「マセラティ名古屋」で新型クアトロポルテを試乗

_RID0035

ランチを食べたあとは仕事の打合せまで時間があったので、名古屋に新しくショールームがオープンしたマセラティ名古屋へ立ち寄ることにしました。こちらのショールームは2013年4月19日にオープンしたばかりで、マセラティ ジャパンの全国16番目となる販売・アフターセールス拠点です。総床面積約413m²のゆったりとした店舗には、車両5台が常時展示可能で、マセラティのショールームとしては国内最大規模、ワールドワイドでも最大級の大型ショールームです。立地は、名古屋市内の中心部を走る桜通りと伏見通りの交差点にほど近くということもあり車でも徒歩でもアクセスしやすい場所にあります。

_RID0031

ショールームにはグランツーリズモと新型クアトロポルテが展示されており、前回のマセラティフェスティバルで試乗ができなかった新型クアトロポルテを試乗させてもらうことにしました。今回担当してくれたのは運営会社である光岡自動車の常務取締役 大野貢さん。光岡自動車といえば富山県が本拠地ということもあり実家が富山だとお伝えしたところ、大野さんもなんと富山出身だと聞いてびっくり(驚)なかなか富山出身の方とお会いすることがないので妙な親近感が湧きましたね。基本的に大野さんは大阪のランボルギーニにいることが多いそうで土日だけ応援でこちらに来られているそうです。今回こちらに来店するまで光岡自動車が手広くディーラーを展開しているとは知らなかったのでかなりびっくりしました。光岡といえばクラシックテイストのコンプリートのイメージが強いですからね。

_RID0036

さて、そんな大野さんと一緒に新型クアトロポルテを試乗させてもらったのですが、感想は「マセラティらしくないな」という印象です。完成度は非常に高くベンツのSロングくらいのサイズがあるにもかかわらず、乗ってみるとそんな大きさを感じさせることがないくらい運転がしやすく小回りがきく車です。スポーツモードに切り替えてアクセルを踏むと、バルブを開いてフェーラーリと同じようなサウンドを楽しむことも出来ます。でも、誰にでも気軽に乗れるような車に仕上がっているためマセラティに古くから乗っている人にとってはちょっと物足りない印象を受けるかもしれませんね。ベンツやBMWに乗られている方でも選択肢に入るくらいのテイストになっていると思います。マセラティは年間5万台の生産を目標にしているので、比較的万人受けするテイストに仕上げて、なおかつ大きな市場である中国と米国にウケがいいようなビックサルーンということで今回のクアトロポルテが誕生したようですが年末に発売を予定している新型ギブリもほとんどサイズが変わらないとのことで、立体駐車場に駐車されている方にとってはこのビックサイズがネックになりそうです。もっとコンパクトな車を出してくれると嬉しいのですが...。

マセラティ名古屋
愛知県名古屋市中区錦2-4-15 TEL:052-202-1133
営業時間:10:00~19:00 定休日:火曜日
http://www.maserati.co.jp/

愛知県名古屋市中区錦2-4-15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top