lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

「トーマスフェア2018」大井川鐵道千頭駅に機関車トーマスと仲間が大集合!

2018/07/26

SL機関車で有名な「大井川鐵道株式会社千頭駅」構内では、2018年6月9日~10月14日の期間中「きかんしゃトーマスフェア2018」を開催しています!

主人公「トーマス」をはじめ、新キャラクター「ウィンストン」に「パーシー」、「ヒロ」、「ラスティー」、「いたずら貨車」、「いじわる貨車」など、愉快な仲間たちが大集合!

フェアでは、間近でトーマス号やジェームス号を見学でき、時刻に合わせて入庫するトーマス号の転車作業が観れたり、トーマス号のミニSLの運行や駅構内を走るラスティーの遊覧運転に参加でき、小さなお子様の居るファミリー向けの楽しい企画が目白押しです!

この日わたし達は、千頭駅から発車する日本唯一のアプト式電車「南アルプスあぷとライン」に乗車するためにやって参りました!

大井川鐵道SLの終着駅であり、井川線の始発駅でもある千頭駅前では、土産物や飲食店などが多く、トラック市では、鮎の塩焼きや焼きトウモロコシなどが販売され、出店が揃います!

「めっちゃ美味しいSL焼き」の手書き看板に引き寄せられ、1個150円の「SL焼き」を購入!


SLに象られた小豆あんこの人形焼のような焼き菓子のそのクオリティはさておき、雰囲気はとても楽しめました(笑)

大自然に囲まれた大井川河川の長閑な風景は、夏の強い陽射しを浴びながらも涼を感じる貴重なスポットとなります!

千頭駅から金谷へ向かう普通列車の16000系16002Fの発車を見送りながら、線路沿いを歩きます!

駅横に隣接するカフェ「Cafe Grandma(カフェ・グランマ)」でランチをしながらトーマス号の到着を待つことに致しましょう!

2016年の夏に第2の人生を楽しむオーナー夫妻の西條忠孝さんと和子さんがオープンしたこちらのカフェは、当時店名は「CLUB HUCKLE Oigawa BASE(クラブハックル大井川ベース)」でしたが、現在は「Cafe Grandma(カフェ・グランマ)」に変え、和・洋の日替わり定食や地元猟師が捕えた猪を使ったジビエ丼やジビエカレー、夏にはさっぱり麺やスタミナうどんなどを提供!

元々、建築関係の社長をされていた西條忠孝さんが手作業で作り上げたカフェは、木の温もり溢れる空間で居心地抜群です!

「暑くてごめんね~っ」と店内の扇風機の向きを調整しながら声掛けしてくれる店主の西條さん。
普段からあまりエアコンの風は好まないので、窓を全開にし、自然のそよ風を感じる機会もリフレッシュには最適です!

長閑な線路脇で、昼前の「生ビール」500円はとっても美味しく感じます!

「ジビエカレー(サラダ付き)」1,000円
地元の猟師が捕えた猪を用いたジビエカレーは、水を一切使わずに野菜やトマトの水分だけで作る特製カレー!程好くスパイシーで旨味たっぷり!じっくりと煮込むことで猪の身も柔らかくトロトロ食感です!

「大根とじゃこのさっぱり麺(川根特産柚子胡椒付き)」800円
夏限定メニューで、川根特産の柚子胡椒が入ったオリジナルソースで、大根や胡瓜の食感とじゃこの旨味を楽しみながら、さっぱりといただくうどんです!

食事を終えると、丁度「トーマス号」が到着する時刻が近付いて参りました!

カフェの窓から身を乗り出し、汽笛と共に走ってくる「トーマス号」に大興奮!

満席列車に乗車する皆さんに手を振り、お出迎え!


駅構内は降車する人々や見学者で溢れ大賑わいの中、瞬時に空きを見つけて記念撮影!良い思い出です!

さてお次は、本題の「南アルプスあぷとライン」へ!

大井川鐵道・千頭駅
住所:静岡県榛原郡川根本町千頭1216-5
TEL:0547-59-2065

Cafe Grandma(カフェ・グランマ)
住所:静岡県榛原郡川根本町千頭1220-1
TEL:0547-58-7018
営業時間 11:00〜17:00(18:00〜は予約制)
定休日:無し(※臨時休業有り)
http://oigawa-railway.co.jp/


静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

夏の風物詩とも言えるかんざん寺花火大会!浜名湖畔を虹色に彩る大玉の舞い! 「南アルプスあぷとライン」アプト式電車で日本一の随所を楽しむ秘境の旅へ!
夏の風物詩とも言えるかんざん寺花火大会!浜名湖畔を虹色に彩る大玉の舞い!
「南アルプスあぷとライン」アプト式電車で日本一の随所を楽しむ秘境の旅へ!

Reply

lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます