格安オススメ!台湾タクシーチャーター!①台湾最大の陶磁器の街「鶯歌」へ

台湾に入り、2日目はタクシーを1日チャーターし、台北から少し足を伸ばしてショートトリップします!待ち合わせ時刻に、日本語が話せる陳韋良(Terry)さんが滞在中のホテルまでお迎えに来てくれるため、台湾初心者でも安心!

彼は日本語の読み書きができるため、予約からコース内容などは、事前にFacebook メッセージやLINEでやり取りし、細やかな対応が可能です。陳韋良(Terry)さんのタクシーチャーターは既に沢山友人を紹介してますが、優しくて気遣いが素晴らしい彼のガイドには皆さん大満足で喜んでもらっています!

この日は、陳韋良(Terry)さんのタクシードライバー仲間で友人の龔兆文(Kon)さん(65歳)も同行され、仲良く4人で出発です!


料金 : 6時間NT$4000、8時間NT$5000
人数 : 基本4名(6名まで可)
基本4名の料金です。
1人増える毎にNT$1000追加

※コース内容によって施設料金や天燈(ランタン)など別途料金が必要となる場合があります。

予約方法
電話 : 0987-888-861 LINE ID : wei49
MAIL : wei19770314@gmail.com
FACEBOOK : https://www.facebook.com/terry.chen.585


台北の街中から高速に乗って台湾最大の陶磁器の街「鶯歌(Yingge:インガー)」へ向かいます!

台湾の高速道路は5路線あり、今回は台北市から新北市を抜け、3番高速を小1時間ほど走り「鶯歌(Yingge:インガー)」に到着!

鶯歌駅から徒歩15分程で陶芸店が連なり、陶磁器が出揃う古い街並みの「鶯歌老街」となりますが、タクシーなら老街入口付近で下車できるため、足腰の弱い御高齢者をお連れする場合も大助かり!さっそく陳韋良(Terry)さんに街を案内してもらいましょう♪

台湾は日本と同じく「お茶」が有名ですので、お気に入りの台湾茶葉を土産にするなら、一緒にこちらの街で茶器を探すのも良いでしょう!

鶯歌老街は休日に歩行者天国となり観光客が多く訪れるようですが、この日は平日ということもありほとんど観光客はおらずゆったりと散策できました。

鶯歌老街には100軒ほどの陶磁器の店がひしめきあい、茶器やお皿、箸置きなどのリーズナブルなアイテムで一杯です!老街中心部にある「陶美堂」は茶器やお皿の種類も多いのでオススメです。

100円均一よりもリーズナブルな価格でたくさんの小皿が陳列されています!中には10TWDと激安な訳あり商品も!

「日本製」と書かれている陶器もありましたが、値段を考えるとおそらく日本製ではないものではないかと(笑)

鶯歌老街の街の中心部にはショッピングモール「鶯歌光点美学館」が2015年2月に新規オープンしています!

清潔感のある施設内には陶器以外の美術品やインテリア雑貨、カフェなどのショップが立ち並びので、散策途中の休憩場所として多くの方に利用されているようです。

焼き立ての海老せんべいを販売していた露店で試食タイム♪いろいろな味わいのせんべいの中でもわさび味がオススメです!

鶯歌老街では、至るお店で「陶芸体験教室」を開催していますが、「古早窯」と看板を掲げたお店に入ってみました。

「古早」の文字は、「伝統の」「昔ながらの」という意味で、こちらのお店には当時の窯がそのまま残されており、店舗奥にある陶芸教室へと続く通路になっています。

通路内には作家の作品がディスプレイされ、とてもノスタルジックな雰囲気なギャラリーとなっています。

窯のトンネルを抜けると広々とした陶芸教室へ。こちらの陶芸教室では1人150TWD(日本円:約555円)で陶芸体験ができます。

自身で制作した陶器は、店のスタッフが仕上げを施してから焼き上げ、1ヶ月程度で日本へ配送してくれます!

この日もシンガポールからいらした女の子たちが思い思いに器を作っている様子が伺えました。旅の思い出作りにピッタリの体験ですね!

ロープライスからハイクオリティな器までが揃う老街を散策していると、店構えのデザインがモダンで、好みの作品が品良く並ぶギャラリー「陶華灼藝廊 THZ Gallery」を発見!

こちらのギャラリー兼ショップは、道を挟んで2店舗あり、一方には日本のアーティスト作家を取り扱っています。撮影禁止なため、作品を御紹介出来ないのは残念ですが、「鶯歌(Yingge:インガー)」に行かれる際には訪れてみてください!

いろいろなお店で目にかけたこちらの陶器は昔お米を保存するために使用されていたものです。漢字の「満」と書かれているのはいつもお米が満たされていますようにと願いを込めて書かれているようです!陳韋良(Terry)さんは歴史も詳しいので一緒に散策しながらお勉強もできますよ!

鶯歌老街の飲食店の中には食事をすると、なんとその器がお持ち帰り出来る面白いサービスもありました!

さて、陳韋良(Terry)さんのタクシーチャーター、お次は台湾一美しい彫刻の街「三峽(Sanxia)」へ!


PHOTO ALBUMはこちらをクリック!

2018/4/16台湾旅行/タクシーチャーター・鶯歌
https://photos.app.goo.gl/ZzWWvZHhFHwozSUn2


 

1 Comment

  1. テリー
    2018/04/29

    こちらの陶器は茶器やお皿など本当に安いですね、偶には安い価格でいい物買えますので、それも鶯歌老街の魅力的な所かもしれませんが。笑
    陶器が好きな方是非足を伸ばしてここまでお楽しみにしてください。^_^

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top