lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

「温州大餛飩」出来たての手作りワンタンとスープが美味しい台湾ローカルフード

2015/03/27

IMG_0448

台湾の至るところで見掛ける看板のワンタン専門店「温州大餛飩(ウェンジョウダーフントゥン)」さん。現地の方々が好んで食べるローカルフードですが、非常にあっさりとした味わいのスープと出来たてのワンタンがリーズナブルにいただけ、ちょっと小腹が空いた時などにお勧めのお店です。日本語で”ワンタン””雲呑”と書きますが、中国語では、”餛飩”(フントゥン)と記し、日本でいううどんの漢字。店内が現地の方々で賑わっている様子と、店先でワンタンを包むお姉さんの見事な手さばきの誘惑に負けて入店することにしました♪

IMG_0450

店内は、清潔感があり、2人掛けのテーブル4席とファミリー用などの大きなテーブルが1席。ラーメン店のように回転が早いです♪

IMG_0456

店先で手早くワンタンを包むスタッフのお姉さんたちの様子。
未調理ワンタンを持ち帰ることも可能です♪

IMG_0451

メニューは、日本語メニューもあり助かります。
小菜の種類もたくさんあり、NT$25(日本円にしておよそ98円)
ワンタン麺もNT$50~90(日本円にしておよそ195円~350円)ととってもリーズナブルです♪

IMG_0453

「温州大餛飩湯」NT$55(日本円にしておよそ215円)
台湾の食感の無さ過ぎる麺に懲りていたので、麺なしのワンタンスープをオーダーしました!
磯海苔と錦糸卵、そして葱が乗り、良い匂い。見た目と香りで美味しいであろうと判断できます。
プリプリの肉厚なワンタンがとろとろ食感で楽しめ、とてもあっさりとした味わいのスープは、胃に染み渡る優しさで美味!

IMG_0454

「麻醤紅油炒手」NT$55(日本円にしておよそ215円)
麻醤は胡麻ダレ、紅油はピリ辛でラー油のようなもの、炒手は四川風ワンタンを意味します。
胡麻の風味とピリ辛のタレを大きなワンタンに絡ませていただきます!
スープではないのでタレは少し濃い味ですけど、ジューシィーな豚の旨味が広がるワンタンはとても美味しいです♪
麺はいただいておらず、レポートできませんのであしからず(笑)
ワンタンとスープに関しては、あっさりとしていて美味しく、日本人も好む味わいだと思います♪

台北旅行記の特設ページはこちらをクリック!
中山周辺の情報も満載です!

パソコン用 http://lade.jp/taiwan/
スマートフォン用 http://lade.jp/category/diary/travel-diary/taiwan/

温州大餛飩
住所:台灣台北市中山區南京東路一段58號 TEL:02-2561-5753
日本語メニュー有

台灣台北市中山區南京東路一段58號

静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

「マンダリン オリエンタル 台北」お世話になったホスピタリティ溢れる素晴らしきスタッフ 「マンダリン オリエンタル 台北」ホスピタリティ溢れる素晴らしき5つ星ホテル宿泊記
「マンダリン オリエンタル 台北」お世話になったホスピタリティ溢れる素晴らしきスタッフ
「マンダリン オリエンタル 台北」ホスピタリティ溢れる素晴らしき5つ星ホテル宿泊記

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます