ソルトレイクシティ「テンプルスクエア」にて神聖な寺院を見学

アメリカ合衆国・ユタ州のソルトレイクシティは、「末日聖徒イエス・キリスト教会(モルモン教)」の聖地となり、市街地中心部にテンプルスクエア(Temple Square)があります!

テンプルスクエアには、開拓時代当初に建てられた教会が「Assembly Hall」として残されており、神聖なる「ソルトレイク神殿(Salt Lake Temple)」や「ビジターセンター(Visitor Center)」などがあり、寺院内は自由に散策できるため、とても長閑な居心地の良い空気が流れる環境となっております!

こちらはモルモン教徒ではないわたしたちのような観光客でもビジターセンター(Visitor Center)などの各施設を巡り、モルモン教について学ぶことができます。

さらに、希望すれば現地で活動されているモルモン教徒の宣教師たちがガイドしてくださいます。

モルモン教徒の方たちは世界各地からこの地へ活動に来られており、様々な国の言語に合わせてガイドすることが可能です。
日本語を話せる宣教師も常駐しているため、わたしたちもガイドしていただくことにしました!

ガイドの依頼は、「South Visitors’ Center」の受付にてお願いしましょう!
宣教師の方々は2人一組となり、18ヶ月間ボランティア活動をされるそうです。
今回は、御両親がカナダ人と日本人のハーフで日本語が話せるHal Vorson(ハル・ボルソンさん)とスウェーデンのDe Souza(ジ・ソウザさん)がガイドをしてくださいます!

御2人からは、モルモン教の歴史や教えを説明していただきながら案内していただきました!
敷地内にはチューリップなどの花々が咲き誇り、緑溢れるテンプルスクエアでの散策。
神聖なる教会や神殿を見学しながら大変お勉強になりました♪

お若いながらに母国親元を離れ、ボランティア活動に専念されるハルさんとソウザさん、残りの数ヶ月も頑張ってくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top