「三二行館 Villa32」北投温泉の地熱谷周辺を散策後に優雅な朝食

台湾屈指の温泉地である「北投温泉(Beitou)」の地熱天然温泉を有するプライベート感溢れる究極のコンパクトラグジュアリーリゾートホテル「三二行館 Villa 32」の周辺を朝食前に散策することに致しましょう!

このエリアは、北投渓を中心に北投公園から地熱谷までを含む、総面積6万平方メートルにも及ぶ広大な敷地を「北投公園」と位置づけ、 日本統治時代の歴史ある建造物なども多く残され、煉瓦造りの「北投温泉博物館」をはじめ、「世界で最も美しい公立図書館ベスト25」に 選ばれた「台北市立図書館北投分館(北投圖書館)」や市民の憩いの場となる「露天温泉浴場」などが設置されており、風情溢れる街並みが見られます!

硫黄泉の小川に沿った遊歩道は、地熱谷を囲むように設置されており、硫黄泉の香りが立ち込め、真っ白な湯けむりが立ち込める様子は、幻想的な風景を生み出しています!

北投地熱谷 – Beitou Thermal Valleyの温泉温度は約80℃~100℃と高く、湯けむりが舞う地熱谷は熱気があり湿度も高く、そこに居るだけで美肌効果が得られそうです!

途中には、ギフトショップ兼カフェの「地熱谷庇護工場地熱谷小舖」もあり、北投温泉ならではのお土産物が見つかります!

「Villa32」から地熱谷へは、ものの数分で散策できるエリアとなるため、是非朝の散策にお勧めです!

ホテルへ戻り、オールダイニングで朝食会場ともなる「The Restaurant」にて朝食をいただきます!

朝食メニューの3種のメインの中から、サラダ感たっぷりのヘルシーな一皿「有機卵の真空調理ときのこのヴィネグレットソース(Sous vide organic egg Mushroom vinaigrette)」をオーダー!

メインディッシュの他に、焼き立て自家製パンが盛り込まれたバスケットとフレッシュジュース(Orange,grapefruit,kiwi,Mixの中からチョイス)、ヨーグルトがセットとなります!

食後のコーヒーは、好天候に恵まれたため、テラス席で心地良い風を感じながら、優雅に楽しむのがお勧めです!

短い滞在ではありましたが、大人だけに許されたラグジュアリーな空間で、心身共に安らぐひとときを過ごすことができたホテルステイとなりました!

ヴィラ32(Villa32)三二行館
所在地:台北市北投區中山路32號
TEL:+886(02)6611-8888
http://www.villa32.com/jp/


PHOTO ALBUMはこちらをクリック!

2018/4/24台湾旅行/三二行館 Villa32 北投 Vol.2
https://photos.app.goo.gl/W5i38hRW18FaE8J22


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top