lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

「Miss V Bakery」慣れ親しんだアメリカンベーカリーを台北で再現し子供たちに夢を与えたい!

2016/02/04

IMG_8386

幼き頃に慣れ親しんだアメリカンベーカリーを台北で再現させ、
看板商品である「肉桂捲(シナモンロール)」で人気を博し、話題沸騰中の「Miss V Bakery」。
MRTの「中山駅」4番出口から徒歩5分圏内、また「雙連駅」1番出口から徒歩約5分圏内の裏路地に、
一際目を惹く真っ白な外観にネイビーのオーニングが爽やかに映るベーカリーカフェです。
店名は、幼馴染で共同経営者でもある黃干玲(Virginia Huang)
林麗安(Lian Veronica Lin)の御2人の名前の「V」を取り、「Miss V Bakery」と名付けられています♪

IMG_8390

学生時代からの夢を実現させ、2人の「Miss V」が開いた小さな菓子工房は、
規模を拡張し、2013年9月に菓子工房より徒歩圏内のこちらに新たにカフェベーカリーをオープン!
店内は、窓際のカウンター4席と、8人掛けの大テーブル、そして4人掛けのソファー席、
2人掛けのテーブルを5テーブル用意され、およそ30席ほどの店舗へと拡大!
店内のインテリアは、デザイナーの手を借りずに2人が手掛けられ、
アメリカンカントリースタイル、フレンチロマン、ジャパニーズシンプルをミックスし、
女性らしさを感じるセンスに溢れ、とても可愛いカフェとなります♪

IMG_8391

カウンターには「Miss V Bakery」の看板商品である
肉桂捲(シナモンロール)」をはじめ、
マフィンやスコーンと色とりどりに、
毎朝近くの菓子工房で焼き上げたばかりのスイーツたちが目の前に並びます♪

IMG_8397

季節限定のケーキをはじめ、店頭には常に素材にこだわった自家製ケーキが美味しそうに並びます♪

IMG_8393

生菓子の他にも、手土産に喜ばれるギフトボックスも可愛いパッケージで、
自家製の「The Nut House(瘋果子)」シリーズが大人気!

「蔓越莓総合酥(クランベリーミックスナッツ)」200g 200TWD(日本円にしておよそ720円)
アメリカ産の厳選アーモンドを使用し、クランベリーのドライフルーツをミックスさせたアーモンド菓子。
程良い堅さの食感で、ついつい手が伸びてしまう優しい甘さが特徴です♪

「自製蜂蜜穀物(自家製蜂蜜シリアルジャックスミックスナッツ)」
自家製の蜂蜜を用いて、ドライフルーツはクランベリーと青葡萄を使用し、ヘルシーなグラノーラを焼き上げています。
グラノーラはミルクに浸していただく方も多いと思いますが、こちらはそのままカリカリと摘むのがお勧め!
香ばしさが際立ち、甘過ぎないところが人気の一品です♪

「堅果醤(ピーナッツバター)」一瓶250TWD(日本円にしておよそ900円)
アメリカ産の厳選アーモンド、新鮮なクルミ、カシューナッツ、オメガ3オイルを使用し、ヘルシーなピーナッツバター!
粘性が少なく滑らかでクリーミィーなペーストで、風味豊かな贅沢な味わいが口中に広がり、
甘みが抑えてあるため、後味のスッキリ感がパン以外に料理にも重宝し、
チキンとの相性が抜群のピーナッツバターです♪

「辣味茴香堅果(スパイシーフェンネルナッツ)」1包(30g)×10包1箱360TWD(日本円にしておよそ1,300円)
黒胡麻・花椒・辣椒三種などを使用したスパイシーアーモンド!
アメリカ産の厳選アーモンドの食感が良く、舌に感じる刺激が病みつきになるほどの後を引く辛さ!
甘い物が苦手な方や、ビール好きな大人に是非ともお勧めしたい一品です♪

日本に持ち帰ったこちらの「The Nut House(瘋果子)」シリーズは、
スイーツ好きな友人たちに試食してもらいましたが、本当にどれも大好評でした♪

IMG_8415

台湾出身で現在東京に拠点を置きながら、アジア圏からのインバウンドを中心とする
グルメツアーコンダクターの家雯胡(Ko Kabun)さんに紹介いただき、
オーナーである黃干玲(Virginia Huang)にご挨拶!你好(はじめまして)!

IMG_8471

営業前に少しだけお時間をいただき、いろいろとお店の経緯を伺うことができました!
Miss V Bakery」は、2人の「Miss V」の共同経営となりますが、
パートナーの林麗安(Lian Veronica Lin)は、
現在妊娠7ヶ月で2人目を妊娠されており、大きなお腹を抱えて仕事に励まれているので、
黃干玲(Virginia Huang)にお話を伺います。

黃干玲(Virginia Huang)は、台湾の両親を持ちますが、
生まれは何とニューヨークで、10歳まではニューヨークで育ちます。
彼女にとって、シナモンロールやアメリカンベーカリーは、幼き頃に慣れ親しんだスイーツでもあり、
チョコレートやシナモン、チーズの匂いが大好きだそうです!

その後、両親と共に台湾に戻り、2005年から2008年までファッションブランドのマーケティング部門で
3年ほど活躍されていたVirginia(ヴァージニア)ですが、結婚を機に周囲や環境に目を配れるようになり、
貧困で苦しむ人たちのことを意識するようになったと言います。
貧しい子供たちに対して「自分に何かできることはないか?」と考え、学生時代から描いていた「お菓子屋」の夢を、
台湾で初めて出逢った幼馴染で同じ夢を持つVeronica(ヴェロニカ)と共に実現させ、
小さな小さな菓子工房を立ち上げます。
そして、孤児院などの子供たちに焼き菓子を贈ったり、
お菓子作りの教室を開講したりと、自身にできることからボランティア活動をスタートさせています。
オープン当初、菓子工房の運営が軌道の乗るまでは、VirginiaVeronicaの2人で、両親の手を借りながら、
結婚式の引き出物などの焼き菓子などを作る工房からスタートした「Miss V Bakery」。

IMG_8421

Virginiaは、自分の結婚式での焼き菓子ももちろん手作りしたそうです!
主役の花嫁だというのに、披露宴のギリギリまで制作に追われ、寝不足だったと思い出話を聞かせてくれました(笑)

最初の1~2年は経営に苦しむ時期もあったようですが、2人で共に助け支え合い、その苦難を乗り越え、
今では看板メニューとなった「肉桂捲(シナモンロール)」が話題を集め、
次第にケーキや焼き菓子の種類を増やす毎に、その人気に拍車をかけていきます。
菓子工房とは別でカフェスペースをオープンさせ、
スタッフも菓子工房とカフェベーカリーで合わせて14名に増員されており、
個人経営のカフェとしては大所帯で賑わっています。

現在33歳の彼女は、パートナーであるVeronicaが産休を控えているため、
その間に店を守るためにも、月に一度の新商品開発に勤しみ、季節毎の限定品なども提供しながら、
お客様のニーズに応え、進化し続ける努力を惜しみません。
朝早くから夜遅くまで業務に没頭される彼女に休日の過ごし方を伺うと、
定休日にはこちらのお店を開放し「子供たちのお菓子教室」のボランティアに精を出されているそうです!(凄)
その活動で得る子供たちの笑顔こそが彼女のバイタリティにも繋がっていると語ってくれました!
そんな愛に溢れる彼女たちが生み出す料理やスイーツを
早速いただいてみることに致しましょう♪

IMG_8438

「自製蜂蜜檸檬飲(自家製ハニーレモン)」Hot/Cold 150TWD(日本円:約540円)

台南の養蜂家から蜂蜜を仕入れており、
スライスした無農薬レモンを漬けて作った自家製蜂蜜レモンのドリンク。
沈殿している蜂蜜檸檬を良くかき混ぜてからいただきます!
蜂蜜の芳醇な香りが楽しめ、
程良い甘さとレモンの爽やかさがあり、さっぱりといただけるジュースです♪

IMG_8501

まずは、スイーツの前にお勧めのブランチセットをいただきます!
Virginiaと同じくわたしも大のチーズ好きなため、サンドイッチの中からとろけて伸びるチーズに喜びを隠せません♪

IMG_8482

「辣味起司三明治(スパイシーグリルチーズサンドイッチと自家製グラノーラヨーグルト)」180TWD(日本円:650円)

こちらは、Virginiaがニューヨークに出張で訪れた際に、
たっぷりのチーズやパクチー入りのスパイシーなサンドイッチを食べて、
そのスパイシーなサンドイッチの美味しさに感動したことがキッカケで生まれたメニューです!
台湾でもこの味を提供したい!」と思い、自家製パンにチーズをたっぷりと入れ、
パクチーと台湾の山椒と唐辛子(ドライとフレッシュ)を用いて、
台湾人の口に合うようにスパイシーにアレンジされています。
自家製パンの小麦粉は台湾の全粒粉を使用しており、フランスの酵母は微量に使用。
風味がしっかりと感じられパンを香ばしくトーストし、
中からとろ~っととろけ出すチーズは、
チェダーチーズ、モッツァレラチーズ、パルミジャーノ・レッジャーノの3種のチーズが織り成す旨味と
程良いパクチーの香りが食欲をそそるアクセントになり、後引く辛さが何とも言えず、箸が止まらない美味しさです!
サラダのマヨネーズも自家製で重たくなく、野菜が美味しくいただけ、
自家製ヨーグルトにミックスさせるグラノーラも自家製と、
ヘルシーさにこだわっているところも人気の秘訣でしょう♪

IMG_8494

「Miss V員工最愛雞腿排三明治(ナッツチキンサンドイッチ)」280TWD(日本円:約1,010円)

こちらはロックの帝王!エルビス・プレスリーが愛したサンドイッチ
グリルド・ピーナッツバター&バナナサンドイッチ」をアレンジしたナッツチキンサンドイッチです!
自家製の「The Nut House(瘋果子)」シリーズの「堅果醤(ピーナッツバター)」をグリルチキンのソースにし、
新鮮なバナナとピーナッツバターの香ばしさで甘みとコクが楽しめ、
ジューシィーな鶏肉にマッチした満足度が高まるボリューム満点のサンドイッチで、
Miss V Bakery」の全スタッフ一押しのメニューです♪

IMG_8513

「培根太陽蛋法式土司肉桂捲(ベーコン&エッグ シナモンロールフレンチトースト)」180TWD(日本円:約650円)

シナモンロールをベースにフレンチトーストに仕上げ、
オリジナルのキャラメルソースでいただきます。
上に添えられた目玉焼きの黄身をナイフで切り分け、とろとろの黄身を絡ませながらいただくと良いでしょう。
味わいはほんのりとシナモンの香りが食欲をそそりながらもあっさりとした味わい。
シナモンの香りがふわっと立ち込め、
甘み優しいシナモンロールにベーコンの塩気が良く合います♪

IMG_8477

カフェは、エスプレッソコーヒーマシーンを採用しており、アメリカンやカプチーノ、ラテアートも人気です。
紅茶は、英国御用達の「TWININGS」と
シンガポールブランドの紅茶で大好きな「TWG」を採用されており、充実しています♪

IMG_8511

「拿鐵(ラテ)」Hot/Cold 135TWD(日本円:約490円)

カフェ・ラテを選び、マグカップが可愛かったのでラテ・アートもオーダーしました!
マグカップは全てVirginiaのお手製のものだそうです!(驚)
台湾のカフェでコーヒーをオーダーする際は、その大きさに驚かないでくださいね♪

IMG_8521

台湾の中心部となる南投県で、人口僅か8万7,000人と小さな街「浦里(プーリー)」の陶芸家を訪ね、
指導してもらいながら、Virginiaが丹精込めて作り上げているマグカップたち。
どれも素朴ながらに愛らしいイラストが描かれており、1つとして同じ作品はありません。
彼女は本当に手先が器用で、こちらのお店の雰囲気にもピッタリと馴染む、柔らかな印象のマグカップです!
少しずつですが、作品を増やして行っているそうです♪

IMG_8520

事前に予約されていたお客様が今か今かと、
オープン時間を待ち遠しそうに店前に並び列を成し始めました!

IMG_8540

店内はあっという間に予約のお客様で一杯になり、
テイクアウトのお客様も多く、台湾の男性もスイーツ好きな方が多いようで男性客にも大人気です♪

IMG_8492

TWININGS 皇家伯爵茶(アールグレイ)」Hot/Cold 125TWD(日本円:約450円)

ベルガモット独特の爽やかな香りが魅力のアール グレイ。
ブレンド名は、英国首相アール・グレイ伯爵に由来しています。
すっきりとしたその味わいは、アイスでも紅茶の色が濁りにくいため、その美しい色と香りを楽しめます♪

IMG_8547

看板メニュー「肉桂捲(シナモンロール プレーン)」65TWD(日本円:約240円)

親交のある漢方屋さんで擂ってもらった桂皮(シナモン)を用い、
独自の配合でシナモンロールのベースを作っています。
シナモン特有の辛みを取り除くことで、上品な香りだけを残し、あっさりとした味わいが楽しめ、
ここでしか味わえない一押しの看板商品です!
プレーンの他に「糖霜(アイシング)」、「起士(チーズ)」、「焦糖核桃(ウォールナッツキャラメル)」があります。
店内でも、ほとんどのお客様がシナモンロールをオーダーされていましたね♪

IMG_8579

看板メニュー「惡魔巧克力蛋糕(デビルチョコレートケーキ)」130TWD(日本円:約470円)

ついつい食べ過ぎてしまうほど悪魔的な美味しさから「デビルズ」と呼ばれる
アメリカ発祥のスイーツ「惡魔巧克力蛋糕(デビルズチョコケーキ)」がこちらのお店でも男女問わずに大人気!
ケーキの75%はベルギー産のビタースイートチョコレートを用い、自家製キャラメルをサンドしていますが、
重過ぎることなく、ペロリと楽しめるチョコレートケーキです♪

IMG_8555

野菜を美味しく「人参ケーキ」

IMG_8566

酸味爽やか「レモンタルト」

IMG_8569

台湾ならでは「タロイモパイ」

IMG_8561

「シーソルトキャラメルチーズケーキ」

IMG_8577

土日限定!「アップルパイ」

IMG_8392

スコーンにキュートなフルーツマフィン!

IMG_8585
2人の優しい「Miss V」は、毎朝7時に工房に入り、皆さんに安心してもらえる作りたてのお菓子を提供しています。
出来る限り自家製で作り、食べた後に満足感が得られるようにボリュームはあってもヘルシーでありたいと!
アメリカン・ベーカリーでありながら、そこが2人の「Miss V」のこだわりです。
愛に溢れ、お菓子づくりにひたむきな情熱を燃やす彼女たちの活躍は、
台北で多くの方に真心のこもったスイーツを届け続けています!

Miss V Bakery」の黃干玲(Virginia Huang)林麗安(Lian Veronica Lin)
そして取材をアテンドしてくださった家雯胡(通称:Koさん)ありがとうございました♪(非常感謝♪)

Miss V Bakery ミスブイベーカリー
住所:台北市大同區赤峰街49巷22号1F
TEL:+886 2 2559 7391
営業時間:11:30~21:00
定休日:月曜日
https://www.facebook.com/missvbakery/

台北市大同區赤峰街49巷22号

静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

龍山寺付近の「廣州街観光夜市(艋舺夜市)」と「華西街観光夜市」は変わりネタ満載! 「GLORIA RESIDENCE」高級分譲マンションのような落ち着きを放つホテルにチェックイン
龍山寺付近の「廣州街観光夜市(艋舺夜市)」と「華西街観光夜市」は変わりネタ満載!
「GLORIA RESIDENCE」高級分譲マンションのような落ち着きを放つホテルにチェックイン

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます