「お食事処文ちゃん」古宇利島が誇る美しい海岸をドライブしながら沖縄ランチ

沖縄北部の今帰仁村(Nakijinson)にある離島・古宇利島(Kourijima)は、円形の形をした隆起サンゴ礁の島で、面積は約3.17k㎡、周囲は約8kmとなり、人口約400人にも満たない小さな島です!

沖縄本島トップクラスの透明度を誇る海に囲まれた古宇利島は、透き通ったエメラルドブルーとなり、古宇利ブルーとも称される美しい海岸が人気となります!

そんな古宇利島は、車で10分も走れば島一周することが出来てしまいます!
青い海とサトウキビ畑が広がる大自然に囲まれた古宇利島の長閑な雰囲気を満喫しながら「アクアカーレンタル」のビートル(Beetle)にてドライブを楽しむことに致しましょう!

 

観光客に大人気の古宇利島の入口にある「古宇利ビーチ」は、古宇利島の海産物や土産物を販売する市場や沖縄料理を提供する飲食店や売店などがある施設「古宇利島ふれあい広場」の無料駐車場が利用可能です!

飲食店が並ぶ「食と館」に隣接する市場には、古宇利島で採れる新鮮な野菜や果物が並び、沖縄土産と言えばの伝統菓子「ちんすこう」をはじめ、島名物の「紅芋」を用いたお菓子や、サトウキビから作られる「黒糖」、ミネラルたっぷりの「沖縄塩」、「島とうがらし」を用いた調味料などが勢揃い!

奥には海産物コーナーもあり、沖縄ならではの「海ぶどう」や「もずく」なども試食してから買い求めることが出来るため、色々物色しながらお土産を購入!

「ふれあい広場」から徒歩2数分圏内となる古宇利ビーチへと降り立ち、古宇利大橋のたもとに広がる真っ白な砂浜のビーチを堪能!

12月のビーチと言えども、観光バスも停まる観光名所のビーチとなるため、砂浜には多くの観光客の姿が見られます!

遠浅のビーチのため、海水浴も安心して楽しめるようですが、流石に20℃前後の気温で泳ぐにはまだ早いため、寄せては返す波打ち際で裸足になり、童心に返って波との追い掛けっ子を楽しみました!

2005年2月8日に開通した古宇利大橋は、今帰仁村古宇利島と名護市の屋我地島(Yagajishima)を結ぶ、長さ1,960mの長橋となり、通行は無料です!

古宇利大橋を通って屋我地島に渡り、対岸沿いにぽっかりと浮かぶ古宇利島を眺めるのも良いでしょう!

屋我地島側の橋のたもとには、ガーデンレストランカフェ「美らテラス」があり、こちらは、4つの飲食店とお土産・雑貨屋、フリースペースから成る施設となります!

古宇利大橋の全景を収めるには、「美らテラス」内にある展望台からの眺めが最高です!

展望台には、ショップで販売している「アダムとイブの南京錠」が設置されており、訪れたカップル達が願掛けをしている様子!沖縄版の「アダムとイブ伝説」が言い伝えられる「恋島(古宇利島)」は、恋人たちが聖域と崇めるパワースポットでもあります!

 

海にぽっかりと浮かぶ岩礁群が気になり、その姿が伺える浜辺を探してみようと再び車に乗り込み近辺を散策!

Google Mapを頼りに、国立療養所となる「沖縄愛楽園」の脇を走る海岸沿いの小道へ進み、岩礁間近の浜辺へ!

浜辺に降り立つと、岩礁の上に見事な虹が掛かっており、思わずダッシュ!

サラサラとした白い砂浜には、真っ白な珊瑚や貝殻がキラキラと輝き、誰も居ない浜辺は穴場中の穴場となりました!

古宇利島へ戻り、ランチできる場所を探し求めていると、手描きのシーサーなどの強烈なタッチで沖縄風を吹かす「お食事処 文ちゃん」を発見!

小高い場所にある「お食事処 文ちゃん」の店先には、風になびくオリオンビールの提灯と貝殻で作ったシーサーが温かく出迎えてくれ、期待を裏切らない沖縄の風情が感じられます!

店内はテーブル席と座敷が用意されていますが、やはり見晴らしの良いテラス席でランチと参りましょう!

こちらは、現在の店主を務めるお母様が開いたお店で、娘さんが後を継ぎ、開店10年目を迎えています!

メニューには、沖縄名物や新鮮な海鮮定食がズラリと並ぶ中、今回は「海鮮丼(ミニ沖縄そば付)」1,500円と「沖縄そば」700円をオーダー!

雲丹で有名な古宇利島ですが、乱獲などが原因となり、近年は禁漁で収獲も無く、島で獲れた雲丹はなかなか食べれないようです!それでも「ウニ丼」を求める観光客が多いため、本土から仕入れた雲丹を提供されています!

そんな雲丹がたっぷりと添えられる「海鮮丼」は、小さめの丼ながらに、丼から溢れ出る程に魚が並び、沖縄ミカンをギュッと絞って頂きます!プチプチと弾ける程に新鮮な海ぶどうの上にタコやイカ、白身に鮪と豪勢で、合間合間に小椀の「沖縄そば」までもが楽しめてしまえるバランスの良いメニューです!

「沖縄そば」は、柔らかめの麺の上に甘く煮付けた沖縄豚に錦糸卵が乗り、海ぶどうと紅生姜が添えられます!
泡盛に沖縄島唐辛子を漬けた調味料「コーレーグス」が卓上に置かれているので、味変しながら楽しむのもお勧めです!

古宇利大橋を望む絶景を楽しみながらのランチでまったり!ドライブはまだまだ続きます!

ふれあい広場 食と館
住所:沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利323-1
TEL:0980-56-5785

お食事処 文ちゃん
住所:沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利457
TEL:0980-56-5234
営業時間:11:00~18:00
定休日:水曜日(夏季は無休)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top