lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

「メーサ・エレファント・キャンプ」貴重な体験!大興奮の象乗りにバンブーラフティング

2015/07/28

IMG_2957

デュシット・プリンセス・チェンマイ(ロイヤル・プリンセス・チェンマイ)」に朝早くお迎えに来てくれた
チェンマイハッピーツアー Chiangmai Happy Tour」の現地ガイドであるグローイさんと
この日のドライバーは初日にもお逢いしたノーイさん。
この日、向かう現地ツアーは、象と触れ合える貴重な体験ができる
メーサ・エレファント・キャンプ Maesa Elephant Camp」です♪

IMG_2978

チェンマイ市内から北上し、およそ30分~40分のところに位置しているメーサ・エレファント・キャンプ
象乗り、牛車体験、象のショー、そしてランチブッフェにバンブーラフティングと
盛り沢山なイベントを半日で体験できる素晴らしいツアー内容です。
【チェンマイハッピーツアーがladeに提案してくれたこの日の日プラン】
ロイヤルプリンセスホテルお迎え→エレファントサファリ(ランチ込)→蘭園→首長族の村→アルテハウスへ送迎
料金:2,950B×2名様=5,900B(日本円にしておよそ21,830円)

IMG_2980

山の上という立地ということもあり、
この日のスタートは生憎の天候で小雨がパラつく中での体験ツアーとなりました。
手荷物に小さな折り畳み傘を持っていましたが、
大きな傘をチェンマイ・ハッピー・ツアーの現地ガイドであるグローイさんが貸し出してくださいました!
何から何まで気の利く、素敵な現地ガイドさんです♪

IMG_2990

小雨がパラつくので、グローイさんがレインコートを購入してきてくださいました。
象さんに乗る前の装備としての注意としては、
象さんの背中はとても良く揺れるので、
命綱のためにも柵の持ち手をきちんと持てるように両手はきちんと空けておきましょう。
そのため、バッグはショルダータイプがお勧めです。
カメラで写真を撮る余裕がある方は、カメラベルトで首からきちんと吊るしましょう!
携帯は揺れに耐えれず落としそうになるので割と危険です・・・それほど揺れるのです。
足元は、天候にもよりますが、雨が降ったり止んだりの繰り返しの山の上なので、
地べたは泥で大変滑りやすく、そちらにも注意が必要です。
基本的には汚れても良い服で出向くのがベストです!

IMG_2997

動物園以外で間近に象さんを観るのは初めてのことですが、
傍で観る象さんはとても大きく、象使いの人が小さく見えるほど!
しかし、象さんはつぶらな瞳が可愛らしく、とても大人しくお利口です♪

IMG_3001

象さんの背中には木製の荷台が取り付けられており、
象さんの背中の一番高い部分は、地上から2.5~3mの高さにも及ぶので、最初は勇気がいりますが、
象さんの性格は、温厚で人に良く馴れているため、きちんとスタッフさんの言う通りにすれば大丈夫です♪

IMG_2992

およそ30~40分ほどの象乗り体験スタートです!
象使いは、古来から伝わる「象の教科書」で象さんの調教と養育を勉強し、
タイ語とジェスチャーで意思の疎通を取っています。

IMG_3016

象使いのドゥーンさんが呑気に鼻歌を歌いながら、山の小道をゆっくりゆっくりと進みます。
画像では移りませんが、実際の象さんの背中は、
上下にとても揺れるので、正直最初は乗り心地があまり良くなく、落ちそうな感じがして心配になります。
すると、象使いのドゥーンさんが
ダイジョブ、ダイジョブ、ア~ジノ~モ~ト~♪(味の素)」と意味不明な日本語で声掛けしてくれます(笑)
象さんの名前は、パァくん(♂)16歳、人間でいう30歳ぐらいの年齢です。
パァくんと声掛けすると、「パオ~ン」と鳴くように躾けられているようです!(驚)

IMG_3058

象使いのドゥーンさんの声掛けで、川の中も難なく侵入するパァくん!
わたし達は、命綱のような柵に必死に捕まっていても振り落とされそうな振動が伝わるのに、
どうして象使いさんは、何も装備せず、身1つで象さんの首に乗っていられるのでしょう!?
幼い頃から1匹の象さんには1人の象使いが付くと聞きました。
所謂、仕事のパートナーとなるのです。
バランス能力が優れた身体能力も素晴らしいものですが、信頼がおけるパートナーだからこそなのかもしれません。

IMG_3047

川渡りを終えたところで、象使いのドゥーンさんが象さんから降りて、
自分たちの携帯を渡すと、象さんに乗っているわたし達を記念撮影してくれます。
お利口にポージングができた象さんパァくんから、チップをください!とおねだりのポーズです。
そのチップは、もちろんドゥーンさんの懐に渡されるので、本当に良く躾けられています。

IMG_3089

山道、川渡りの次は、公道を歩くのですが、これには驚きました!
普通に、バイクや車が走る公道を象さんと一緒に闊歩するのですから!(驚)

IMG_3094

途中、様々な場所に象さんや牛さんの休憩ポイントがあり、ご褒美用のおやつバナナが販売されています。
20THB(日本円にしておよそ75円)で買えるようです♪

IMG_3107

長閑な景色が広がる辺り一帯は、本当に画像では表しきれないほどの美しさです!
パァくんの背中の揺れにも大分慣れてきたせいか、
最初は、不安で仕方がなかった体験でしたが、この頃には揺れが心地好く感じるまでに成長しています。
何でもそうですが、体験してみないと解らないものです♪

IMG_3114

こちらが象乗り体験のゴールです。
降りる際も、スタッフさんが手を差し伸べてくださるので安心です。
ドゥーンさん、パァくん、貴重な体験をありがとう♪

IMG_3128

帰りは、こちらの牛車に乗ってカウドライブしながらキャンプ場まで戻ります。
わたし達が乗せていただくのは、牛使いのホーンさんが運転する牛2頭の牛車で、
ショーリーくん(♂)とパイナーちゃん(♀)で2頭とも20歳
人間でいうとおじいちゃんとおばあちゃんでしょうか。
とても穏やかな顔立ちで優しい目をしています。

IMG_3147

帰り道は、行きとは違う道を通り、牛車道をのんびりのんびり進みます。
ホーンさんにお願いして、前の座席に座らせてもらい、手綱を持たせていただきました!
そして右手に柔らかい木のスティックを持ち、そのスティックで鼻歌に合わせて優しくトントンと牛さんの背中を刺激しています。
足元にはブレーキがあり、手前に引いたり押したりしながら速度を調整しています。
これも本当に貴重な体験です。
ホーンさん、ショーリーくん、パイナーちゃん、ありがとう♪

IMG_3181

キャンプ場に戻ると、象さんに乗ったまま記念撮影した時の写真が出来上がっており、
1枚260THB(日本円にしておよそ960円)で販売しています。
こちらのフォトフレームは、象さんの糞から作られた和紙を用いており、
最初は臭いがあります(笑)
日本に持ち帰る頃には臭いも消えてなくなるのでご安心ください♪

IMG_3229

川の中で水浴びしながら、象使いさんに身体を洗ってもらう象さんたちの姿も観れ、とても気持ち良さそうです♪

IMG_3246

お次は、大小様々な象さんたちのショーが始まります!
チェンマイ周辺に数多くあるエレファントキャンプの中でも、最も充実した象のショーがこちらで観られます♪

IMG_3259

ボスの象さんを先頭に、最後列には小さな男の子の象使いと子象がいます。
象さんに跨る象使いの皆さんの掛け声で一斉にスタートです♪

IMG_3186

茅葺の屋根の下にセットされた見学場。
その前には、木が組まれており、象さんがそれ以上突進できないようになっています。

IMG_3292

お座りしたり、伏せをしたり、寝転んだり、ダンスしたり、象使いと組体操をしたり、
象さんの足下に象使いが寝転んで、
象さんの足で踏み踏みしながらマッサージしてあげたりと様々な芸を披露してくれる象さんたち。
とても可愛いです♪

IMG_3349

サッカーがとっても上手な子もいました!
ほとんどのボールはゴール内にシュートできており、勢い余ってゴールポストを大きく超えてしまう瞬間もありました♪

IMG_3399

まだ小学生ぐらいの男の子が象使いとなり、子象と一緒にお絵かきをします。
象さんは鼻で筆を持ち、見事なまでの花の画を仕上げていきます。
象さんが描いた画は、1,000THB(日本円にしておよそ3,700円)で販売されています!

IMG_3415

沢山のショーを魅せてくれた象使いの皆さん、象さんたち、ありがとう♪

IMG_3450

象さんのショーを満喫した後は、
ツアー内容にブッフェランチ付きということですので、
レストランで、好きなものを好きなだけ取っていただくことにしました!
ドリンクは別料金で追加オーダー可能で、折角なので、ヤシの実ジュースをオーダーしました。
ランチ全体の味わいは、まぁまぁ普通レベルには達していましたよ♪

IMG_3486

このツアー最後の〆は、「バンブー・ラフティング Bamboo Rafting」でおよそ45分程度の長閑な川下りです!

IMG_3495

壊れそうなバンブーにいささか不安でしたが、意外にしっかりとした骨組みで安定しています。
船頭のお父さんのカムラさんもとても人が良く、楽しい川下りです♪

IMG_3574

前にも後ろにも、同じようにバンブーラフティングを楽しむ観光客の方々を目にします。
皆さん、長閑な山々の景色に心を癒されているようですね♪

IMG_3525

船頭のお父さんのカムラさんが、「こっちに来てみなさい」と呼ぶので、何かと思ったら、
おもむろに竿をわたしに渡し、「先導を代わるから記念撮影をどうぞ」とチャレンジさせてくれました!(嬉)
思ったよりも浅い川で、流れも静かなので、立っていても恐怖感はありませんでした。
何だか、わたし、似合っていませんか?(笑)

IMG_3543

流れが弱くなり、進まなくなると、後ろに付いていたラオセンくんが川の中に入り、押し始めました!(驚)
まだ15歳のラオセンくんは、てっきりカムラさんの息子さんかと思いきや、全く赤の他人で仕事上のパートナーだそうです!
話しかけると、照れて赤くなってしまう程に純粋なラオセンくん。
ラオセンくんぐらいの歳の子は、こうして仕事に就き、お金を稼いでは家計を助けているのだとか。
学校に行って学びたいこともあるでしょうに、それは叶わぬ夢なのです。
それ程にチェンマイの人たちの中には、厳しい現状の家族もいるのだということを知らされました。
ラオセンくん、頑張ってね♪

IMG_3596

こちらが、バンブーラフティングのゴールです。
たった45分の緩やかな川下りではありましたが、いろいろ考えさせられる貴重な体験ができたと思います。
人それぞれ、様々な角度で観て感じて、思われることが多々あるかと思われますが、
彼らには彼らの生き方があるのだと思います。
そういった意味でも、実際に経験し、現地の方々とコミュニケーションを取り、
多くを感じ取るには良い機会なのではないでしょうか。
さて、お次は、「チェンマイハッピーツアー Chiangmai Happy Tour」さんのツアーで
このエレファントキャンプとセットツアーになっている
バイ オーキッド&バタフライファーム Bai Orchid and Butterfly Farm」の紹介です♪

メーサ・エレファント・キャンプ Maesa Elephant Camp
http://maesaelephantcamp.com/

チェンマイハッピーツアー Chiangmai Happy Tour
http://chiangmaihappytour.com/


静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

タイ料理「レモングラス」欧米人に大人気!日本人の舌にも合いカオソーイが最高! 「バイ オーキッド&バタフライファーム」美しい色とりどりの蘭や蝶の舞い
タイ料理「レモングラス」欧米人に大人気!日本人の舌にも合いカオソーイが最高!
「バイ オーキッド&バタフライファーム」美しい色とりどりの蘭や蝶の舞い

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます