lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

「リバーリトリート雅樂倶」神通川を一望する温かみ溢れる白橡の間

2015/04/22

IMG_2510

リゾートホテル「リバーリトリート雅樂倶」さんの新館ANNEXのお部屋は、入口の扉が二重扉となっており、
今回、お世話になるスイート214号室「白橡の間(しろつるばみ)」の渡り廊下前後にも扉が設置されているため、
防音効果も高くプライベート感が増し、部屋毎に贅沢な中庭を設置されています♪

IMG_2504

「尖樹の森」2005年 / 陶芸家 加藤委

渡り廊下の窓を覗くと、中庭があり、巨大なアートが施されています。
214号室と114号室の上下共有の中庭に、同じ作品を違う角度から観ることができ、
新館8部屋の上下には、県内外の4人の芸術家の手による現代アートが4つ設置された中庭を用意し、
それぞれに違う作品が楽しめます♪

作品の解説
水晶の原石のような魂が、まるで大地から噴き出したように空に向かって突き上げる。
その山の裾野には無数のかけらが散らばっている。
作者が得意とする青白磁を素材にして、鋭さやシャープさを演出してあまりあるが、
作品を構成するパーツの一つひとつは型でつくるのではなく、作者が素手で成形したものである。
作者がこれを樹木に見立てているのは、地表を突き破るほどの樹木のエネルギーをとおして、
見る人に生きていることの証を感じとってもらいたかったのだろう。
空間の壁にとりつけられた羽根のような形をしたパーツは何を暗示するのか。

IMG_3389

ルームキー

ガラス玉で造られたルームキーもシンプルながらに美しく、
失くす心配の無い大きさで嬉しいです♪

IMG_2607

二重扉の内扉は、ルームキーを使用します。
オートロックではありませんので、かけ忘れにご注意ください♪

IMG_2541

エントランス

白橡(しろつるばみ)とは、橡で染めた白茶色に近い色のことで、鈍色(にびいろ)の薄いもののことです。
こちらの白橡の間は、土や木の素材感が暖かな印象を与えるよう、柔らかな印象の白橡の色合いをベースに造られています♪

IMG_2515

シューズボックス

自然が溢れているために、蚊取り線香が常備されていますが、まだ、この時期は必要としませんでした。
部屋内のスリッパと浴衣用の下駄はこちらに収納されています♪

IMG_2547

レストルーム

木をふんだんにあしらい、広々と開放感溢れる贅沢な空間。
レストルームには藤田アキトさんの「」「ジンジャー」が飾られています。

IMG_2554

ベッドルーム

CASSINA カッシーナ」のWEEKENDセミダブル2ベッド、クローゼット、ドレッサー、サイドテーブルと必要最低限にまとめ、
余白を大切にし、極めてシンプルなお部屋創りをされています。
ベッドルームの窓からは先ほどのアートを眺めることが可能です♪

IMG_2557

温かみがあり、厚みのある優しい素材の土壁に、小さな障子窓。

IMG_2522

障子窓を開けると、素敵な和室が用意されています♪

IMG_2561

3畳のこじんまりとした畳みの和室。
お茶を楽しんだり、書を楽しんだりと、静かな時間が楽しめます♪

IMG_2936

書道の道具一式が揃えられているので、たまには、一筆したためるのも良いでしょう。
夜、早速、筆を取り、幼少期を懐かしみながら、久々の書道を楽しみました♪

IMG_2530

大きな窓からは、神通川の静かな流れを一望でき、水面の煌きを眺めていると、時の経過を忘れ心が洗われる想いです♪

IMG_2565

白橡の間(しろつるばみ)

新館で一番人気のこちらのお部屋は、白木をベースとしたナチュラルなぬくもり溢れる空間で、
注がれる自然光と奥に映る緑が眩しいです。
客室面積は、およそ115㎡ + テラスと広々とした空間を誇ります。
ジョルジオアルマーニが展開するARMANI/CASAのソファーとセンターテーブルがレイアウトされていますが
各お部屋のインテリアコーディネイトはオーナー自らが一つ一つこだわってセレクトされています!
全体的に丸みを帯びたインテリアが優しい雰囲気を創り出しており、
吉岡徳仁氏がデザインする2002年の作品である一人掛けソファ「Tokyo Soft」に寝そべり足を伸ばし、
読書する時間は、とてもお気に入りの場所となりました♪

IMG_2579

 シングルベッドを2つセットし、大きなソファスペースは、暖色の灯りで安らぎのひとときを過ごせます。
こちらのお部屋は、ベッドルームで2名、ソファベッドに2名、和室に1、2名と計5~6名まで宿泊可能とのことです♪

IMG_2525

ミニバーコーナー

シンプルモダンなグラスやカップ、インテリアに家電の数々、あまりにも隙の無いそのしつらえに、
唯一、電気ポットの象印だけが気になりましたが、
実は、もう既にスタイリッシュなポットを発注されているそうで、順に入れ替えていかれるとのこと!完璧ですね!

IMG_25972

うすはりグラスにウイスキー
コーヒーメーカー設置

IMG_2600

ガラス職人によるハンドメイド
Shgr スガハラ」グラス

IMG_25971

冷蔵庫で冷やされたグラス
ミネラルウォーターは
無料です

IMG_2583

どうしても浮きやすいテレビの存在感も壁面にスッキリと収納させています♪

IMG_3164

BOSE CDプレーヤー
バスルームにもスピーカーを設置

IMG_3475

ジョージ・ウィンストン
「モンタナ~ラヴ・ストーリー」

IMG_3163

collinette(コリネット)
アルミニウムのツボ押し

IMG_2571

テラス

テラスには、17世紀にイタリアで誕生した「CASSINA カッシーナ」で取り扱う「Alias アリアス」の世界的なヒット作である
スパゲッティチェアのデザイナーとして名を馳せるイタリア人デザイナーの
ジャンドメニコ・ベロッティの作品「SAFARI/T(サファリスタッキングアームチェア)」が設置されています。
隣の扉はバスルームに続くため、
これからの季節は、お風呂上がりにこちらのテラスでいただく泡が楽しみですね♪

IMG_2574

パウダールーム

ドアノブから水回りまで全て「Philippe Starck フィリップスタルク」で統一され、贅沢なツインパウダールーム。
ハラコのスツールが可愛いです♪

IMG_2575

バスルーム

同じく「Philippe Starck フィリップスタルク」のフリースタンディングシリーズを用いて統一感のあるステイリッシュなバスルーム。
巨大なパイプ管のようなレインシャワーのデザインがまた斬新(笑)
深いバスタブはゆったりとしており、身体を沈め、まるで絵画のような景色を堪能しながら疲れを癒すことが可能です♪

IMG_2858

le bois ルボア」羅漢和バスシリーズ

IMG_3178

男女別のアメニティグッズ

IMG_3387

客室にセットされた浴衣・足袋ソックス

IMG_3169

今回、季節に合わせて選んだ浴衣がこちら。
雅樂倶さんでは、客室、レストラン、大浴場と、館内全てが浴衣でゆったりと寛ぐことが可能となります♪

IMG_2588

ウェルカムスイーツ

シェフパティシエ谷脇健太郎さんが腕をふるった
ホテルメイドの焼き菓子スイーツ(メレンゲ・白ショコラン・チョコパフ等)で出迎えてくれます。
単品での販売はもちろんのこと、オリジナルパッケージの詰め合わせ等もあり、館内1階にあるショップで販売もされています♪

IMG_3165

八尾の和紙を用いた便箋と封筒が用意されています。
富山のお義母さんの故郷でもあり、「おわら風の盆」でも有名な街、八尾
大切な誰かにお手紙を綴ってみたいものですね♪

IMG_2592

心地良いヒーリング系のBGMと静かにせせらぐ神通川の流れと壮大な自然を眺めながら、
過ごすひとときは、非日常の世界へと誘い究極の大人の隠れ家といえるでしょう。
次回は、新館「ANNEX」の施設を紹介します♪

リバーリトリート雅樂倶のすべての記事はこちらをクリック!
http://lade.jp/articles/travel/35508/

リバーリトリート雅樂倶
富山県富山市春日56-2 TEL:076-467-5550 http://www.garaku.co.jp/

富山県富山市春日56-2

雅樂倶のお得な宿泊プランご紹介


静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

富山の神通川のほとりに佇むリゾートホテル「リバーリトリート雅樂倶」へ 「リバーリトリート雅樂倶」数奇屋の繊細さとエスニックが融合した新館施設
富山の神通川のほとりに佇むリゾートホテル「リバーリトリート雅樂倶」へ
「リバーリトリート雅樂倶」数奇屋の繊細さとエスニックが融合した新館施設

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます