袋井の自家焙煎珈琲豆屋「まめやかふぇ」新作豆のカメルーンを味わおう!

RIC0001

袋井の油山寺へぬける道沿いをちょっと入ったところにある隠れ家的な自家焙煎珈琲豆屋「まめやかふぇ」。
友人夫妻のハマちゃんこと濱小路仁徳さんと奥様である明美さんが営む、
香り高いこだわりの煎り立ての自家焙煎珈琲豆がいただけるお店。
県西部ではレストランやカフェはもちろんのこと、アパレルや美容院、雑貨店など飲食店に限らず、
まめやかふぇから珈琲豆を仕入れているところも少なくはなく、
多くのファンに愛されている自家焙煎珈琲豆専門店となります♪

IMG_1712

こちらでは、いつも店頭に並んでいる生豆から好きなものをセレクトし、オーダーしてから焙煎するというこだわりぶり。
焙煎している珈琲豆を待つ間に、奥さんの明美さんが美味しい淹れたてのコーヒーをご馳走してくれます。
小さなお子さんにはコーヒーの代わりにココアを出してくれたりと、
とっても嬉しいサービスなので家族総出で珈琲豆を買いに出掛けるお宅も多いのです。
しかし、勘違いしてはいけないのは、ここはカフェではないということ。
あくまでも珈琲豆をお買い求め頂くお店なのです。
事前に電話予約して「いついつに取りに行きます」と日時指定すれば、
その時間に合わせて作っておいてくれるので、お急ぎの方は電話予約をされるのが確実です♪

IMG_1704

「アイスブレンド」200g 790円

まめやかふぇでは、夏は圧倒的に夏季限定の「アイスブレンド」200g 790円が人気です。
香り高くしっかりとしたコク、キレのある旨さが味わえるアイスコーヒー。
わたし達夫婦も夏はこちらで作ったアイスコーヒーが一押しです♪

IMG_1714

7月の新作豆「ボンジャルジン農園」200g 980円

生産国は、コーヒー大国ブラジルのミナス・ジェライス州マッタス・デ・ミナス地域にあるボンジャルジン農園。
ここのオーナーであるヴィッセンチ氏は、130年の歴史ある農園の5代目。
2000年に開催されたブラジルのカップ・オブ・エクセレンスで見事優勝して一躍有名になり、
その後も数々の賞を受賞するなどコーヒーに対する情熱は半端なく、常に様々なことに挑戦し続ける探究心の強い方です。
この豆は、まめやかふぇだけのオリジナルロットで、
“MAMEYA CAFE”のオリジナル麻袋を農園のオーナーが作ってくれたそうです!(凄)
まめやかふぇでお勧めの焙煎は中煎り。
ナッツやハチミツのフレーバーが感じられる飲みやすいマイルドタイプのコーヒーです♪

IMG_1708

8月の新作豆「カメルーン」200g 980円

原産国は、アフリカのカメルーン。
日本ではサッカーで有名な国で、サッカー界では“不屈のライオン”といわれるアフリカの強豪国です。
カメルーンのコーヒーは、1980年代にコーヒー価格の下落と政府の農業支援廃止により、
農民はコーヒー生産を放棄して、コーヒー産業は崩壊寸前にまで追い込まれた歴史があります。
しかし、その後、農民はコーヒーを持続的農作物として見直しはじめ、
政府の援助なく、全くの自然農法として栽培をはじめ復活を遂げたのです。
まめやかふぇでお勧めの焙煎は、浅煎りから中煎り。
希少なエチオピアの豆である「モカ・イルガチェフ」を彷彿させるような柑橘系の素晴らしい香りが特徴です。
カメルーンのコーヒーは、日本ではそれほど知られていませんが、これから有名になること間違いありません。
まめやかふぇでは、昨年も大人気であった「カメルーン」が今年も美味しく登場です♪

IMG_1718

「カメルーン」200g 980円

今回もお勧めの新作豆を購入しました。
豆の特徴としては、縦に長く、やや大きめの形をしています。
お勧めの焙煎のため、浅煎りからやや中煎りにかけての焙煎でいつもの豆より薄茶色の仕上がりです♪

IMG_6682

煎りたて挽きたて淹れたての三拍子揃った「カメルーン」を味わうと、
爽やかな香りと、スッキリとした飲み口でありながらも十分なコクも感じられ、
とても美味しいコーヒーでお勧めです♪

まめやかふぇ
袋井市村松2607 TEL:0538-42-7222
営業時間 10:00~19:00
定休日:火曜日
http://www.mameyacafe.com/

袋井市村松2607

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top