格安オススメ!テリーハッピーツアー!③神秘の森に囲まれた温泉郷「烏來」

日本語が話せる陳韋良(Terry)さんがガイドするテリーハッピーツアー最後の観光地は、 神秘の森に囲まれた翡翠色の温泉郷「烏來老街(Urai)ウーライ」へ!ノスタルジックな「三峽老街 SanXia ‘s streets of old サンシャー」から車で40分程かけて新北市にある山道を登り、緑豊かな自然に囲まれた山間部の温泉郷「烏來(Urai)ウーライ」に到着!

こちらは、古くから美人で知られる原住民族タイヤル族の居住地でもあり、原住民の独特な文化や伝統料理に触れ合うことも可能です!

烏來を流れる南勢渓は、温泉の鉱物によって翡翠色に輝き、その美しさが観光客の心を虜にしていると聞きます。

しかし、ここの所、降水量の少なさから南勢渓の水量が少なく、橋の上からの景色が以前とは違って見えたのは残念でした。

橋を渡ると烏來街のメインストリートとなり、道の両側におみやげや飲食店が並びます。薬用酒、山菜、川えび、タピオカ、アワ酒、アワ餅、竹筒飯、原住民音楽のCDや服など、台北市内の夜市では見かけないような商店が並び、温泉旅館もあります。

烏來街に入ってすぐに「烏來泰雅民族博物館」。台湾原住民について学べるこちらの施設は入場無料です!3階建てのタイヤル族博物館では、歴史、伝統文化、生活風習、宗教信仰、祭典行事など、タイヤル族の風習や文化を学ぶことができます!

丁度、お昼時を過ぎたこともあり、「烏來泰雅民族博物館」前のレストラン「烏來小吃店」でランチを致しましょう!

レストランの店頭には、山で採れた新鮮な山菜が並び、鮮やかなグリーンは見るからに食欲をそそります!

店頭に並ぶ食材を使ってお店の方が鉄板焼きでダイナミックに料理を仕上げていきます。

まずはみんなでタイヤル族の伝統料理「竹筒飯」からいただきましょう!

「竹筒飯」70TWD(日本円:約260円)
タイヤル族の伝統料理の1つでもある「竹筒飯」は、竹筒にもち米を忍ばせ蒸し上げた混ぜご飯。もち米の他にも粟や豆も入っており、とてもヘルシーな料理で、もっちりと優しい味わい!

「炸渓魚(小份)」100TWD(日本円:約370円)
川で捕れた新鮮な小魚のカリカリフライ!頭から丸ごと食べれてとっても美味しい!

「炸渓蝦(小份)」100TWD(日本円:約370円)
同じく川で捕れた新鮮な蝦の素揚げ!頭も髭もカリカリで中はプリッとした食感!香ばしさが堪らない!

「福山土鷄(前段1/4)」200TWD(日本円:約740円)
山地にある農園でトウモロコシを食べさせ放し飼いでのびのびと育成されており、弾力感溢れるしっかりとした肉質。香菜と一緒にニンニク醤油に付けて頂くと、風味豊かでとってもジューシィー!

「空芯菜(小份)」80TWD(日本円:約300円)
日本でもよく見掛ける茎の部分が空洞となっている空芯菜のガーリック炒め。シャキシャキとした火入れ具合と味付けが絶妙!

「炒山蘇(小份)」150TWD(日本円:約555円)
台湾の山菜の中でもわたし達が一番大好きな食感を誇るのが山蘇!先っぽがクルクルと丸かっているので他の山菜よりも見分けやすく、何よりもえぐ味や癖が少なく、コリコリ食感が最高です!玉葱や人参、ニンニクと一緒にあっさりと塩味で炒めてあります!

「炒麵」40TWD(日本円:約150円)
具沢山の台湾焼きぞば。台湾の麵は柔らかめで提供するお店が多いです!

「香菇湯(大份)」150TWD(日本円:約560円)
旬の筍やきのこがたっぷりと入ったとろみのあるスープはとっても美味しく、身体が温まります!台湾ではポピュラーなオレンジ色の歯応えのある食用花「金針花」入り!開花すると百合のように美しい姿のこの花には、たんぱく質と鉄分が多く含まれており、精神安定の効果もあるとのこと!

陳韋良(Terry)さんと龔兆文(Kon)さんと4人で楽しくシェアしながら8種類の料理を完食し、お腹が一杯です!レストランでは「大份 or 小份」とサイズが選べるのが嬉しいですね!

ランチの後は烏來街を歩き「泰雅媳婦名產店」にて、タイヤル族が粟から作る「小米酒」や「梅酒」をいろいろ試飲させていただき、日本の友人へのお土産物に頂きます!

瓶製品のため重量のある土産物になってしまいましたが、「この地ならではの土産物が欲しい」と迷っていると、優しくジェントルマンな龔兆文(Kon)さんは「僕が持つから大丈夫!」と最後まで荷物を手提げしてくれました!謝謝、龔兆文(Kon)さん!

お買い物を楽しんでいる途中に、衝撃的なライオンカット!?を施したワンちゃんに出会いました!Σ(゚□゚;ノ)ノエー!!
何処と無く、青森のブサかわ犬「わさお」くんに似ている気が致します(笑)

2015年9月に巻き起こった台風で壊滅的な被害を被った烏來ですが、2017年には諸々の改修工事が進み、現在は「烏來台車(ウーライトロッコ)」も再開しています!

烏來街を抜けて橋を渡るとトロッコ乗り場へ続く階段が見えてきます!

階段をのぼるとトロッコの乗り場です![運行時間:8:00~17:00、乗車料金:50TWD(日本円:約185円)]

こちらのトロッコは、入口から「烏來台車瀑布站」までのおよそ2.5kmの距離をちょっとしたジェットコースターのように風を切りながら森の中をガタゴトと進み、5分間のアトラクションを楽しませてくれます!

最後に小さなトンネルを抜ければ、ゴール地点の「台車爆布站」へ到着!

トロッコの運転手を務めてくださったのは、原住民の陳明忠さんで、陳韋良(Terry)さん曰く、彼らは原住民の血を引くため「彫りが深く眼力があり、鼻が高く顔立ちがハッキリとしており、男性はイケメンが多く、女性は美人が多い!」とのことで、テリーさんは羨ましそうに語ってくれました!(笑)

入館料無料の「台車清遊-烏來林業生活館」にて烏來の林業についてお勉強!

昔、人力で運行していたトロッコの様子などを当時の写真と共に知ることができます!

烏來を見守る聖なる滝「烏來瀑布」は、落差82mと台湾最大級の滝となり、原住民タイヤル族の聖地でもあります!


流れ落ちる様子が白い糸のように見えることから「白糸の滝」とも呼ばれているそうです!

「烏來爆布」周辺にある原住民の「酋長之家」の1階では「酋長之店」が開かれており、大音量でカラオケを楽しむ村人達の様子が伺えました!こちらでは烏來珈琲を楽しめたり、お土産物を購入することができます!

「日本の歌もあるからどうぞどうぞ!」と、店主の傅晨瀅さんが流暢な日本語で話し掛けてくれ、とても営業上手で可愛らしい人でした(笑)

「烏來(Urai)ウーライ」は、高級スパリゾートも点在しているため、次回は日帰りでなく、ゆっくりと温泉に浸かりたいと思います!

さて、陳韋良(Terry)さんがガイドする台湾タクシーチャーターはこれにて終了!前回の「野柳→十份→九份」コースも充実しておりましたが、1日6時間という短い時間でありながら、今回も「鶯歌→三峽→烏來」と、とても効率良く3つの街を回ることが出来ました!

日本語でガイドもあり、お買い物やレストランでの食事でも言語の壁を感じることなく楽しめます!日数に余裕があり、天候さえ良ければ電車旅なども楽しいと思いますが、限られた時間の中で観光するなら、また、小さなお子様やご高齢者と同行される場合は、1日タクシーをチャーターすることで身体等に負担を掛けずに無駄なく観光を楽しむことができるため、台北から少し足を伸ばして、ショートトリップしたい方にお勧めです!

陳韋良(Terry)さんと龔兆文(Kon)さん、1日お付き合いくださりありがとうございました!非常感謝!


PHOTO ALBUMはこちらをクリック!

2018/4/16台湾旅行/タクシーチャーター・烏來
https://photos.app.goo.gl/wDDjLe4QJQ6mDgln1


テリーハッピーツアー

料金 : 5時間NT$3500 1時間延長ごとNT$600
人数 : 基本4名(6名まで可)
基本4名の料金です。
1人増える毎にNT$1000追加

※コース内容によって施設料金や天燈(ランタン)など別途料金が必要となる場合があります。

予約方法
電話 : 0987-888-861 LINE ID : wei49
MAIL : wei19770314@gmail.com
FACEBOOK : https://www.facebook.com/terry.chen.585


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top