lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

「ザ サイアム」チャオプラヤー川のリバービューが望めるヴィラスペース

2015/08/06

IMG_5575

バンコク屈指のラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」の客室は、
メーンレジデンスのスイートおよびヴィラタイプで39室を用意されています。
こちらは、メーンレジデンスからヴィラスペースへ降りる中庭階段。
真っ青な空に無数の雲が広がり、見事な天候に恵まれ撮影日和です♪

IMG_5574

階段を降り、中庭を抜けるとヴィラスペースが現れ、客室にプールが付くヴィラタイプが見えて参ります。
こちらのホテルは、リバー・ビューのプールヴィラが一番気があるようです♪

IMG_5579

プールヴィラ・コートヤード Pool Villa Courtyard

10棟のみのプールヴィラは、専用の中庭があり、まるで王族の別荘にでも招待されたかのような雰囲気が漂い、
レジデンスとは一味違ったプライベート感に包まれています。
プール付きのヴィラは、バンコクでは初とのこと。

IMG_5578

コニーズコテージ Connie’s Cottage

プールヴィラの隣に見える雰囲気の異なる建物は、
160㎡の広さを誇る1室のみの築100年以上のタイ伝統様式コテージのコニーズコテージ
チークウッドで造られたコテージは、160㎡の敷地からなり、
タイの古都アユタヤから運河を利用し移築し、その後、リフォームされています。
コニーズコテージという名の由来も大変興味深く、タイシルク王であるジム・トンプソン JIM THOMPSONと共に、
タイの伝統文化や歴史をこよなく愛し、取り分けタイ伝統家屋の保存維持に尽力した
Connie Mangskauさんに敬意を表して名付けられたそうです。
こちらの建物の以前の持ち主がジム・トンプソン JIM THOMPSONという話にも驚きを隠せません!
アンティークなプライベートプールも備わる特別なゲストのために用意された特別な一室です♪

IMG_5585

蓮の花の池を進めば、リバーサイドのプライベートピアへ。

IMG_4776

プールヴィラ・リバービュー Pool Villa Riverview

リバービューが臨める4室のみのプールヴィラ・リバービューの脇に走る小路は、
南国の草木がトンネルのように生い茂り、自然が織り成すシンメトリーな世界観を演出しています。
そして、プールヴィラ・リバービューの目の前には、
ゲストが自由に楽しめるリバーサイド・インフィニティ・プールが用意されています♪

IMG_5267

リバーサイド・インフィニティ・プール Riverside Infinity Pool

幅3.5m、長さ22mのプールでは、チャオプラヤー川を眺めながら、快適なスイミングを楽しめます♪

IMG_5269

バザーズ・バー Bathers Bar

スイミングを楽しまれる方のために用意されたバー。
ひと泳ぎした後に、シャンパーニュやカクテルをいただきながら、のんびりとサンセットを眺めるのもお勧めです♪

IMG_4775

チョン・タイレストラン Chon Thai Restaurant

ホテル内のレストランがこちらのタイ料理のみとなります。
2015年8月より「チョン・タイレストラン Chon Thai Restaurant」と
デコ・バー&ビストロ Deco Bar & Bistro」の2つのレストランを統合し、
チョン・ビストロ Chon Bistro」に生まれ変わります。

IMG_5593

プライベートピア Private Pier

こちらはホテル専用の船着場で、こちらから乗り降りが可能です。
セッティングされたテーブルセットにて、チャオプラヤー川の雄大な景色を眺めながら、
寛ぎのコーヒータイムや、夕食前のアペリティフにも最適な空間となるでしょう♪

IMG_4734

ジェネラル・マネージャー General Managerの
ジェイソン・M・フリードマン JASON M. FRIEDMAN氏にご挨拶。
ジェイソン氏は、シンガポールの「ラッフルズ・ホテル・シンガポール RAFFLES SINGAPORE」や
カンボジアの「ラッフルズ・ホテル・ル・ロイヤル Raffles Hotel Le Royal」をはじめ、
バリの「アマンダリ Amandari」、
チェンマイの「フォーシーズンズ Four Seasons Hotels and Resorts」などの
有数の5つ星ホテルにて腕を磨き、現在はこちらに尽力されています♪

owner_uppic01

ザ・サイアムでは今月の8月20日に、日本から鮨職人を招き、鮨イベントを開催されます。
鮨を握るのは、東京神楽坂の「鮨心(すしこころ)」の大場勉さん。
大場さんは、銀座の有名鮨店で20年間修行された後、神楽坂に店をオープン。
今回のイベントは6テーブル12席のみで、お任せ鮨に合わせてドリンクがペアリングとなり、
御1人様15,000THB(日本円にしておよそ55,500円)となっております。
人数が限られているため既に満席かもしれません。
ご興味ある方はお問い合わせしてみてください。

Chef Oba Omasake Sushi Dinner at The Siam
予約問い合わせ先Mail:jason@thesiamhotel.com(担当:ジェイソン)

鮨心
東京都新宿区神楽坂3-6-3-3F TEL:03-5579-8417
http://www.sushikokoro.jp/

IMG_6552

さて、お次は、プールヴィラ・リバービュー Pool Villa Riverviewの客室内の紹介です♪

ザ・サイアム THE SIAM
所在地:3/2 Thanon Khao, Vachirapayabal, Dusit, Bangkok 10300, Thailand
TEL:+66 (0)2206-6999
info@thesiamhotel.com
http://www.thesiamhotel.com/


静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

「ザ サイアム」ミュージアムのようにアンティークが揃うメーンレジデンス施設紹介 「ザ サイアム」客室にバンコク初のオープンエアのプール付きヴィラが登場!
「ザ サイアム」ミュージアムのようにアンティークが揃うメーンレジデンス施設紹介
「ザ サイアム」客室にバンコク初のオープンエアのプール付きヴィラが登場!

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます