真冬の浜名湖ドライブからのこの時期ならではのジビエなおうちごはん

晴れ間の広がる土曜の週末ドライブは、愛車
Maserati Quattroporte(クアトロポルテ)と共に「遠州のからっ風」が吹き荒れる浜名湖舘山寺温泉へ!

浜名湖畔に足を運ぶと「かんざんじロープウェイ」や「大観覧車」を背景にパノラマに広がる碧々とした冬の浜名湖の煌めきを堪能!

画像にこそ写りませんが、極寒です(笑)

ドライブを楽しんだ後は、我が家でこの時期ならではのジビエディナーを楽しみましょう!

狩猟免許をお持ちの御家族を持つ友人から頂いた「猪」の塊肉!

新鮮な「猪」ですので、野性味溢れる香りを楽しむのも良いのですが、今回は事前に塩とハーブでマリネしオリーブオイルで漬け込んでおきます。常温に戻し、ガーリックソテー後に石窯ロースターにて中心温度60℃で仕上げ、アルミホイルにくるんで寝かし、ローストした添え野菜(人参、牛蒡、エシャロット、小ジャガイモ、ペコロス)と共に、いただきまーす!

最近、「ベジブロス」を作るようになり、我が家の料理が一層美味しく感じられ、猪のソースにも大活躍!
猪の出汁に赤ワインや常日頃から愛飲する9種類のパワーフルーツを用いたドリンク「NUKUHIVAノニジュース」を加えて煮詰めたソースは、ベリー系の香りで濃厚に仕上がり、猪との相性も抜群です!

ロバート・パーカー氏が90点を付けた200年の歴史を誇るポルトガル・ダン地方のワイナリー「カサ デ サンタル レセルバ 2012(Casa De Santar Reserva 2012)」リッチな味わいで丸みを帯びたタンニン、パワフルな味わいで、スパイスや果実味を楽しめる赤を合わせて!

ジビエが美味しいこの時期に、このような贅沢食材を提供してくれる友人に感謝感謝です♪いつもありがとうございます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top