lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

「ザ・ペニンシュラ・バンコク」全室リバービューの絶景を誇る5つ星名門ホテル

2015/02/02

IMG_5391

スワンナプーム国際空港」から39kmの場所に位置し、チャオプラヤー川に面してそびえ立つ37階の高層ホテル
The Peninsula Bangkok ザ・ペニンシュラ・バンコク」。
香港に拠点を持ち、5つ星の名門ならではの風格と品格漂うリゾートホテルで、
ホテルを独創的な「W」型に設計することにより全客室からリバービューを楽しむことができます。
今回の旅行で宿泊はこちらのサイトで予約しましたが思っていたよりもリーズナブルで驚きました♪

IMG_5397

重厚感溢れる入口、ドアマンが常に待機しサポートしてくれます。
こちらでの挨拶サワディー クラッ(プ) / カー(タイ語:สวัสดี ครับ/ค่ะ)を忘れずにしましょう。
また、タイでは感謝を表す際に、両手を合わせて「ワイ」という合掌礼をします。
挨拶代わりにも使用するため、こちらも手が空いている場合は、手を合わせて軽く会釈すると良いでしょう。
ただし、この「ワイ」は、目下の人が目上の人に対して行う挨拶なので、その逆は不自然になってしまうため注意しましょう♪

IMG_5400

ザ・ロビー

リニューアルされたザ・ロビーは、高い吹き抜けで視界を遮ることなく開放的で上質な空間を演出し、
ガラス窓一面には、チャオプラヤー川の眺めを楽しむことが可能です。
こちらでは、朝食、ランチ、カフェ、ディナーと終日利用できるオールデイダイニングとなっています♪

IMG_5402

タイの楽器:キム

タイまたはカンボジアに伝わる打弦楽器の一種、キム(英:khim、タイ語:ขิม)の生演奏で出迎えてくれます。
こちらは午後14時頃~17時45分頃までのチェックインの時間帯に合わせて演奏。
キムは、中国から入った楽器で揚琴に似ており、小さく柔らかな音が出ます。
演奏者は、竹製のバチを両手で持ち、それを使って弦を叩き優しい音を奏で風情があり、
楽園に相応しいムーディな音色です。
また、夜18時頃~22時45分頃まではこちらでピアノの生演奏が楽しめます♪

IMG_5407

フロント

フロントでまずチェックインを致します。
基本は、タイ語または英語が望ましいですが、日本語が話せるスタッフも居るので安心です♪

IMG_5406

コンシェルジュ

こちらはコンシェルジュカウンターです。
道案内やレストラン紹介、並びにガイドやホテル専用ロールスロイスやシャトルボート、トゥクトゥクの予約、
さらにタクシーの手配など、宿泊客の様々な要望に応えてくれます♪

IMG_5386

今回、わたし達夫婦がお世話になる部屋は22階フロアになります。

IMG_5388

ルームナンバー2202(デラックスルーム)

22階のルームナンバー2202
まるでわたし達の結婚記念日2月22日と知っているかのような偶然の一致ナンバーです(笑)

IMG_5369

デラックスルームは、モダンで品格溢れる落ち着いた空間には、タイシルクで仕上げられた調度品が揃い、
客室面積は43~45㎡26畳~28畳ほどの広さでベッド、ソファ、デスクが備えられていても快適な足場があります♪

IMG_5372

何よりもお勧めしたいのが、全客室リバービューを望めるこの眺望の素晴らしさです!
目の前に流れるチャオプラヤー川とその向こうに広がるバンコク市街や高層タワー♪

IMG_5370

バンコク市内を縦断するかのように流れるチャオプラヤー川
そして周辺には、「マンダリン・オリエンタル・バンコク」、「シャングリ・ラ・バンコク」、「ミレニアム・ヒルトン・バンコク」、
「ロイヤル・オーキッド・シェラトン・ホテル&タワーズ」
と数々のリゾートホテルが立ち並びます。
その中でも、ペニンシュラバンコクさんは、スタンダードでも市内随一の広さを誇り、快適なホテルライフを送れます。
現在、ホテル横の敷地にデパートを建設予定とされているようで、3年後辺りに完成予定だそうです。こちらからの夜景も楽しみです♪

IMG_5385

ソファとコーヒーテーブル

ペニンシュラ・バンコクさんでは、無線・有線高速インターネットの接続がすべて無料で使えます。
そして、全客室のコンセントのプラグ形状が、日本の電化製品対応のAタイプも設置されているので、
変換プラグを用いる必要がありません。
ただし、電圧は日本と異なりますので、女性が使用するヘアーアイロン器具などは、
電圧が変換できる海外対応のものを使いましょう♪

IMG_5383

フルーツバスケット

IMG_5382

ペニンシュラ・バンコクオリジナルミネラルウォーター&オリジナルティー

IMG_5374

大理石のバスルーム・シャワーブース・トイレ

贅沢な大理石を用いたバスルームは、フラットに足を伸ばせるほどの広さで、
テレビとラジオを見ながらゆったりと入浴を楽しめます。
ハンズフリーの電話や緊急呼出ボタンなどもあり、ご年配の方にも安心です。
ライトアップ機能付きの洗面台においては左右に2箇所設置してあり、2人で洗面台の取り合いをしなくてすみます(笑)
シャワーブースとトイレも広々と独立型なため、快適に過ごせます。
バンコク滞在中はこちらのお部屋にお世話になります♪

The Peninsula Bangkok ザ・ペニンシュラ・バンコク
http://bangkok.peninsula.com/

The Peninsula Bangkok Khlong Ton Sai Bangkok Thailand

ペニンシュラバンコクに泊まってみたいという方に朗報です!
ladeを閲覧していただいている方にリーズナブルな宿泊をご提案いたします。

詳しくはこちらのサイトをご覧下さい!


IMG_6381

タイ・バンコク旅行特設ページ

バンコク旅行の全ての記事はこちらからご覧いただけます!
http://lade.jp/thailand/


静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

バンコクの空の玄関口「スワンナプーム国際空港」より宿泊ホテルまでの道のり 袋井の自家焙煎珈琲豆屋「まめやかふぇ」2月の新作豆「ニューギニアピーベリー」
バンコクの空の玄関口「スワンナプーム国際空港」より宿泊ホテルまでの道のり
袋井の自家焙煎珈琲豆屋「まめやかふぇ」2月の新作豆「ニューギニアピーベリー」

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます