lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

水の都ヴェネツィアで有名なバーカロ「トラットリア アッラ ヴェドヴァ」で昼飲みランチ

2013/12/20

_RIO1609

地元ヴェネツィアで愛されるバーカロ(居酒屋)の繁盛店「TATTORIA CA’ D’ORO Alla Vedova トラットリア アッラ ヴェドヴァ」さんは、1981年から続くトラットリア。お店の正式名は「トラットリア カ ドーロ」といいヴァポレットの停留所「カ ドーロ」から歩いて2分という好立地にあります。現オーナーであるロレンツォさんの母親が夫の跡を継ぎ1人で切り盛りしていたことから「アッラ・ヴェドヴァ(未亡人の店)」の通称で親しまれてきました。今回は、ヴェネツィアでのフリータイムにこちらのバーカロで昼飲みランチをしたいと思います♪

_RIO1612

バーカロ(居酒屋)とは、基本おつまみのcicchetti チケッティを摘まみながらワインの立ち飲みを楽しむお店のことですが、こちらお店には立ち飲み用のカウンター席とテーブル席があります。立ち飲み気分も味わってみたかったのですが、今回は足の疲れを考慮してテーブル席でいただきます。カウンター席横には、チケッティがたくさん並びどれも本当に美味しそう♪

_RIO1610

ディナータイムは予約しなければ入店できない人気店のようですが、ランチタイムはタイミングさえ良ければ入店可能です。この日も店前に人混みがあったので店内に入りスタッフさんに入れるか確認したところ、30分ほど待てば大丈夫と言われたので入口で待たせてもらうことにしました。勿論、イタリア語もしくは英語で話されるので片言とはいえヒアリングするのに大変です(笑)店内を見渡せば、平日の昼のランチタイムからワイングラスを傾けて食事を楽しんでいる人が本当に多く、日本ではあまり見られない光景が広がります。雰囲気も温かみがある店内で、混み合っているとはいえ程好いテーブルの距離間隔で居心地が良さそうです♪

_RIO1613

店内は壁面に掛けられた絵や写真、ワインボトルなどが飾られ、天井から垂れ下がる多数の銅鍋が目を惹きます。テーブルと椅子はシンプルな木製で温かみがあり、テーブルクロスではなく、食堂風に紙のクロスをセッティングされるため、バーカロやトラットリアならではの気軽さがこんなところにありますね♪

_RIO1615

メニューはもちろんイタリア語。慌ただしいスタッフさんからは注文を聞きに来てくれないので、近くを通った時に思い切って呼びかけましょう。スタッフさんも忙しそうでお世辞にもとても丁寧とは言い難い応対ですが、単語を拾いながら笑顔を忘れることなく何とか無事にオーダーすることができました。オーダーしたとおりの物が出てくれば御の字です(笑)

_RIO1617

「Vino Bianco(白ワイン)」500ml €5(日本円でおよそ700円ほど)※席料が1名€1.5(日本円でおよそ210円ほど)

安ワインでもすっきりと水のように飲みやすく美味しいです♪

_RIO1616

「パン」 オリーブオイルやソースに付けていただくためか、イタリアではどこのパンも硬めです。

_RIO1622

昼飲みのワイン、しかも海外でのランチタイムとくれば、聞こえる会話はイタリア語や英語が飛び交い、スタッフさんはスラリと背の高いイケメンが多く、その贅沢さについ顔の筋肉が緩みっぱなしです(笑)

_RIO1621

「Piatto misto di pesce(魚介の前菜盛り合わせ)」小€9(日本円でおよそ1,260円)

ヴェネツィアといえば、アドリア海で漁れる新鮮な海の幸の料理がお勧め。魚、蛸、イカ、海老などその日お勧めの魚介の盛り合わせ、どれも白ワインのお供に最適です♪

_RIO1626

「Bigoli in Salsa ビーゴリ イン サルサ」€10(日本円でおよそ1,400円)

ヴェネツィアの名物パスタ。ビーゴリは少し太めのスパゲティでしっかりとしたコシがあり、玉葱とアンチョビのソースを絡めた1品です。日本人には少々塩気の濃さとオイルの強さを感じる人も少なくはないと思いますが、これぞイタリア!って感じのパスタでお酒の当てには良い感じです♪

_RIO1624

本当にタイミングが良かったのか、わたし達夫婦が席に着いてから、ものの数分で入口付近にはかなりの人の列が出来ていました。ネットで検索する方も多いようで日本人の姿もちらほら見掛けます。次回はカウンターでの立ち飲みも是非経験してみたいですね♪

_RIO1605

この路地の奥がお店ですが、この時は丁度工事中で目に付きやすく良い目印になりました。水上バス(ヴァポレット)の停留所「Ca’ D’Oro カ ドーロ」で降り、そのままStrada Nova ストラーダ ノヴァを渡った小道の奥に存在します。もし迷子になってしまったら、ヴェネツィアで有名なお店の1つなので地元の人に「Dove Alla Vedova? ドーヴェ アッラ ヴェドヴァ?」と勇気を出して声掛けしてみるのも良いかもしれません。さて、お次はヴェネツィアが海運国として栄えた13世紀大運河に架けられた大理石の橋を紹介します♪

TATTORIA CA’ D’ORO Alla Vedova トラットリア アッラ・ヴェドヴァ
住所:Calle del Pistor, Cannaregio 3912, Venezia Italy TEL:+39 041 5285324
営業時間:11:30~14:30、18:30~22:30 定休日:木曜日、日曜日のランチ

Calle del Pistor, Cannaregio 3912, Venezia Italy

静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

リーズナブルで大賑わいの「Confiture コンフィチュール」のランチは大満足 一足お先に親友を招いて我が家でクリスマスパーティ
リーズナブルで大賑わいの「Confiture コンフィチュール」のランチは大満足
一足お先に親友を招いて我が家でクリスマスパーティ

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます