「Kak Koy」バルセロナにて炉端焼き!スタイリッシュな日本食がカッコイイ!

バルセロナに在住して20年のオーナーシェフ松久 秀樹(Hideki Matsuhisa)さんが昨年ミシュラン1つ星を獲得した「Koy Shunka」に続き、新たにオープンさせた炉端焼き専門店「Kak Koy」で、松久ファミリーと一緒にディナータイム!

こちらは「Koy Shunka」から徒歩圏内となる旧市街に位置し、歴史ある建造物の雰囲気を活かしながらモダンなデザインでリノベーションしており、日本の炭火焼の技術を用いた炉端焼き料理が気軽に楽しめるお洒落なレストランとしてグルメなバルセロナっ子達に大人気のお店!

厨房は多くのスタッフが機敏に動くオープンキッチンとなり、ゲストが作り上げる様子を楽しめ臨場感たっぷり!

メニューは500円ぐらいのおつまみから3,000円前後のメインディッシュまで幅広く用意されており、カップルや仲間達とシェアしながら、ワイワイ楽しめるスタイルです!

オーナーシェフの松久さん自らが毎朝市場で厳選するこだわりの食材を炭火でじっくりと旨味を引き出しながら火入れし提供する料理はどれも絶品!まさか、バルセロナで踊り出す鰹節の「焼きそば」が観れるとは驚きです!

大好きな「ボタン海老」や「のどぐろ」、「うずら」など、地中海の恵みと日本の技術が融合した一皿一皿を大いに楽しませて頂きました!

松久ファミリーの感受性豊かな末娘のEnaちゃんは、現在インスタにハマっており、うちの旦那様のカメラを手にしてはカメラマン気取りを愉しんでおりました!((´艸`*))なかなかの腕前です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top