富山ブラックを全国に広めた麺屋いろはが手がける「松任製麺 掛尾店」

_RID0117

ランチに蕎麦を食べようと以前から気になっていた「達磨 だるま」に伺ったものの、お店の外まで並んでいて入れなかったので、急遽近隣の「松任製麺 掛尾店」でラーメンを食べることにしました。松任製麺は富山ブラックラーメンを全国区にした「麺屋いろは」のネクストブランド。これまで麺家いろはでは、丸鶏と氷見煮干しなどの魚介系のスープを合わせたダブルスープで、豊かな味わいと、塩辛そうな見た目で意外とあっさりとした味わいのラーメンを提供していたのですが、松任製麺は、自家製麺を使い、濃厚な鶏白湯スープのラーメンを提供しているそうです。

_RID0132

鶏白湯は、“トリパイタン”と読みますが、簡単に言うと豚骨スープの豚骨を鶏に置き換えたものです。鶏ガラやモミジ(鶏の足先)、丸鶏などをスープが白濁するまで煮込んだもので、豚骨ラーメンの魅力である、こってり感やまろやかさ、マイルド感などは残しながら、豚骨ラーメン独特のケモノ臭さがないのが特徴で、老若男女幅広い層に受け入れられるラーメンとのこと。白濁するまで煮込み崩れた骨からは大量のコラーゲンが流出し、それがゼラチン質に変化して、水と混ざり合うことで乳化します。この鶏コラーゲンたっぷりの濃厚な鶏白湯ラーメンがこちらのお店の特徴のようです。

_RID0129

「地鶏白湯味玉らーめん」800円

地鶏をメインとしたスープは甘めの味付け。白湯と謳っていますが鶏らしさというより魚粉が強く感じられ、スープ表面には、コラーゲンの脂こってりで、想像していたあっさりラーメンではなく残念。麺は、中太ほどのストレート麺。全粒粉が練りこんである物ですが、茹で方が悪いのか食感が粉っぽく感じられました。味玉は赤卵を使ったもので、コクがあり、半熟加減も良く美味しかったです。チャーシューは、2枚乗っていますが、豚と鶏が1枚ずつ入っています。

_RID0127

「旨辛味玉らーめん」850円

こちらは地鶏白湯ラーメンに辛肉味噌がトッピングされており、担々麺のようなピリ辛ラーメン。盆休みということもあり、暴飲暴食が続いているので、胃もたれが気になります。やはり、長蛇の列に並んででも蕎麦をいただくべきでした。

松任製麺 掛尾店
富山市掛尾町607 TEL:076-461-7168
営業時間:11:00~15:00 17:30~22:00 定休日:年中無休
http://www.menya-iroha.com/

富山市掛尾町607

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top