lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

「amba台北中山」日本語常駐ホテルは安心ステイ!朝食後にチェックアウト

2018/05/02

台北の街路樹が立ち並ぶ中山北路沿いのデザイナーズホテル「amba Taipei Zhongshan 台北中山意舍酒店」では、日本語が話せる常駐スタッフのおかげで様々なサポートを得られ、快適な滞在を過ごすことができました!

朝目が覚めると、曇り空ではありましたが、気温18℃と過ごしやすい気候だったため、時間の許す限りホテル周辺となる中山の街を散策しようと試み、マップを見ながら日本語で丁寧に街案内をしてくれるMisaki Wuちゃんに感謝!謝謝!

散策後に、お腹を空かせてリニューアルオープンされた1階レストラン「Buttermilk」に向かい、ブッフェスタイルの朝食をいただきます!

彩りの良いサラダに、オーダー毎に要望に合わせて作るオムレツや目玉焼き。台湾では両面焼きの良く焼いた目玉焼きが多いため、この日は片面焼きでオーダーしました!

毎朝焼き上げる自家製パン、フルーツにヨーグルトと洋食から、味噌汁や焼き魚などの和食、そして、やはり台湾ならではの煮豚ご飯「魯肉飯(ルーローファン)」や「Congee(台湾粥)」もあり、多種多様に楽しめる朝食です!

「魯肉飯」に用いられるスパイスの「八角」の香りがあまり得意ではないわたし達ですが、こちらの「魯肉飯」は非常に食べやすい味わいに仕上がっています!

カフェブースでは、スタッフが挽きたて淹れたての香り高いコーヒーを用意してくれ、目覚めの一杯を楽しめます!

 

ホテル前の街路樹は緑豊かな景観となり、大きな窓から差し込む自然光で明るく開放感溢れる店内は清々しい雰囲気に包まれており、朝からとても爽やかな気分に浸れます!

 

この日は、日本語が話せるタクシードライバーの陳韋良(Terry)さんの友人である龔兆文(Kon)さんをタクシーチャーターし、車で小1時間ほど走り、次の滞在先である宜蘭へと向かいます!

龔兆文(Kon)さんもテリーさん同様に日本語がペラペラで、テリーさんのスケジュールが多忙でダブルブッキングしてしまう場合は、安心して龔兆文(Kon)さんに代打をお任せしているようで大変助かりました!

さて、お世話になった「amba台北中山」をチェックアウトし、GMのElmo Chenさんと日本語スタッフのMisaki Wuちゃんに見送りしていただきながらお別れです!またお会いしましょう!再見!

Buttermilk
TEL:+886 2 2565 2898
朝食:6:30~10:00
中華&西洋料理のビュッフェ
大人(13歳以上のお子様を含む):お一人様500台湾ドル
6歳~12歳のお子様:お一人様300台湾ドル
5歳未満のお子様:無料

amba台北中山(台北中山意舍酒店)amba Taipei Zhongshan
所在地:台湾台北市中山北路二段57-1号
問い合わせTEL:+886 2 2565 2828
予約専用TEL:+886 2 2525 2828
現地フリーダイヤル:0800 88 2828
https://www.amba-hotels.com/jp/zhongshan/


PHOTO ALBUMはこちらをクリック!

2018/4/15台湾旅行/amba台北中山意舍酒店
https://photos.app.goo.gl/OSljroP6ai7zax4B2


 


静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

「amba台北中山 Buttermilk」クラフトビールにクリスピーチキンが絶品! 「宜蘭駅」台湾の有名絵本作家Jimmyが創り出すメルヘンの世界へ!
「amba台北中山 Buttermilk」クラフトビールにクリスピーチキンが絶品!
「宜蘭駅」台湾の有名絵本作家Jimmyが創り出すメルヘンの世界へ!

Reply

lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます