「我が家のクリスマスディナー2016」旬の食材を用いたフルコース

img_8232

毎年、Christmasになると「今年は何する?」と直前にバタバタし始める我が家で、1日がかりであちらこちらへ走り回り、食材の買い出しへ出掛けます!まぁ大変!

瞬く間に過ぎ去る1年の締めくくりとも言える一大イベントのようなChristmas eveは、お出掛けすることもなく、我が家でまったりと2人きりのDinnerを楽しみます!

華やかなNoël Dinnerを彩る食卓には、富山の大好きな作家たちの
釋永岳くんとShimoo Designの下尾 和彦さんと下尾 さおりさんの作品(器)も大活躍です!

先ずは「WINE BOUTIQUE PANIER (パニエ佐鳴台店)」にて購入し「Champagne福袋」で獲得した英国王室御用達の「Pol Roger(ポル・ロジェ)」にて乾杯し、豊かな果実味とElegantな味わいを楽しみながら、一皿一皿ずつ作り上げ、旦那様にお手製料理を味わって頂きました♪

メインディッシュの岩手県産の鴨に合わせて、赤ワインは「Morey Saint Denis” Coeur d’Argile”Frederic Magnien(モレ・サン・ドニ[2013]”クール・ダルジール” フレデリック・マニャン)」を。美しいルビー色のような輝きで、繊細さがありまろやかな甘い赤果実、バランスのとれた深み、とても飲みやすく舌に添う滑らかさが好みの味わいで、2人で「美味しいね〜♪」と、余韻を楽しむことが出来ました♪

〆のChristmas Cakeは、浜松で大人気店の「Abondance(アボンドンス)」のBernard Heberle一押しの「Bûche de Noël(Praliné)」にしました!ベルナール自慢のバタークリームは濃厚な味わいと口溶けの良さが堪らなく美味しく、コーヒーとの相性も抜群です!

今年も無事に過ごせたことに感謝しながら、皆様の健康と御多幸を願ってJoyeux Noël et Bonne Année!!

【Noël DinnerのMenu】
▪︎ずわい蟹の冷製ロワイヤル ジュニパーベリージュレ
▪︎クリームチーズとアップルハニーのスペイン産生ハム
▪︎カリフラワーのポタージュ
▪︎ポークリエットのバゲット添え
▪︎砂肝ハーブオイル漬けのロースト
▪︎鯵の胡麻フリット 森の散歩
▪︎牡蠣グラタン ほうれん草のソース
▪︎岩手鴨の低温調理 フランス産フォアグラ赤ワインソース
▪︎アボンドンスのBûche de Noël(Praliné)

img_8235

img_8239

img_8244

img_8246

img_8262

img_8268

img_8273

img_8281

img_8301

img_8304

img_8314

img_8319

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top