lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

「パレ・デ・シン」エグゼクティブフロアと一般フロアで異なる細やかなディティール!

2016/05/03

IMG_5577

台北駅と直結しており、大型ショッピングモール「Q square(キュースクエア)京站時尚廣場」に併設される
デザイナーズホテル「Palais de Chine Hotel(パレデシン)君品酒店」の客室は、
シングルルーム97室、ツインルーム175室、スイートルーム12室、
プレジデンシャルスイート並びにバイスプレジデンシャルスイートを各1室ずつ設け、
全室286室の快適な客室を用意されており、
一般フロアを7階~12階に配し、エグゼクティブフロアを14階~16階に設けています。
エグゼクティブフロアには、落ち着き溢れるダーク系の色調の重厚感溢れる厚手の布地に、
木をふんだんに使用され、ラグジュアリー感に包まれた空間です。
さらに、エグゼクティブフロアに宿泊されるゲストは、
嬉しい特典として17階に位置するVIPラウンジの「Le Salon(ル・サロン)」を自由に利用できます♪

IMG_5579

こちらは15階のエグゼクティブフロアにあたる1520号室「Executive Deluxe(エグゼクティブデラックス)」とです。
今回お邪魔した時期は例年通りならば閑散期とのことですが、予想外の賑わいを見せているようで、
ほぼ空室のない状態とのことで、「Suite(スイート)」などのハイグレードな客室の見学ができませんでした。
エグゼクティブフロアと一般フロアの違いやスタンダードなタイプの客室を御紹介します♪

IMG_5592

「Executive Deluxe(エグゼクティブデラックス)」

広さ37㎡の「Executive Deluxe(エグゼクティブデラックス)」は、
クラシックモダンなデザインを施されたお部屋で、落ち着き溢れる空間を提供しています。
わたし達がお世話になっているお部屋と同室で、造りが反転している違いのみとなります。
独自に開発された「eバトラー」システムでは、リモコン1つでエアコンや照明調整などが可能となり、
最新の音響、映像システムが整い、機能性と豪華さを併せ持った空間で快適ステイ!
マットレスは、英国主室御用達の名誉を授かっている「Slumberland(スランバーランド)」を使用しており、
一般フロアとエグゼクティブフロアではマットレスのグレードを分けられております。
その他にも、一般フロアとエグゼクティブフロアでは、デザインに大差はないものの、
テレビ、スピーカーのメーカーや性能に違いがあり、室内の細やかなディティールに違いが見られます。
アンティーク調の家具を配されているため、ゆったりとした時間が過ごせます♪

IMG_5576

一般フロアは、カーキ系の色調とファブリックを多用されており、ライトな仕上がりです♪

IMG_5544

こちらは一般フロアにあたる7階707号室「Superior(スーペリア)」です♪

IMG_5553

「Superior(スーペリア)」

一般フロアの「Superior(スーペリア)」とエグゼクティブフロアの「Executive Superior(エグゼクティブスーペリア)」は、
広さは30㎡と同じ広さとなり、デザインに大差はないものの、
マットレスのグレードやテレビ、スピーカーのメーカーや性能に違いがあり、
設置されている家具など、室内の細やかなディティールに違いが見られます。
こちらはシングルベッドのツインルームとなります♪

IMG_5551

スペースの関係で、やはりバスルームの造りは異なります。
一般フロアもエグゼクティブフロアも「Superior(スーペリア)」こ関しては、
バスタブとシャワーが一体化しているデザインとなります。
独立型のウォシュレット付きのトイレは全室完備されています♪

IMG_5562

ホテルツアーはMarcom Managerの王筱瑩(Zara Wang)
VIP Services Asst.Mgr.の嚴嵐(Lydia Yen)にお願いしています。

開放感に溢れ利便性の高い空間使いは、建築デザイナーである陳瑞憲(Ray Chen)の得意分野で、
こちらのワークデスクも洗面台との境を鏡一枚で隔てることにより、
壁による圧迫感を無くし奥行きが感じられます。
こちらの鏡は半回転型で、サイドに設けられたスイッチでミラー上に小さな円形ライトを灯すことができ、
女性はメイクをする際にとても便利です♪

IMG_5568

デスクの引き出しには、ステーショナリーグッズも揃い、
館内において全て無料のWi-Fiが設けられているため、ビジネスにも有効です。
トイレの背面鏡は扉になっており、
開放するとリビングルームと繋がっているというユニークなデザインが施されています!
恥ずかしがり屋には少し抵抗があるかもしれないデザインですが、そこはご愛嬌(笑)
便利なことに、後ろに繋がるワークデスクにコンセントも用意されているため、
携帯の充電をしながら用を足すことが可能です。
または、開放することでテレビを見ながらというのも無理ではないような(?)
何とも解放的なスタイルだと思います♪

IMG_5565

一般フロアは部屋毎の画も違い、ホテル館内のモノクロ写真を飾られています。
どこの場所を撮影してあるのか探す旅に出て、同じように撮影を楽しんでみてはいかがでしょうか?
ホテルツアーでは、客室毎の細やかなディティールの違いを見つけることができ、
間違い探しのようで楽しいですね!
さて、お次は6階レストラン「La Rotisserie(ラ・ロティスリー)雲軒西餐廳」の
ロブスターやタラバ蟹食べ放題の平日限定イベントの紹介です♪

Palais de Chine Hotel(パレデシン)君品酒店
所在地:台北市承德路一段3號
TEL:+8862-2181-9999
http://www.palaisdechinehotel.com/ja-jp/

台北市承德路一段3號

静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

「パレ・デ・シン」芸術的な美空間に最新設備を投じた機能的な施設紹介! 「パレ・デ・シン」の「ラ・ロティスリー」平日限定ロブスターとタラバ蟹祭りを開催!
「パレ・デ・シン」芸術的な美空間に最新設備を投じた機能的な施設紹介!
「パレ・デ・シン」の「ラ・ロティスリー」平日限定ロブスターとタラバ蟹祭りを開催!

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます