手作りハンバーグの店「ティーアンドリュー」は、静岡そこ知り西部地区の洋食屋さん第2位を獲得

_RID0087

柳通りの電車通りとぶつかる交差点から西へ50mほど、フラワーショップのフランネルフラワーさんの近くにあります老舗洋食店「ティーアンドリュー」さん。平成3年から変わらぬ味で23年続く洋食レストラン。お顔立ちがそっくりな兄弟2人でコックを務め営まれています。じっくり手間暇かけた愛情あふれるデミグラスソースが売りのよう。ハンバーグ、オムライスが人気の洋食屋さん。名物といわれるタンシチューをはじめ、他にもハンバーグやカニクリームコロッケ、エビフライ、ササミのチーズ焼きと2品ワンプレートのセットになったメニューが人気のようです。

_RID0093

こちらのお店は、2013年07月29日に放送された今夜の静岡発そこ知り「アットエス人気投票 今夜決定!キングオブ静岡 洋食屋さん」で、西部地区の2位を獲得。あのグルメレポの内山くんが”ぷわっぷわっ”と表現したハンバーグを確かめるべくお邪魔しました。TVの影響あってか、大繁盛ぶりの店内の様子が伺えます。カウンター8席、テーブル席12席ほどのこじんまりとしたお店は満席に、次から次へと予約の電話が鳴り響きます。

_RID0094

「ハンバーグ」950円

創業当時から変わらない味のハンバーグ。デミグラスソースは、1週間ほどかけて煮込むのだとか。ハンバーグは1つ1つ測りに乗せられきっちりとサイズ確認された後、かなり薄く平に形成し、フライパンで片面はじっくり蒸し焼きにしています。最後に必ずレンジに通しているのが気になりました。その後、サラダを盛り付けた皿の上に、たっぷりのデミグラスソースをかけた小振りなハンバーグの上には、セルクルで形成した半熟の目玉焼きが乗ってきて、具無しの炒めたケチャップパスタが添えられ、昔ながらの洋食屋さんらしい盛り付けです。確かに柔らかいハンバーグですが、玉葱の食感や肉々しいハンバーグがお好きな方には物足りなさを感じるかもしれません。味の決め手となるデミグラスソースも甘みを強く感じるので、ご年配の方や小さなお子さんには嬉しい味付けかも。個人的に想像していた味わいとは違いました。

_RID0096

「ライス」210円

_RID0097

「チキンドリア」1,050円

ケチャップライスをフライパンで作ってから器に盛り、牛乳でのばしたかなりサラサラのベシャメルソースを乗せ、パン粉をたっぷりとかけ、その上に、粉チーズそして溶かしバターをかけてオーブンへ8分間投入しています。ベシャメルの濃厚さは少ないのですが、後がけバターのコクが少々胃に残ります。

_RID0090

セットの「ミニサラダ」

ドリアに付くサラダ。個人的に洋食屋さんは大好きなジャンルで浜松でも良く探しているのですが、こちらは初めて伺いました。そこ知りのランキングでは、1位が「みさくぼ」さん、2位が「ティー&リュウ」さんだったようですが、わたしが大好きな洋食屋さんの「宏松支店」さんや「キッチン泉」さん、「キッチントム」さんは何故ランキングされないのかしら?

レストラン T&Riu ティーアンドリュウ
浜松市中区野口町341-1 TEL:053-462-4702
営業時間:11:30~14:30 17:00~21:00 定休日:不定休

浜松市中区野口町341-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top