lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

「ゴータマ・ブッダ空港」からブッダ生誕の地ルンビニに向けて出発!

2017/10/13

仏教の開祖となるブッダ(Buddha)の生誕地とされるルンビニ(Lumbini)の「ゴータマ・ブッダ空港(Gautam Buddha Airport)またの名をバイラワ空港(Bhairahawa Airport)」へ、およそ40分ほどのフライトにて無事に到着しました!こちらには現在「国際空港」を建設中となり、完成は2020年を予定しています!

空港のあるバイラワ(Bhairahawa)の正式な地域名は、シッダールタナガル(Siddharthnagar)といい、夏時期の通常気温は40℃を超えるほどの猛暑だと伺っていますが、前夜の激しい雷雨のおかげで気温は30℃まで落ち込み、想像していたよりかは過ごしやすい気候となります!

とても小さな空港となるため、ランプバスも必要ない程度の距離となり、機体を降りたら徒歩になります!

機内持ち込みが不可能なメイク道具やヘアースプレーなどの全員分の荷物を1つにまとめて預けた荷物は、こちらで引換券と交換で受け取りましょう!

空港の入口では、予約してあった2台のツーリストバスが待機してくれていたため、二手に分かれて乗車!

シッダールタナガル(Siddharthnagar)は、明らかに首都のカトマンドゥや古都パタンの街並みとは観る風景が異なり、長閑な空気が流れています!走行車やバイクも少ないため、心なしか空気も綺麗で過ごしやすさを感じます♪

緑豊かな風景には、放牧されている牛の姿や山羊の姿が多く見られ、ゆったりとした時間を感じることができるでしょう♪

車を走らせていると、所々に「English School」と書かれた学校が点在しており、小学生~中学生ぐらいの子供たちの様子が伺えました!

空港より、ひたすら1本道のタウリハワ・ロード(Taulihawa Road)を20分ほど進み、ティナウ川(Tinau River)にかかる橋を渡ります!公道はとても狭く自転車道なんて無いため、自転車で走る人々に車が来てることを知らせるために大きなクラクションを何度も鳴らします!横スレスレを通り抜けるドライバーテクニックは大したものですが、こうした交通事情も日本人にはヒヤヒヤものです(苦笑)

タウリハワ・ロード(Taulihawa Road)からビッシュナプーラ・ロード(Vishnupura Road)に入り、一路はルンビニ(Lumbini)でお世話になるホテルに向かいます!

辺りは一面、緑覆う田園風景が続き、風に揺れるススキや稲の様子が心地良い時間を感じさせてくれるとても良い街です♪


静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

「トリブヴァン国際空港」からブッダ航空にて「ゴータマ・ブッダ空港」へ 聖地とされるルンビニガーデンに隣接するホテル「Hotel Ananda Inn」へ
「トリブヴァン国際空港」からブッダ航空にて「ゴータマ・ブッダ空港」へ
聖地とされるルンビニガーデンに隣接するホテル「Hotel Ananda Inn」へ

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます