lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

我が家でフランクなお見合いを兼ね深夜まで続くホームパーティ

2013/07/10

_RID0019

ホームパーティ続きな我が家ですが、今回は相方の友人Sくんとわたしの友人Aさんをお見合いさせるという名目で、内々でやるフランクな食事会でセッティングしました♪

_RID0008

「モエ・エ・シャンドン ブリュットアンペリアル」フランス

Sくんが持ち寄ってくれたモエでまずは乾杯。3種類の葡萄が完璧に調和し、バランスがとれたエレガントな味わい。グラスに注ぐと緑がかった淡い黄色で新鮮なフルーツと花のやわらかな香りが楽しめます。口に含むとしなやかな口当たりで、後味はどこまでも新鮮で長く余韻が残ります。暑い夏は、やはり泡に限りますね♪

_RID0003

「トマトと水牛モッツァレラのカプレーゼ 自家製バジルソース」

アラ モッツァレラ ブッファラ ボッコンチーノの水牛モッツァレラとファーマーズマーケットの古橋克己さんのトマトを合わせて自家製バジルソースとフレッシュバジルを添えていただきます♪

_RID0005

「サーモンとアボカドとクリームチーズの生春巻き」

この組み合わせは最強です。葉野菜が欲しかったのでセロリの葉をアクセントに入れました。クリーミーなアボカドとチーズの味わいとサーモンの脂がのった感じがまたベストマッチです。ソースは、やはりPeri-Peri/Nando’sと、チリソースを用意しました♪

_RID0006

「エビと3色のパプリカと水菜の生春巻き」

こちらはあっさりと野菜が多めのエビバージョンです。パーティが始まる周時間前に料理のお手伝いに来てくれたAさんが手際良く巻き巻きしてくれました。やはりお嫁ちゃんにするなら料理上手ですよね(笑)夏らしくさっぱりとした生春巻き、本当に美味しかったです♪

_RID0011

「ドメーヌ・アラン・ジョフロワ シャブリ キュヴェ・ヴィエイユ・ヴィーニュ オーク樽熟成 2011」フランス

シャブリの優秀な生産者として名高い”アラン・ジョフロワ”。樹齢45年以上の古木から採れたブドウだけを使ったこのワインは、程良い力強さと繊細さのバランスがよく取れており、シャブリらしいフレッシュ感が味わえます♪

_RID0007

「ズッキーニの香草パン粉チーズ焼き」

夏野菜が美味しい季節。ファーマーズのズッキーニは見事な太さ。輪切りにすると水分が溢れ出てくるほどにジューシーです。ハーブソルトで下味を付けてガーリックでソテーした後に、とろけるチーズとパン粉を乗せてオーブンでチンします♪

_RID0010

「とうもろこしの冷製スープ」

今が旬と言えば、とうもろこし。生でも食べれるほどに甘くて柔らかいゴールドラッシュを使用し、玉葱と芯から外したコーンをバターでソテーし、芯と一緒にコンソメ、塩で軽く煮ます。出汁が取れたら芯だけを取り出し、残りはミキサーでペースト状に。それを網で綺麗に濾したら、生クリームと牛乳で伸ばしてまろやかにし冷蔵庫で冷やせば最高に美味しい冷製スープの完成です♪

_RID0013

「ボンゴレビアンコ スパゲッティー二」

小さな浅利が残念でしたが、ボンゴレビアンコにしました。既に酔っ払った状態で呑みながら料理するので、唐辛子を少々多めにブチ込んでしまいました!Aさんは辛い物が得意ですが、Sくんは辛いものが苦手なようで、ペリペリソースにはじまり、このパスタはしんどかったことでしょう(ごめんなさい:笑)

_RID0016

「レ・フィエフ・ド・ラグランジュ 2009
AOCサンテステフ・メドック・グラン・クリュ・クラッセ・格付第三級・シャトー・ラグランジュ・セカンド・ラベル」フランス

ラグランジュのセカンドとはいえその品質基準は非常に高く、基準に満たないものは惜しみなく排除されます。カシスやブラックチェリーの香り、胡椒などのスパイスの香りが豊かで、口当たりは果実の優しさと凝縮感が広がるフルボディ♪

_RID0014

「トマトとアボカドとクリームチーズのブルスケッタ」

レスタミネEma エマさんのバケットを使用しブルスケッタにしました。ソフトで甘くクリーミーなパンにアボカドとクリームチーズがよく合います♪

_RID0015

「鶏胸肉のバジルチーズ隠元巻き 夏野菜のカポナータを添えて」

体育会系なのに草食系と聞いていたSくんは、野菜が大好きで肉は鶏肉が好きと聞いていたので、メインは筋肉の発育にもよろしい鶏胸肉のバジルチーズ隠元巻きにしました。この後、女子は〆にケーキを食べたのですが、男性陣は更にワインにビールと何故か開くは開くはで飲み倒した後にお腹が空いたらしく、既に零時を回る真夜中に釜揚げしらす御飯を作ってあげると、とっても喜んでガッツいておりました(笑)

_RID0018

「ミントティー」

スッキリと目覚める為にも真夜中の3時にミントティーを嗜む面々(笑)泊まりのSくんは朝方の4時にようやく就寝。それでも、朝早くに1人起きては、仕事に駆け出して行ったバイタリティ溢れる青年でありました♪次回は皆でワイワイとBBQでもやりましょうね♪


静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

とある友人夫妻と南アフリカのワインで多国籍料理のホームパーティ チャンギ国際空港から快適な交通手段MRTに乗り込みシンガポール市内へ
とある友人夫妻と南アフリカのワインで多国籍料理のホームパーティ
チャンギ国際空港から快適な交通手段MRTに乗り込みシンガポール市内へ

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます