lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

「カオソーイ・ラムドゥアン2」チェンマイで1、2を争うほどのカオソーイ有名店

2015/07/07

IMG_0196

タイ北部・チェンマイの名物料理といえば誰もがカオソーイと教えてくれます。
そのカオソーイの老舗の1つとして、チェンマイ紹介のガイドブックに必ず紹介され、
有名店の「カオソーイ・ラムドゥアン」さん。
その老舗の本店は、創業70年以上の老舗カオソーイ通りと呼ばれるファーハーム通りにあります。
今回、わたし達がこちらで紹介するのは、新しくできた2号店の「カーオソーイ・ラムドゥアン2」さんです。
本店は屋台のような佇まいと伺っていただけに、その2号店に大きさには驚きます。
これなら、初めて訪れる観光客でも見つけやすいはずでしょう!
店前には、駐車スペースに余裕があり、ツアーでも気軽に立ち寄れて大変便利です。
今回の観光ツアーのプランの中に「カオソーイが美味しいお店に連れてってください」とお願いしてあり、
チェンマイハッピーツアー Chiangmai Happy Tour」さんで、こちらを紹介してくださいました♪

IMG_0201

店先には、ガラス張りで厨房の中の様子が覗け、
タイらしく、雑多な雰囲気の中、美味しそうな香りを店中に漂わせています♪

IMG_0203

店内は、広々としており、適度な間隔で設けられたテーブル席は現地の方や観光客で賑わっています。
衛生面的にも何ら問題のないレストランの雰囲気です♪

IMG_0204

有名店というだけあって、壁には有名人の写真やサインが一杯飾られています♪

IMG_0211

店内も風通しは良かったのですが、店先にあるオープンテラス風の席では、
ミストシャワーが振り撒かれており、気持ち良かったのでそちらでいただくことにしました。
メニューは英語表記となりますが、
お勧めをチェンマイハッピーツアーの現地ガイドのグローイさんに伺いながらオーダーします♪

IMG_0228

「チャーン Chang」

ランチから贅沢にビールをいただけるのも、旅行の醍醐味ですね!
タイでもっとも人気のあるビールのシンハー(ビア・シン)と双璧を成すビール。
1998年度国際ビールコンテストで金賞を受賞し、タイビール特有の強い苦味が特徴です♪

IMG_0214

「カオソーイ・ガイ(チキン)」40THB(日本円にしておよそ148円)

カオソーイは、マイルドなココナッツカレーのスープにバミーと呼ばれる卵麺を入れ、
さらに揚げた麺をトッピングして食べるタイ北部チェンマイの名物料理です。
具は鶏(ガイ)、豚(ムー)、牛(ヌア)、スペアリブ、(シークロンムー)の4種類の中から選べます。
まずは、スープから一口。
いつも、わたし達が日本で食べている「タイレストラン ラッタナー」さんのカオソーイのスープは、
割とこってりとしたとろみがありましたが、こちらは見た目よりあっさりしていて、辛さも控え目です。
少し甘さが先に勝ち、スパイシーというほどでもないので、
あっさりとマイルドな味わいがお好きな方には程好い味わいだと思います。
スープは、何と!3時間以上も煮込んで作るとのこと。
それで、この深みある味わいが出せるのですね♪
わたし達は、チキンが大好きなので、鶏(ガイ)をオーダー。
鶏肉はとってもやわらかくてジューシー!
マナオをギュッと搾り、爽やかさをプラスして、生の赤玉葱ともやし、漬物を乗せていただきましょう!
味わいは、サラサラとしたカレースープといった印象ですが、
ココナッツミルクがベースとなるので、辛さと甘さが同居したような味わいです。
有名店なだけあって、ラムドゥアン2の本場のカオソーイは美味しいと思います♪

IMG_0218

「カノムチンナムギョウ(チェンマイ式ソーメン)」35THB(日本円にしておよそ130円)

こちらもタイ北部・チェンマイの名物料理の1つで、
タイのそうめんはカノムチンと言って、米粉を溶いて発酵させて作るため、
日本の素麺のように腰がなく切れやすいです。
トマトベースの甘酸っぱいスープが特徴なため、暑い日にはお勧めです。
レバーのような色をした塊は、豚の血を固めたものが入っており、
カノムチンナムギョウの定番ですが、これがまた臭みがなく美味しいです!
こちらの料理は、一皿一皿のボリュームが小さめなので、いろいろな味に挑戦してみると良いでしょう♪

IMG_0223

「ムー・サテー(スモール)」35THB(日本円にしておよそ130円)

ムーサテーは、タイ南部地方で食べられるお料理で、豚の串焼きです。
添えてくださる甘辛いピ-ナッツソ-スをかけていただきますが、
そのままでも十分に味が付いていて、想像していたよりやわらかくて美味しかったです♪

IMG_0225

「サイウア(スモール)」35THB(日本円にしておよそ130円)

サイウア(チェンマイ・ソーセージ)もタイ北部の代表的な料理の1つで、
ハーブ入りのピリ辛ソーセージです。
渦巻き状になったものを、そのまま網の上で焼き、
食べ易い一口サイズにカットして提供してくれます。
個性的なスパイシーさがあり、癖になるのですが、もう少しジューシーだと尚良しですね♪

IMG_0232

「クイッティアオ・ガイ(チキン)」40THB(日本円にしておよそ148円)

最後の〆にあっさり麺のこちらをオーダーしました。
鶏の骨とタイハーブをじっくり煮込んだ特製スープに、つるんとした米麺を合わせていただきます。
ルークチンという、つみれのような形をしたのは、弾力があり、旨味が溢れています。
優しい鶏の出汁スープにパクチーの風味が広がり、とても胃に滲み渡る味わいです。
カオソーイはチェンマイに居る間に他の店舗も試してみたいと思います♪

さて、お次は、「チェンマイハッピーツアー Chiangmai Happy Tour」の観光ツアーで巡る
タイでは珍しいインド仏教式の7つの塔が観れる
ワット・チェット・ヨート Wat Chet yot」の紹介です♪

カーオソーイ・ラムドゥアン2 Khao Soy Lamduang 2 ข้าวซอยลำดวนฟ้าฮ่าม 2
Mueang Chiang Mai District Chiang Mai タイ ⇒Google Map
‎TEL:0-5321-2798、0-5322-9707
営業時間:8:00~17:00
定休日:無し


静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

「ワット・プラシン」黄金のプラシン像を納めチェンマイ一格式高い寺院 「ワット・チェット・ヨート」緑豊かな境内にそびえ立つインド仏教式の7つの塔
「ワット・プラシン」黄金のプラシン像を納めチェンマイ一格式高い寺院
「ワット・チェット・ヨート」緑豊かな境内にそびえ立つインド仏教式の7つの塔

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます