「マンダリン オリエンタル 台北」フレンチブラッスリーを意識した「カフェ アン ドゥ トロワ」

IMG_8150

マンダリン オリエンタル 台北」さんの5階にある終日営業のフレンチ「Café Un Deux Trois カフェ アン ドゥ トロワ」は、オープン当初の店名は「COCO」とされていましたが、2014年11月1日に改名されています。新たな店名は、パリのブラッスリーといった雰囲気でリラックスできる空間を表しています♪

IMG_8151

入店して直ぐに、アルゼンチンの高級な香水ブランド「FUEGUIA(フギア)1833」が独自に調合した香水などが販売されており、カフェ アン ドゥ トロワさんのオリジナルの香りもご用意されています。入店時に嗅覚を刺激し、この香りを脳にインプットすることで、こちらでのレストランでの想い出をより記憶させるために趣向を凝らされています♪

IMG_8156

「カフェ アン ドゥ トロワ・オリジナル香水」

IMG_8157

店内には、既に良い香りがふんわりと巡っておりますが、お好みの香りを探せるよう、ボトル上に試嗅用のガラスカップが用意されているので、スメリング(試嗅)してみましょう♪

IMG_8159

店内に設けられた「Sweet Boutique スイート・ブティック」では、コーヒーやペストリーをお楽しみいただけ購入することも可能です♪

IMG_8164

ラッピングも可愛いので、手土産にも喜ばれることでしょう♪

IMG_8165

レセプション

IMG_8167

トニー・チー設計のファッショナブルな読書文芸空間「PAGES」では、世界の名作やファッション誌が楽しめ、こちらも購入可能です♪

IMG_8169
「reason of life」Chan-il Kim(Korea)

韓国のアーティストChan-il Kimさんが、2週間こちらに滞在し、壁に直に描かれた作品が何点も飾られています。こちらのタイトルは「reason of life」。さらに、春夏秋冬を表した4枚の画もこちらの店内で楽しめるため、さながら、ちょっとした美術館のような雰囲気を味わえます♪

IMG_8173

「Salon」

IMG_8177

メーンダイニングのサロンでは、フレンチの軽食やアジアングルメを楽しむことができ、モダンでありながら寛げるダイニングとなっています。そして32人の大人数にも対応可能なプライベートダイニングは、友達や家族との団欒だけでなくビジネスミーティングなどにも活用できます♪

IMG_8180

筋斗雲に乗った可愛いアート作品が印象的です。こちらは、通常の宿泊客の朝食会場ともなっておりますので、クラブフロアの朝食だけでなく、こちらも利用させていただいたので後ほど紹介致します。さて、お次は、マンダリン オリエンタル 台北の朝食の紹介です♪

台北旅行記の特設ページはこちらをクリック!
すべての台北記事がご覧いただけます!

パソコン用 http://lade.jp/taiwan/
スマートフォン用 http://lade.jp/category/diary/travel-diary/taiwan/

マンダリン オリエンタル 台北(台北文華東方酒店)
所在地:158 Dunhua North Road, Taipei 10548, Taiwan(10548 台北市敦化北路158號)
TEL:+886 2 2715 6888
http://www.mandarinoriental.co.jp/taipei/

MOTPE

「マンダリン オリエンタル 台北」特集
こちらのメニューからご覧下さい!

8年かけて建設されたヨーロピアン調の豪奢な建物は非常にすばらしく、東洋と西洋の色彩、格式とモダンを両立させたエレガントなデザインの客室は台北最大級の広さを誇ります。日本人スタッフ常駐で、安心して宿泊できるこちらのホテルをオススメします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top