「バー ダモンデ」ノンチャージの隠れ家的な落ち着きのあるBarで二次会

浜松の連尺町にて隠れ家的なBarとして、バーテンダーの清水直亮さんが営まれる「Bar DaMonde(バーダモンデ)」へ流れ二次会へ!

東京や川﨑の有名ホテルで15年ほどバーテンダーとしてのキャリアを積まれた後、地元浜松にて2008年3月に独立オープン!
店名の「DaMonde」は「だもんで=だから」などと言った意味合いで使われる遠州弁のひとつで、浜松では良く耳にする方言であり、如何にマスターが地元浜松を愛しているかが伝わってきます!

こちらでは、「1杯でも気軽に立ち寄って頂きたい」と願われる清水さんのお気持ちから、何とも有難いことに「ノーチャージ」!

落ち着いた雰囲気の中、カウンター9席、テーブル席6席を用意されたプライベート感溢れる空間で、「心ゆくまで寛ぎ楽しんで欲しい」という店主の想いが感じられる素敵なお店です♪

清水さんは、東京のホテルでも着用していたという赤いベストこそが「伝統的なバーテンダーのスタイル」と心に決め、今でも変わらずその姿でゲストを迎え入れ、本当のBarらしい心地良い空間が提供できるよう、今もカウンターでその腕を振る舞われています!

「すいどうや北伸」の代表を務める馬場 広行 (Hiroyuki Baba)(通称:馬場っち)が足繁く通うお気に入りのBarのひとつでもあり、「もう一軒行こう!」という日に持って来いのお店となります♪

オーダーできるカクテルメニューは数多く、特に定期的に更新される「季節のカクテル」は女性にも大人気!
今回は、一杯目にウォッカベースの「マンゴースムージー」をいただき、あまりの飲みやすさと美味しさに加え、喉が乾いていたことからつい一気飲み!

旦那様もお勧めの黒板メニューで「ミント葉」を見にし、爽やかさがお気に入りの「モヒート」を堪能しておりました!

二杯目には、わたしのいつもの定番となる「サイドカー」を楽しむ中、旦那様は「季節のカクテル」で提供されていた「パッションフルーツ」をオーダー!

旬のフルーツを贅沢に用いたカクテルは、是非味わっていただきたいものです♪

「BAR DaMonde(バーダモンデ)」の階下には、仲良しの山内基司が営む「Beige(ベージュ)」もあるため、そちらに吸い込まれるかのように三軒目へ突入です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top