「春餘園子」趣味人がつくり出す和の世界観にて心豊かな時を過ごす

IMG_7697

淡水の山の中にひっそりと佇む隠れ家的な存在のレストラン「春餘園子(Chunyu)」。
オーナーの唐白餘(Tom)が「」をイメージし、和の趣を全面に押し出した独自の世界観を繰り広げ、
自然を愛でながら、ゆったりとした心で食事を楽しめるような長年の夢であったレストランをオープンさせるために、
約1,500坪の敷地内に10年もの歳月をかけ、ようやく2012年4月に完成を迎えた居城でもあります♪

IMG_7795

能の舞台のようなステージを備えたメインダイニングは、
灯りを抑え、和風庭園を眺めながら、静かな時を過ごすに相応しい場所となります。
こちらでは、茶人でもある唐白餘(Tom)がお茶を淹れ、
奥様の明玉(Emily)がつくり出す、新たな可能性を秘めた浙江料理を提供しています。
建物は3階建てとなり、地下1階もございます♪

IMG_7786

地下1階には、ローテーブルや座禅テーブルが用意されており、
味のある一枚板のテーブルが存在感を醸し出しています♪

IMG_7784

地下1階にも視界の先に庭園を用意されることで閉塞感をなくし、
風情ある優雅なひとときを過ごせます♪

IMG_7764

館内の2階踊り場から1階のメインダイニングを見下ろすことができます♪

IMG_7801

館内の2階に用意された広間には長テーブルを配しており、
会合などの食事会に利用可能です♪

IMG_7802

館内の3階はプライベートスペースとなります♪

IMG_7833

館内の3階に広がる畳の間は、ざっと見渡しても畳60畳以上の広さを誇り、圧巻の大広間です!
このゆったりとした空間で唐白餘(Tom)と奥様の明玉(Emily)は、
各々に好きなことに打ち込むのだと言います。
以前は住まいとしても利用されていたこともあり、風呂場も備わっています。
願わくば、こちらで住み込みで働きたいほどに素敵な空間です♪

IMG_7807

奥様の明玉(Emily)は書を嗜み、日々時間の許す限り、筆を執るのだとか。
はねやうねり、かすれ具合の味わいがあり、流れるような書体には躍動感があります。
唐白餘(Tom)の木花のコーディネートにしろ、奥様の明玉(Emily)の書にしろ、
自由な表現を楽しんでされている様子が目に浮かびます。
心豊かに過ごす術を彼らは自然と身に付けられているのだと思います♪

IMG_7809

御夫妻の仏陀(buddha)様にご挨拶。

IMG_7854

オーナーの唐白餘(Tom)と奥様の明玉(Emily)がつくり出す世界観にのめり込んでしまうほどに
素敵な空間が広がる「春餘園子(Chunyu)」。
高慧玲(Vanessa Kao)の周りには素敵な友人が一杯です!
以前、「家庭画報」の2014年11月号でも紹介されている「春餘園子」。
静かな落ち着きを放つこちらのレストランは、
親しい友に紹介したいと思えるとっておきの場所となることでしょう♪

春餘園子(Chunyu)
住所:新北市淡水区泉州厝36號
TEL:02-2626-6699(完全予約制)
http://chunyu12.blogspot.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top