「イタリア食堂 アネッロ」日々営業に励む飲食店を襲ったイベント詐欺!?

IMG_3245

今年に入り早々にランチに伺った飲食店のオーナーシェフから、「今度、東京で開催されるイベントに出店してみようと思っています!」と、イベントに向ける意気込みなどを伺っていた矢先のこと。

後日、「もしかしたら詐欺にあったかもしれません…」と驚きの発言が飛び出しました。

その被害は全国の飲食店に及び、既にニュースなどで取り上げられているため、ご存知の方も多いかもしれません。

今年2月に東京の「味の素スタジアム」や大阪の「舞洲スポーツアイランド」で開催される予定であった「グルメンピック2017」というイベントは、「大東物産」と名乗るイベント会社が昨年から全国各地の飲食店を当たり出店依頼を募る中、およそ170店舗近い飲食店が参加表明され、
その出店料としてそれぞれ20万~80万円(店舗により異なる)を回収したそうです。

しかし、突如「イベント延期の知らせ」が届き、その後、瞬く間に「中止」となったにも関わらず、その出店料のほとんどが返金されていないという緊急事態が発生し、「大東物産」と名乗るイベント会社は破産申請をし倒産しています。

出店を予定していた多くの飲食店が「これは端から詐欺だったのでは?」と、あまりに不可解な点が多いことに疑いの声を上げ、被害者の会を通じて刑事告訴し民事訴訟を起こす準備をされているとのこと。

そんな何とも悲しい事件に巻き込まれてしまった友人シェフを励ますために、仲の良い仲間内で「イタリア食堂 Anello(アネッロ)」に集まることにした夜!

「アネッロ」とはイタリア語で「輪・リング」の意味を持ち、「輪が広がり皆が繋がるお店でありたい・・・」と言うオーナーシェフの優しく温かい想いを込められた店名です!

実直で、ある意味不器用ながらも料理に真摯に向き合う好青年。
彼がつくり出す料理は「華やかさ」とか、「洗練さ」には若干欠けるかもしれませんが、堅苦しさの無い普段使いが「安心」してできる良いお店だと思っています!

この日の夜は、オーナーシェフであるYoshikuni Yamadaくんにおまかせで料理をお願いすることにしました!

前菜は「鶏レバーのパテ、豚肉のテリーヌ、鹿のソーセージ、ブッラータ、ピクルス」などの盛り合わせとなり、手間暇掛けた一品一品が際立ち、お酒の当てに嬉しいものばかり!

「花付きズッキーニミモレットのオーブン焼き」や「袋井産キノコと芽キャベツのアヒージョ」など、地場の野菜を活かした料理が並び、「ホタルイカと菜の花のスパゲッティ」には魚介の旨味を出汁に用いて、ワインに負けない深い味わいを提供しています♪

メインディッシュには、菊川の西欧料理「サヴァカ」のオーナーシェフである山口祐之さんの下で修行していた経験からジビエ料理も得意としており「菊川産猪のロースト」を提供してくれました!癖が少なくまろやかで脂に甘味があり、合わせた「Nebbiolo d’Alba/Cantina Terre Del Barolo(ネッビオーロ・ダルバ/テッレ・デル・バローロ)」の赤ワインとも相性抜群です!

〆のデザートには、甘さ優しく香ばしい「そば茶のジェラート」、あっさりしっとりと楽しめる「ベイクドチーズケーキ」、濃厚な「ショコラテリーヌ」を「自家焙煎珈琲豆屋 まめやかふぇ」の美味しいコーヒーでいただき大満足のディナーとなりました!

アネッロでは3月よりランチメニューをリニューアルしており、新たなメニューも登場しています!

彼にとって、今回の事件は少しばかり高い授業料だったかもしれませんが、「喜ぶお客さんの笑顔が見たいから…」と今日も真面目に料理と向き合う彼をこれからもどうぞ応援してあげてください!宜しく御願い致します!

IMG_3260

IMG_3262

IMG_3263

IMG_3265

IMG_3266

IMG_3269

IMG_3271

IMG_3273

IMG_3276

IMG_3279

IMG_3280

IMG_3281

IMG_3283

IMG_3285

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top