「みどりや支店」創業49年と地元民に愛され続けるあづま焼き屋のかき氷!

夏と言えば、今年も「かき氷」の季節がやって参りました!

浜松では、かき氷と言えば、誰もが知る有名店で行列の絶えない「みどりや」がありますが、実は支店となる「みどりや支店」が隣町の磐田にもあるのです!

浜松の「みどりや」と親族に当たる「みどりや支店」は、本店同様に歴史が長く創業49年となりますが、磐田駅前の区画整理に伴い、新しく住居兼でリニューアルされ店舗も広々とし、以前にも増して大人気店へと成長しています!

「あづま焼」と大きく掲げた看板。
店頭販売で、焼き立て熱々の「あづま焼」を販売しておりますが、こちらの夏の看板メニューは何と言っても「かき氷」です!

店内は、ナチュラルな木材で温かみのある空間で、20席ほどのテーブル席が用意されています。壁には、創業当時のイラストが描かれ、昔を懐かしむかのように飾られておりました!

こちらの「かき氷」のメニューは、50種以上取り揃えられており、価格は300円~600円のものまで幅広く存在します。

この日は、磐田駅前の「みどりや支店」の隣に6月オープンするビジネスホテル「ABホテル」の完成撮影会に出向いた後に、「ABホテル」の水回りの施工をされた「すいどうや北伸」の代表である馬場 広行 (Hiroyuki Baba)(通称:馬場っち)と一緒に、こちらのかき氷で涼みにやって参りました!

若い女子高生やカップル、そしてファミリーに老夫婦と世代を超えて愛されるこちらは、人が入れ代わり立ち代わりで大繁盛です!

メニューの中から「イチゴミルク金時(430円)」、宇治ミルク金時(450円)」、「コーヒーミルク金時(450円)」をオーダーし、3人で仲良く分け合います!

器からはみ出るほどに山盛りで登場したかき氷は、たっぷりのシロップと練乳がかかり、器の下層部に金時がズッシリ!
シャリシャリ、ふわふわの口溶けの良い氷が一気に身体をクールダウンしてくれリフレッシュ!

浜松同様に磐田でも「みどりや」の行列は、夏の風物詩となっております♪夏はやっぱりかき氷♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top