lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

台湾最南端「墾丁森林遊楽区」海、山、森と大自然に恵まれた国家公園を散策!

2016/05/21

IMG_8685

自然との共存」をテーマに掲げ、「JAHAA(頡合設計)」がデザイン設計を手掛け、
大自然に馴染みやすいデザインを生み出している
墾丁のリゾートホテル「Gloria Manor(グロリアマナー)華泰瑞苑」は、
全域が熱帯気候に属す広大な敷地を誇る「墾丁国家森林遊楽区」内にあります。
ホテルのオプショナルツアーのアクティビティには、季節毎に様々なコースが用意されているため、
春うららかな3月下旬に楽しめる「墾丁国家公園(Kenting National Park)」の散策コースを楽しみたいと思います。
ホテルから公園の入口までは、シャトルバスの送迎付きとなり、
入口のチケットセンターへ到着しました♪

IMG_8688

国立公園の入場料は平日の一般料金で100TWD(日本円:約360円)となりますが、
グロリアマナーの優待券を利用すると割引があり、75TWD(日本円:約270円)になるため大変お得です♪

入場料(一般料金とグロリアマナー優待)
平日:一般100TWD(日本円:約360円)→グロリアマナー75TWD(日本円:約270円)

週末:一般150TWD(日本円:約540円)→グロリアマナー100TWD(日本円:約360円)

IMG_8689

墾丁森林遊楽区」の入口はこちらです!
園内のマップを頼りに、各ポイントを回り、およそ2時間程度の散策となります♪

IMG_8691

「墾丁森林遊楽区」園内マップ

墾丁国家森林遊楽区は、台湾最南隅である恒春半島の中央に位置しており、
海抜は海水面から300mとなり、面積は150ヘクタールを誇ります。
熱帯気候に属しており、年間平均温度はあまり変化が見られません。
園内は森林浴ができる歩道が続き、9ヶ所の見所ポイントがあり、
サクサクとコースを周れば所要時間は80分程度、ゆったりと周っても2時間程度となるでしょう♪

IMG_8696

この日はグロリアマナーのDirectorである鍾君采(James Chung)が、
休日を利用して案内してくださいました!(謝謝!James!)
墾丁は熱帯季風林に属するので、熱帯雨林植物の特徴が観られます♪

IMG_8698

代表的な植物は高位珊瑚礁をはじめとし、
黄心柿( リュウキュウガキ)、ケガキ、カジュマル、アカギ等があり、
他にも、テリハボク、タイワンフクギ、アイボリーウッド、
蓮葉桐(ハスノハギリ)、欖仁(モモタマナ)等も存在しています♪

IMG_8701

熱帯性常緑高木である「大王椰子樹(ダイオウヤシ)」は、
幹は太くどっしり直立して伸びるため、「ヤシの王様」という意味合いでその名を持ち、
英名でも同義で「Royal palm(ロイヤルパーム)」と呼ばれています。
幹は樹高の中央部が最も太くなり、先端部に大きな羽状複葉の葉を茂らせ、
建築材として用いられたり、公園樹や街路樹として利用されています♪

IMG_8704

ポイント①のエリアは、全長250mも続く「福木大道(Common Garcinia)」です。
福木とは、オトギリソウ科の常緑高木で、
葉は楕円形で厚く、艶があり、白い花を付け、実は黄色に熟します♪

IMG_8714

ポイント②のエリアは、「白榕区(Weeping Fig)」です。
このエリアは、台湾で2012年に放映された
少年PI的奇幻漂流(Life of Pi)ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」という
映画のロケーション場所と同じ木であるため、場所こそ違えど、話題性があり人気です♪

IMG_8719

白榕(Weeping Fig)」は、学名を「Ficus benjamina(フィカスベンジャミナ)」といい、
ベンジャミン」、「ベンジャミンゴムの木」などとも呼ばれ、
定番の観葉植物として広く知られています♪

IMG_8732

ポイント③のエリアは、「銀葉板根(Heritiera littoralis Dryand)サキシマスオウノキの板根」です。
樹齢およそ400年を誇る巨大な「銀葉板根(Heritiera littoralis Dryand)サキシマスオウノキの板根」は、
まるでタコの足のように伸びており、とても美しい姿で迫力があります!
立入禁止の札が立つようになったのは、落書きをする観光客を防ぐためと聞きました。
くれぐれもそのような行為は止めていただきたいものです!
サキシマスオウノキの板根は、アオイ科の常緑高木で、熱帯樹特有の現象として、
底部から放射状に板根を張り、幹を有効に支え、高温多湿の気候に適応しています。
樹齢がかさむほど板根現象が顕著になり、
サキシマスオウノキの葉は表が緑色をし、裏側が銀色をしているため、
陽光を浴びると銀色に輝いて、美しさを放ちます♪

IMG_8756

ポイント④のエリアは、「失落的行館(Lost Summer House)」です。
こちらは、元中華民国総統である「蒋介石」の別荘であった場所となります。
寂れたその建物内には、鳥や虫たちの隠れ家となっておりました♪

IMG_8766

ポイント④を過ぎると石階段が続きます!

IMG_8767

毒蛇、毒蜂、蜈蚣(ムカデ)の看板があるため、注意して進みましょう!

IMG_8779

足元ばかりを気にして階段を上り続けていましたが、
ふと後ろを振り向くと、生い茂る木々に囲まれた森林のマイナスイオンに心癒されます♪

IMG_8794

石階段の足元には、時折、生息している鳥や動物のサインが観られます。
こちらは、「翠鳥(Alcedo atthis)カワセミ」。
鮮やかな水色の体色と長いくちばしが特徴で、体長は雀ほどの大きさ。
翡翠、青い宝石、古くはソニドリ(翠鳥)と呼ばれています♪

IMG_8777

「樹蛙(Hyla chinensis)
アマガエル」

IMG_8780

「穿山甲(Manis pentadactyla
センザンコウ)」

IMG_8781

「灰面鵟鹰(Butastur indicus)
サシバ」

IMG_8771

階段を登ると、ポイント⑤となる「望海台(Sea-Viewing Platform)」に辿り着きます!
曇り空でなければ、壮大な海と山が一望できるスポットで、
椅子が設置されているため、小休憩に最適な場所となります♪

IMG_8798

緩やかな石階段が続き、良い運動です!

IMG_8808

入口と書かれた立て札のあるポイント⑥は、「仙洞(Fairy Cave)」です!

IMG_8813

狭く急な石階段となるため、手すりに掴まり、気を付けて先に進みましょう。
洞窟の中はライトアップされているため心配には及びません♪

IMG_8823

仙洞は全長127mとなり、台湾で最も長い隆起珊瑚礁岩が観られます。
侵食作用を受けた自然の造形。
壁面には「微笑老人」、「南極仙翁」、「鍾乳瀑布」と名付けられた形を楽しむことができます♪

IMG_8822

不思議な玉状のつららを成す鍾乳石は、その蓮の様な形から、
寶蓮燈(The Lotus lamp)」と名付けられています♪

IMG_8838

大きな耳の形をしているため「佛耳岩(Buddha’s Ear)」と名付けられています。
人間の耳と比べるとその大きさが一目瞭然ですね!
仙洞内は、少し涼しく、クールダウンに最適な場所となりました♪

IMG_8854

ポイント⑦の「觀海樓(Viewing Tower)観海楼」が見えて来ました!

IMG_8857

觀海樓(Viewing Tower)観海楼」とは、360℃の景色が楽しめる展望台であり、
毎年9月から10月にかけて、ハイタカやサシバの鑑賞スポットとして最高の場所になります♪

IMG_8865

高さ27m、直径18mで6階建ての「觀海樓(Viewing Tower)観海楼」からの景色は絶景です!

IMG_8867

この日は、雲で覆われてしまっていましたが、
晴天時には、台湾本島最南端の岬である鵝鑾鼻(ガランビ)や
太平洋やバシー海峡、台湾海峡など全体像を見渡すことができ爽快です♪

IMG_8859

展望台には売店があり、軽食やデザート、ドリンクなどが販売されています。
鍾君采(James Chung)から「ソフトクリーム」をお勧めされたため、こちらで休憩と参りましょう♪

IMG_8883

「霜淇淋(ソフトクリーム)」25TWD(日本円:約90円)

台湾ソフトクリームは、「バニラとチョコのミックス」をオーダーしました!
ソフトクリームが90円ってお安いですね♪

IMG_8885

散策で消費したカロリーをいとも簡単に摂取しておりますが、
やはり頑張ったご褒美は必要でしょう(笑)
台湾のソフトクリームはとても滑らかで、あっさりとした味わいのミルクチョコソフトクリーム。
墾丁は海が有名ですが、山や森林にも恵まれており、大自然に漲るパワーをたくさん頂くことができました♪

Gloria Manor(グロリアマナー)華泰瑞苑
屏東県恆春鎮公園路101号
TEL:+886 8 886 3666
https://www.gloriamanor.com/

墾丁国家公園(Kenting National Park
http://www.ktnp.gov.tw/


静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

「グロリアマナー」テラスでいただく「MUラウンジ」の朝食とBMWの電気自動車! 墾丁「グロリアマナー」大自然に恵まれた環境で心休まるひとときを過ごしチェックアウト
「グロリアマナー」テラスでいただく「MUラウンジ」の朝食とBMWの電気自動車!
墾丁「グロリアマナー」大自然に恵まれた環境で心休まるひとときを過ごしチェックアウト

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます