lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

「パレ・デ・シン」台北駅直結のヨーロッパ古城を彷彿とさせる5つ星ホテル

2018/07/02

台北駅北側に位置し、台北市の市政府との共同プロジェクトとして建設された大型ショッピングモール「Qsquare 京站時尚廣場(キュースクエア)」に併設され、台北駅地下街と直結の好立地ホテル「君品酒店 Palais de Chine Hotel Taipei(パレデシン)」へ!

2010年5月にオープンして以来、注目を集めているデザイナーズホテルで、著名な建築デザイナーである陳瑞憲(Ray Chen)が手掛けられており、ヨーロッパの風格を漂わせるデザインが大人気!

賑やかな台北駅周辺に浮かび上がる真っ赤なサインは一際目を惹き、判子をイメージしたロゴデザインは、ホテル名である「君品」の文字が品格を表しています!

「君品」とは、”帝王的な品格”を意味しており、パレデシンは台湾で初のホテルチェーンブランド「LDC 雲朗觀光 Hotels & Resorts Group」が運営される5つ星ホテルです!

ホテル1階は、コンシェルジュカウンターのあるエントランスホールとなり、煌めくシャンデリアと上質なベロアカーテンが施され、存在感溢れる等身大のアンティークな木製馬が展示されておりインパクト大!

ホテル1階からエレベーターに乗り込み、6階のフロントカウンターへ!

こちらの2~4階は併設されているデパートとなっています!

6階フロントロビーは、落ち着き溢れるダークトーンの色調を基調とし、壁面は岩肌を切り出した壁やシャンデリアなどを用いて、ヨーロッパの古城をイメージされており、新しいデザインながらにクラシカルな要素を上手く取り入れられています!

流石、陳瑞憲(Ray Chen)のデザインゆえに、光や鏡を上手く使いムード溢れる雰囲気作りや空間の奥行きなどを演出されており、とってもクールな世界観が漂います!

フロントには日本語が話せるスタッフもおり、安心のチェックイン!

ホテルのDirector of Sales & Marketingの李佩蓉(Pei Jung Tania Lee)と流暢な日本語が話せるSales Manegerの黄淑萍(Alice Huang)が、お忙しい中、出迎えてくださいました!

こちらのホテルは「World Luxury Hotel Awards」にて3年連続で受賞され、「台湾観光局」が認める「5つ星ホテル」の名誉も授与!また、厳しい審査基準をクリアした一定の独立系ホテルなどが加盟できる「Preferred Hotels & Resorts」のグループにも台湾で初めて加盟され名声を得ております!

さらに、今年一番の話題と言えば、ホテル内の中華料理レストラン「君品酒店 頤宮 Le Palais ル・パレ」が「ミシュランガイド台北2018」にて、ミシュラン3つ星を獲得し、現在は予約3ヶ月待ち状態が続く状態となり、台北でも圧倒的に人気の高いホテルとなります!

パレデシン(Palais de Chine Hotel)君品酒店
所在地:台北市承德路一段3號
TEL:+886 2 2181 9999
http://www.palaisdechinehotel.com/ja-jp/


PHOTO ALBUMはこちらをクリック!

2018/4/26台湾旅行/Palais de Chine 君品酒店
https://photos.app.goo.gl/Gw6KMNCmMpXLPWwQ7


 


静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

「マンダリンオリエンタル台北」夢のような時を過ごすホテルにて素敵なご縁 「パレ・デ・シン台北」客室はアンティークで落ち着き溢れるクラシックモダン
「マンダリンオリエンタル台北」夢のような時を過ごすホテルにて素敵なご縁
「パレ・デ・シン台北」客室はアンティークで落ち着き溢れるクラシックモダン

Reply

lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます