「Arun’s Curry Bar」大井町の隠れ家バングラディッシュバーのカレーがオススメ!

img_3956

東京の友人で「Nexyz.」取締役兼「デジバナ」の代表の琢ちゃんこと吉田琢磨さんと大井町の中華料理「華林」の後は隠れ家的な存在のReggae Bar「Arun’s Curry Bar(オルンズ カレーバー)」で二次会です!

OwnerはBangladesh(バングラデシュ)人で奥様は日本人のArun夫婦が営むBarは、現地から竹や木材を調達しすべて自分たちの手で造り上げた空間にジャマイカのレゲエの神様Bob Marleyのタペストリーが飾られ、心地良いレゲエミュージックが流れ異国情緒溢れる世界観を放ちます!

こちらのお勧めはBangladesh(バングラデシュ)人で奥様は日本人のArun夫婦が作るスパイスたっぷりでコクのあるバングラデシュカレー!

今回は「チキンカレー」をいただきました!お腹一杯にも関わらず、スパイスの香りが食欲をそそり、旨味が凝縮された味わいで一口、二口とスプーンが進み、あっという間に完食!

琢ちゃん一押しの自家製Vodka Pineも爽やかな甘みで飲みやすく、
女子受けの良いアルコールの用意が他にもあるため、お独り様女子も良くいらっしゃるようです!あら?お隣に可愛い子発見!わたしは可愛い気もなくウイスキーのロックですが(笑)

緩いレゲエミュージックに身を預けながら、何処か懐かしさを感じ、温かみあるお店でまったりと大井町の夜を過ごしました♪
琢ちゃん、ありがとう♪

img_3957

img_3975

img_3958

img_3960

img_3961

img_3974

img_3979

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top