大賑わいの「洋食 宏松」でボリュームもデミグラスもたっぷりのディナー

RIZ00011

住吉街道沿いの小豆餅にあった開業35年を迎える老舗洋食屋「宏松支店」さんは、不慮の火災事故に見舞われてしまい、10月よりしばらく、やむなく休業されていましたが2013年11月10日に打ちっぱなしの四ツ池ゴルフ練習場の隣、元「La Oggi ラ オッジ」さんのあった場所に移転され「洋食 宏松」として待望のリニューアルオープンされ、早半年を迎えられています。先代のお父様より代を引き継がれた鈴木健吾くんとご両親の3人で家族経営されていてアットホームな洋食屋さんです♪

RIZ00023

店内は、カウンター8席とテーブル席12席と以前の宏松さんよりか、若干ゆったりとした空間。カウンター席からは、厨房の様子を伺うこともできます。この日は週末ということもあってか、開店時刻の17時前から店頭に列が並ぶ状態。それでも、一度に満席になってしまっていても食事だけの方が多いため、1時間もすれば退店される方も同時に出られることが多いので、そこからは2回転目に突入します。カウンター席にギリギリ座ることができてラッキーでした♪

_RDF0017

「とんかつライス(140g通常サイズ)」1,390円

移転されてもメニューの内容さらに価格も変わらずそのままで愛され続けている味を提供しています。洋食屋さんのとんかつということで、揚げたてサクサクのとんかつにたっぷりとお店の売りであるデミグラスソースがかかってきます。このデミグラスは、10日間じっくり時間と手間をかけて丁寧に仕込んでおり、あっさりとした味わいです。揚げたてのとんかつはデミグラスを身に纏っても、不思議と衣はカリッと香ばしい。肉厚なとんかつは、外はサクサク、中はしっとり食べ応えがあります。添えてある千切りのキャベツにかかっているドレッシングは、店頭で販売開始して2年の間に定番の人気商品となった宏松オリジナルの酸味が程良いオニオンドレッシング。野菜嫌いなお子さん、サラダが苦手な男性、玉葱が苦手なのに・・・とみるみる内に苦手意識を克服させファンを獲得したドレッシングです。とんかつは、ちなみに通常サイズの140gでも十分満足できる量ですが、特大サイズを希望の方は、210g 1,800円でいただけます。

_RDF0019

「ポークソテーライス」1,490円

豚ロースを表面こんがり香ばしくソテーし、中はふっくらしっとりと柔らかく、ジューシィーです。オニオンとマッシュルームたっぷりのでデミグラスソースでいただきます♪

_RDF0021

セットで付く「ライス、味噌汁、沢庵のお漬物」

この日は、朝早くからイベント案内の告知営業で飛び回っていたため、朝ご飯も昼ご飯も食べていないことに気付きました(汗)ようやくの1食目がこのボリュームでは、胃に負担をかけてしまいそうですがペロリと完食(笑)健吾くん、また伺います♪

洋食 宏松
浜松市中区幸3-5-17 TEL:053-473-9134
営業時間 11:30~14:00 17:00~20:00 定休日:水曜日

浜松市中区幸3-5-17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top