日本人オーナーが運営するホテル「ルンビニホテル笠井」へ!

ルンビニ(Lumbini)では事前に予約してあった2台のツーリストバスに乗り込み、2日目も順調にスタート!首都カトマンドゥのように通勤ラッシュなどが無く、快適な道中は長閑な街並みとなります!

ルンビニには、日本人オーナーの笠井篤信(Tokushin Kasai)氏が運営するホテル「ルンビニ・ホテル・笠井(Lumbini Hotel Kasai)」があります!こちらは、「ルンビニ・ガーデン(Lumbini Garden)」の「新ルンビニ村(New Lumbini Village)」のエリアとなり、ルンビニガーデンへ入場するには大変便利な立地です!

ルンビニホテル笠井は、2005年10月20日にオープンされて以来、常時、癒しの時間を提供できるよう日本人スタッフを常駐されており、おもてなしの心で出迎えてくださいます!また、現地ネパール人スタッフにも日本基準のサービスを徹底され、細やかな配慮が見受けられます!

ホテルロビー内には、ネパールの衣装や民芸品などを販売するショップもございます!レストランでは、ホテル内の無農薬農園において栽培された新鮮な旬の有機野菜を使って作る、日本料理やネパール料理、インド料理などを取り入れた新感覚のFusion料理が楽しめます!

全客室数30室となり、32㎡のスタンダードクラスを28室、90㎡を誇るスイートルームを2室用意され、全ての客室にエアコンや冷蔵庫はもちろんのこと、トイレは驚くことに日本製TOTOのウォシュレットとなります!疲れを癒やすバスタブも完備されており、ヘアドライヤー等の備えやアメニティの充実も女性には嬉しいサービスです!

青々とした芝が植わる中庭の眺めは爽快で、その周囲を囲むようにゆったりとした間隔で客室が用意されているため、静寂な時を迎えることができます!

朝陽の柔らかい自然光が注がれる中庭には、前夜の雨を帯びて艶めき、清々しい顔を覗かせる植物たちに癒やされます!

ホテルのJapan Representative Managerの袖山正美(Masami Sodeyama)さんに御挨拶させていただき、ルンビニのホテル事情をお伺いしました!現在建設中のルンビニの国際空港が2020年に完成を予定していることもあり、増々国際観光化に向けて、ホテルも建設ラッシュで賑わいを見せているとのこと。次回ルンビニを訪れる際には、観る景色も違ってくるのかもしれません。ルンビニホテル笠井は、英語が苦手という方や安心安定のサービスを求められる方にお勧めのホテルです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top