バクタプールの「ダルバール広場」横の「Khawapa Chhen」にてランチ

ネパールの首都カトマンドゥ(Kathmandu)から東へ12km程にあるバクタプール(Bhaktapur)は、カトマンドゥ盆地で3番目に大きな街となります!

世界遺産に登録されたバクタプールの「ダルバール広場(Durbar Square)」に向かうには、駐車場から徒歩10分圏内となります!

ツーリストバスを下車し、皆で「ダルバール広場(Durbar Square)」を目指します!

赤煉瓦の壁に覆われた雰囲気のある石階段を登った先となります!

バクタプールの「ダルバール広場(Durbar Square)」の正面玄関へ到着!ここから先は、外国人は入場料1人1,500ルピー(日本円にして約1,605円)が必要になります!(※チケットは7日間有効となり、何度でも再訪可能です)

午前予定であった大学訪問が長引いてしまったため、遅めのランチタイムとなりましたが、正面玄関前の脇道を進み「ダルバール広場(Durbar Square)」横にあるゲストハウス&レストラン「Khawapa Chhen」にていただきましょう!

こちらの1階は、ギャラリー兼レセプションになります。「Khawapa Chhen」はレストランのみならず、王宮広場が伺えるゲストハウスとしても利用できるため、中世の街並みを残した古都の雰囲気に浸るのも良いでしょう!

屋上にあるダイニングテラスを利用して、青空の下、爽快なランチタイム!

バクタプールの「ダルバール広場(Durbar Square)」を一望できる素晴らしいロケーションとなります!

こちらでは、バクタプール出身で活躍するコメディアンでガイドのナレス(Naresh)さんの友人ラズ・マナンダー(Raju Manandhar)兄弟を紹介していただきました!ラズさんの御実家は王宮広場内にあり、代々、菜種油を取り扱う一族だそうです。食事をしながら、ラズさんの活躍ぶりをYouTube動画で観せていただきました!

天候も良く、午後の陽射しが心地良い中、最高のビールタイムです!

お疲れ様の乾杯は、「清水ライオンズクラブ」の杉山昇(Noboru Sugiyama)さんの音頭で乾杯!

ネパールビールの中でも一番のお気に入りとなった「EVEREST」!マウントエベレスト醸造所で造られているプレミアムラガーのエベレストビールは、今までいただいた「TUBORG」や「ゴルカ(GORKHA)」よりもキリッと辛口で断トツの美味しさです!エベレストビールの原材料は、国産大麦とヒマラヤからの清流水に選び抜かれたモルトとアロマホップが使用されているとのことで、標高8,848mで世界最高峰となるエベレスト山の名に恥じない美味しさです!

この時既に時刻は15時を回り、遅い時間のランチとなったため、ナレス(Naresh)さんの配慮で取り分け不要の盛り合わせとなりました!ネパール料理の炒飯、チョウメン、モモ、フライドポテトをいただきます!

古い街並みの向こうには、天候に恵まれれば、雄大なヒマラヤ山脈も望め、ダルバール広場の中でも一番古都の良さが残るバクタプール(Bhaktapur)はお勧めです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top