lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

「The LALU 涵碧樓」日月潭の歴史が刻まれた涵碧樓記念館を見学

2016/09/04

IMG_6312

日月潭の湖畔に佇む「The LALU(ザ・ラルー)涵碧樓」には
涵碧樓記念館」が隣接されており、「涵碧樓」の歴史が刻まれています♪

IMG_6314

日本語が話せるフロントスタッフの黃文見(Vincent Huang)に案内していただきます!(謝謝!)
エントランスの石壁には、「涵碧樓記念館」を訪れた著名人たちの手形を象られており、
様々な著名人がこの「涵碧樓」を訪れた足跡を残しています♪

IMG_6323

館内には靴を脱いで上がります。
入口には元総統である蒋介石のモノクロ写真が飾られており、
広々とした空間にゆったりと写真が展示されています♪

IMG_6321

蒋介石が当時使用されていた家具などが配置された部屋もあり、
日月潭をこよなく愛した蒋介石元総統の歴史が伺えます♪

IMG_6328

記念館の入口右手には、
休憩所も備わりますのでゆっくりと楽しむと良いでしょう♪

IMG_6329

数々の著名人が「涵碧樓」を訪れています。

IMG_6332

涵碧樓」は、日本人が日月潭の水力発電所を開発していた日本統治時代に、
日本人の伊藤氏が休養所を造るため、1916年(大正5年)に現在のラルー半島に小屋を建てたのが始まりです。
原住民のサオ族(邵族)の居住地域であるということと、水力発電所の建設で注目が集まり、
日本統治時代には観光名所として知られ、
涵碧樓」は日本人高官に好まれる保養所として利用されていました。
台湾が中華民国となると「涵碧樓」は、
日月潭をこよなく愛した蒋介石元総統の避暑用の別荘として活用され、
その後、郷林集団の代表取締役である賴正鎰が権利を取得し、
およそ5年の月日をかけて改修をし、2002年3月に
The LALU(ザ・ラルー)涵碧樓」として待望のオープンを果たしています。

IMG_6333

まだ「Lalu Island(ラルー島)拉魯島」に原住民のサオ族(邵族)が住んでいた頃の様子。

IMG_6335

原住民のサオ族(邵族)が杵を持つ様子。
杵をつく行為は、サオ族(邵族)の文化の特色の1つであり、
臼と杵で奏でる歌舞は現在でも日月潭の名物となっています♪

IMG_6336

涵碧樓」を訪れた著名人との軌跡。
日本から皇太子が来訪された1923年には、「涵碧樓」の建て直しを図りました。

IMG_6339

この地域は、1999年9月21日の「921集集大地震」により多大な被害に見舞われてしまいましたが、
国立公園に指定され復興予算が投じられ復興を果たしています。
涵碧樓記念館」は、日月潭に佇む
The LALU(ザ・ラルー)涵碧樓」の歴史が学べる記念館となっているため、
是非とも足を運んでいただきたいと思います♪

The LALU(ザ・ラルー)涵碧樓
所在地:南投縣魚池郷水社村中興路142號
TEL: 049-285-5311
http://www.thelalu.com.tw/


静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

「The LALU 涵碧樓」日月潭を眺めながらコンチネンタルスタイルのブッフェ朝食 日月潭の遊覧船に乗船し湖面から壮大な景色を楽しみクルージング!
「The LALU 涵碧樓」日月潭を眺めながらコンチネンタルスタイルのブッフェ朝食
日月潭の遊覧船に乗船し湖面から壮大な景色を楽しみクルージング!

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます