老舗ラーメン屋「濱龍」で温かく優しい醤油ラーメンをすすりほころぶ胃袋

_RIO0042

元浜町に流れる川沿いに佇む創業40年にもなる浜松の老舗ラーメン屋「濱龍」さん。隣にある鈴木製あんの最中も美味しいのでお勧めです。濱龍さんは、丁寧な仕事から生まれる澄んだスープが特徴で、そばつゆをヒントに考案したというタレは、5種類の醤油をブレンドされています。すっきりとしていながらも味わい深くいただける昔からの変わらぬ味を守り続け、常連さんを中心に人気が高く、浜松を代表する老舗ラーメン店の内のひとつです。

_RIO0047

店内は、厨房を見渡せるようにカウンター席があり、2階は座敷席になります。家族で経営されていて遅くまで営業されているので、22時を回る頃でも入店してくる足が途絶えません。カウンター席に腰を下ろすと、ぁあ浜松に帰ってこれたなぁ・・・と、どこかほっと安心感。お腹もぺっこりだったので、すぐさまラーメン2つと餃子を1枚オーダーしました。相方は何度か足を運んだことのあるお店ですが、わたしは初来店です♪

_RIO0044

「ラーメン」 550円

チャーシューは豚バラを3時間煮込んでから味付けされており、表面はしっかりとした焦茶色で味が濃いようにも見えるのですが、意外にあっさりとしていて柔らかく、口の中で噛む毎に旨味が広がり脂身が優しくとけていきます。普段なら脂身の多いチャーシューは残すんですけど、こちらのは美味しくすべて平らげました。スープは豚骨、鶏ガラといった動物系に野菜も合わせ長時間煮込むことにより、とても透き通っています。味付けはシンプルな醤油でまさに昔懐かしい中華そばと言えましょう。醤油の色合いが濃くないので、ちょっと期待してしまいます。コテコテの昔ながらの醤油の濃い味が苦手なので。一口スープを運ぶと、日本に帰って来て間もないからなのか、疲れていて温かい汁物に飢えていたからなのか、今までいただいた醤油ラーメンの苦手意識をすべて払拭してくれるほどの旨さが身体中に染み渡ります!素直に美味しい!麺をいただく前に既に幸福感で一杯になりました。麺は、以前少し緩かったのが頭にあった相方が麺カタでオーダーしてくれたので、まずまずの硬さです。中太のややウェーブしたストレート麺を使用しています。具材も至ってシンプルにバラチャーシューに海苔・メンマのみ。素朴でどこか気持ちを落ち着かせる不思議なまろやかさを味わえるラーメンです。ラーメンが大好きな相方ですが、ラーメンが少し苦手なわたしのせいで、なかなかラーメン屋に足を運ぶことは少ないのですが、今回、濱龍さんを味わってみて素直に「また来たい!」と思えるお店でした。苦手なものでも美味しいものは美味しい、そういうことですね♪

_RIO0045

「餃子」350円

外はカリッと中はジューシーな餃子でこちらも比較的あっさりとした味わい。何個でも食べれてしまう美味しい餃子です♪

濱龍
浜松市中区元浜町32-13 TEL:053-471-3850
営業時間:17:30~24:30 定休日:月曜日、火曜日

浜松市中区元浜町32-13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top