藤枝フレンチ「L’AGAPE ラガップ」変わらぬ美味しさが嬉しいクラシカルなフランス料理店

藤枝市青葉町の青島中学校通り沿いのテナントビルの一角にあるフランス料理レストラン「L’AGAPE(ラガップ)」にて、久し振りに藤枝ランチへ!

こちらのお店は、オーナーシェフの松下 崇之(Takayuki Matsusita)さんが、東京、関西のお店で経験を積み、フランスでも修行された後2008年9月に独立。店内はシンプルに白を基調としたシンプルモダンな造りで、席数10席ほどの隠れ家的なプライベート感溢れるレストランとなります。こちらではフランスの郷土料理や伝統料理をベースとしたクラシカルなフランス料理を堪能でき、私たちが結婚してから10年ずっと通い詰めているお店の一つです!

ランチメニューは2,600円のデザート付きの気軽なAコース(※デザート無しのコースは2,000円)から、シェフおまかせの旬の食材を用いたスペシャルなEコース10,000円まで幅広く対応できる5コースとなり、全てのコースにパン(ポークリエット付)、スープ、カフェ、デザート付となり、今回は、前菜と主菜ともに好きなものを1皿ずつ選べるBコース4,200円をそれぞれにオーダーし、メインを魚料理と肉料理でセレクトしシェアします!

店頭にはコースに添えられる焼きたての自家製パンが並びます。

デザートは、黒板に書かれている中から選ぶのですが、それぞれを少しづつ頂くことも可能なので、お腹に余裕のある方は是非全種類行きましょう!氷菓子(グラス、ソルベ)は、黒板に書かれている中から2種類をチョイスできます!

この日はマセラティで遠征しているため、残念ながらワインはおあずけですので、ガス入りウォーターをオーダー。

コロナ禍でもこちらはあまり影響は無いとのことでしたが、流石に夏休み中のランチタイムは、マダムたちがいらっしゃらないようで、静かな店内で、まさにプライベートキッチンのようなひとときを楽しむことができました!

前菜「フォアグラ プラムのコンポート詰め テリーヌ」

ほぼ毎回オーダーする最初の一皿「フォアグラのテリーヌ」です!フォアグラをコニャックと白ポルト酒で香り付けしテリーヌに仕立てられており、今回のバージョンは真ん中にプラムのコンポートが忍ばされておりました。ナッツとレーズンの蜂蜜和えにブリオッシュを添えて。一口頬張れば舌の上でとろける滑らかさと濃厚な味わい深さに悶絶!下ごしらえや調理法においてとても丁寧な仕事ぶりが感じられる味わいが楽しめます!

前菜「北海道産時鮭(ときしらず)のスモーク 厚切りポワレ」

これがメインの魚料理と言っても何ら疑わない前菜が出て参りました(笑)北海道産の時鮭のスモーク厚切りポワレは、一晩マリネした後に、脱水シートで良い状態の身質に仕上げておき、皮面パリッと香ばしく焼き上げ、白ワインベースのソースに浜名湖産青海苔を絡めたソースでいただきます。下にマッシュポテト、添え野菜は夏らしく、オクラのフリットやローストトマトを添えて。パリパリの香ばしい皮にナイフがサクッと入り、中はしっとりふんわりの身厚感が堪りません!青海苔の優しい磯の香りと共に堪能!

「自家製パン」

全粒粉とライ麦の香り高いフランスパンと、コーングリッツ(とうもろこしの粗挽粉)を塗したふんわりもっちりの香ばしい丸パンの二種をいただきます。飴色の玉葱と白ワインで煮込んだ豚肉を丁寧にほぐして、煮汁と焦がしバターで練り上げる定番のポークリエットとの相性も抜群です!

「桃の冷製スープ」

今が旬の静岡県産の桃を用いた冷製スープ。滑らかで濃厚な味わいは上品なデザートのような仕上がり!

「本日の鮮魚料理」

本日の鮮魚料理は嬉しいことに私たちの大好きな「甘鯛の鱗焼き」!発酵バターのブールブランソースにトマトを加えていただきます。添え野菜は、人参、黄ズッキーニ、ししとう、茄子、ペコロスのグリル。甘鯛の鱗の美しさに思わず見惚れてしまいます!こちらの皮面の火入れも絶妙で、サクッ、サクッと心地良い音が鳴り響き、香ばしい香りと共に食感が楽しめ、フワッと溶けてなくなる身の柔らかさは、極上の一皿となります!

「フランス・シャラン産 窒息鴨のロースト」

こちらのお店で私たち夫婦の一押しメニューが、このビュルゴー家シャラン産の窒息鴨です。このお店で鴨を食べないなんて、人生損しますよ、きっと(笑)
エトフェ(窒息)とは、元来、針を首の後ろに刺し、仮死状態にさせ、血を抜かずに屠鳥する方法ですが、最近では電気ショックでエトフェさせる方法もあるようです。エトフェさせることにより、鴨の体内に血がうっ血して、その結果、血が肉全体にまわります。それにより、肉に鴨特有の鉄分を含んだ風味が強くなり美味しくいただけるというわけです。エトフェ(窒息)した鴨肉に煮詰めた蜂蜜を塗って、皮面を焦んがりとローストすることで香ばしさが増し、肉の旨味を逃さずに仕上げられています。今回も見事な火入れで、ナイフを入れる瞬間に、プルンプルンと横たわる肉感の弾力に笑みが溢れます。蜂蜜と赤ワインで煮込んだソースを纏い、噛むと皮面の香ばしさが旨味となり、肉厚な部位は適度な弾力があり、ジュースが溢れ出ます。そしてジュースと共に甘みを感じる濃厚な味わいが伝わり、身は柔らかくしっとりとしていてコクがあり滑らか。もう何度頂いたかわからないほどの一皿ですが、変わらぬ美味しさが飽きることなく至福の時に導いてくれる一皿です!

「デザートの盛り合わせ」

贅沢にも全種盛りをオーダーしているため、豪華な盛り合わせとなります!グラス二種は、ヌガーグラッセと上に栗の花の蜂蜜のアイスクリーム、ケーキは三種で滑らかな舌触りとコク深いクレームキャラメル、藤枝産の夏林檎がゴロゴロッと詰まったタルトタタン、ラムレーズンのガトーと盛り沢山!

まだ少し早いのですが、8月14日に46歳の誕生日を迎える主人のお祝いをサプライズで松下シェフがしてくれました!良く覚えてくれていますね!こういうさり気ない心配りがとても嬉しく感じます♪

「Happy Birthday TAKAHIRO おめでとうございます」

思わぬフライングバースデーのお祝いに主人の顔もほころび、とても嬉しそう♪こちらのソルベはパイナップルとヨーグルトと爽やかな二種をセレクト!

「桃のコンポートゼリー」

「コーヒー」

お茶菓子と食後のコーヒーをいただきます!

食後に手の空いた松下シェフと近況報告会を開くと、来月の半ば辺りから、レストランの内装を改装する工事に入られるそうで、2週間ほどお店を休まれるとのこと!丁度良いタイミングで足を運べたと思います!開業14年となる店内の改装がどんな感じに仕上がるか次回の来訪が待ち遠しくなりそうです!

現在、ラガップではホールをお手伝いしてくれるサーヴスタッフを募集されています!興味のある方は是非お問い合わせされてみてください!

松下さん、リニューアルオープンを楽しみにお待ちしています!改装休業中は是非浜松に泊まりに来てくださいね!

L’AGAPE(ラガップ)
住所:静岡県藤枝市青葉町3-3-28
TEL:054-637-0290
営業時間:11:30~14:00、18:00~22:00
定休日:月曜日・その他不定休有(※お店に直接お問い合わせください)
駐車場:店前に有
http://lagape.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top