもあるため防音効果抜群でプライベート感もアップ!

踏込の広さも十分に確保されており、まるで自宅にでも帰って来たかのような落ち着きを感じます。
館内用の履き物も男女別に色違いサイズ違いで用意されており、浴衣にお着替えになってからも足元楽に移動することができます!

客室は和モダンでシンプルな造りとなり、広さは12.5畳以上でゆったりと寛げます。琉球畳(半畳の縁なし畳)でスッキリと見せた清潔感溢れる和室となり、新築の気持ち良さがあります!

【客室の備品や設備は以下の通り】
最新型電動ブラインド、室内露天風呂(総ひのき造り)、テレビ、トイレ(ウォシュレット付)、アメニティーグッズ、浴衣、バスタオル、ドライヤー、湯沸しポット、化粧品、日本茶セット、ミネラルウォーター、冷蔵庫、無料貸し出し(DVDデッキ、囲碁・将棋・トランプ)。

また、新型コロナ感染予防として、ウイルス除菌装置「Aeropure(エアロピュア)」やスプレー式除菌剤を全室に完備。さらに、離れ棟には低濃度オゾン発生器「IonSupply©」の設置の加わり万全の対策に臨まれています。

足を楽にできるよう珈琲テーブルを用意された洋間。回転椅子が設置されており、素敵な組子細工の障子から柔らかなな自然光が入るため、こじんまりとした空間ですが居心地が良かったです!

客室奥からの景色。ガラス窓の室内露天風呂が見えますでしょうか。こちらのガラス窓のおかげで、入浴中にもTVが観れるように設計されており、長風呂に最適です!

担当してくださる仲居さんがお茶を淹れてくださり、ホッと一息。こんな素敵な客室でペット同伴可とは思ってもいませんでした!無論、ペットマナーを厳守しながらとなりますし、トイレのしつけや予防接種、無駄吠えしない、重量制限、頭数制限等の条件はありますが、このような高級旅館で受け入れてくださる体制を取っていただけるのは愛犬家として本当に嬉しい限りです!

ワンコグッズは個々で持参する必要があり、食器、フード 、トイレシーツ、足拭きタオル、バスタオル、ケージ(※ケージは7kg以上の場合)を用意しましょう!
我が家のショコラと一緒に旅できる場所がこれからも増えますように!

古屋旅館自慢の一つでもある単独所有の名湯「清左衛門湯」を24時間かけ流しで楽しめる室内露天風呂。国産天然檜造りの浴槽は、ヒノキのウッディな香りが漂い、森林の中にいるかのような清々しさに癒されます!

外付ブラインドを設置されているため、ボタン一つでブラインドの角度調整や開閉が可能となり、屋外の空気を心地良く感じ、室内とはいえ開放感も味わえます!

こちらの温泉は、200年に渡り湧出し続ける名湯「清左衛門の湯」から、それぞれの客室へ直接引き湯しているため、完全な掛け流し式の天然温泉を楽しめます!

源泉口から直接引き湯しているため、注がれる温泉は常時70℃〜85℃の高温となるため、入浴前の湯温の確認は必須となり、火傷には十分に注意が必要です。熱すぎる場合は、付属の湯もみ棒でかき混ぜ、温度が下がりすぎた場合には、蛇口をひねり、温泉の注入量を増やします。真水の蛇口も設置されていますので、温度調整致しましょう。

いつでも誰に気兼ねすることもなく夫婦水入らずで入浴を楽しめ、心身共に癒されます!

一風呂浴びて浴衣に着替え、ショコラの散歩がてら旅館前をぶらり。身体が芯から温まっているので、秋風が心地良く感じる11月初旬。紅葉時期には少し早い時期でしたが、良い気候で過ごしやすさがあります。

本館ロビーを左手に抜けて温泉大浴場へ向かいましょう!

古屋旅館では古き良き時代の遺産を多数展示されており、廊下を歩く際にも美術品や骨董品を楽しむことができます!

本館温泉大浴場には、江戸時代より湧き出している熱海七湯の一つでもある「清左衛門の湯」が御座います!

大浴場には、医療現場などで多く使用されてる株式会社デンネツ様製のダウンライト型脱臭除菌装置「IonSupply(特許技術)」を設置されており、人体に無害な濃度のオゾンを24時間排出することで除菌消臭が可能とのこと。この御時世、ゲストサイドも皆、密にならないよう配慮されながらの入浴となりますが、旅館サイドで綿密な安全対策を整えてくださっているということも安心材料の一つとなるでしょう。

こちらは女性専用の温泉大浴場となり、温泉は全て客室同様に源泉「清左衛門」からの100%源泉掛け流しで露天の伊豆石大浴場と内湯の古代ヒノキが楽しめます!
泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物温泉(低張性・アルカリ性・高温泉)となり、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進、きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病の効能が見込めます。

「清左衛門の湯」とは、その昔、農民の清左衛門という者が馬を走らせて、この湯壷に落ちたので、その名が付いたと言い伝えられています。明治までは、昼夜常に湧き出て絶えることはなく、人が大きな声で「清左衛門がいない!」と叫ぶと大きく湯が湧き、小さな声で「清左衛門がいない」と叫ぶと小さく湯が湧き出たと言われている不思議な源泉です。昭和から熱海の彼方此方で温泉採掘が行われており、七湯の湧出量も減り続けているようですが、「清左衛門の湯」は今でも豊富な泉質の温泉を供給し続けているとのこと。徳川家康公が熱海に湯治に参った際にも、きっと熱海七湯に浸かりその疲れを癒されたことと思われます。約400年を経た今、徳川家康公が入湯されたであろう同じ湯に浸かる浪漫溢れる温泉となります!

【備品・設備】
アメニティーグッズ、浴衣、バスタオル、リンスインシャンプー。

こちらはロビーラウンジ兼ギャラリーとなり、日本で一番古いラジオや写楽の版画、東郷平八郎ゆかりの品、川島芳子の書などなど、古き良き時代の遺産を眺めることが可能です!

開業200余年の歴史ある数々の品に囲まれて暫しタイムスリップするのも良いでしょう。
こちらでは、厳選されたこだわりの焙煎豆を用いたコーヒーサーバーも設置されているとのことですので、明日の朝食後にモーニングコーヒーを頂こうと思います!

「ラ・コリーヌ・アンスピレ/ジャック・ラセーニュ (Jacques Lassaigne La Colline Inspiree)」

離れ棟のお部屋へ戻り、お祝いのシャンパーニュで乾杯です!
コート・デ・ブランより1,500年ほど古い、9,000年前の魚介類の堆積してできたチョーク質土壌。ヨード香や塩気があり完熟葡萄のポテンシャルとミネラル感に溢れ、洗練された余韻を感じる極上のシャンパーニュ!

食事前のひと時に、温泉で癒されてからの美味しいシャンパーニュは身体中に染み渡り、どんな美容液よりも血色良い美肌を生んでくれそうです(笑)
さて、お次はいよいよ古屋旅館が誇る四季折々の旬がいただける本格的な京風懐石の紹介です!

古屋旅館
住所:静岡県熱海市東海岸町5-24
TEL:0557-81-0001
ペット同伴:可(※限定客室・条件付き)
駐車場:35台保有(無料)
https://atami-furuya.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top