lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

「シルクスプレイス台南」熟練シェフが焼き上げる「ROBIN’Sグリル&鉄板焼き」

2016/06/05

IMG_9429

古都台南の中心部に位置し好立地な上にワールドクラスのおもてなしを実感できる
Silks Place Tainan(シルクスプレイス台南)台南晶英酒店」の1階にはリージェント台北を代表するレストラン
ROBIN’S グリル&鉄板焼き(ROBIN’S Grill & Teppan)ROBIN’S 牛排館鐵板燒」が入り、話題を呼んでいます。
こちらでは、厳選した上質のビーフやシーフードを素材の美味しさを活かし、
熟練のシェフたちが炭焼きグリルまたは鉄板焼きにて提供しています♪

IMG_9444

この日は、台南の大切な友人とレストランで待ち合わせをしていたため、
Office managerの林佳蓉(Karen Lin)とOfficeスタッフの吳堉平(Ivan Wu)に案内していただきました♪

IMG_9461

台南の大切な友人とは、林中智(Tomo Lin)さんといい、
台湾でわたし達が足を運んだ有名なレストランの多くに
自社栽培のオーガニック野菜を卸している「元気家農業協同」のオーナー農夫です。
ご縁あって、Tomoさんにご招待いただき、鉄板焼きディナーをいただきながらのミーティング!
Tomoさんと公私共に仲の良いDirectorである朗らかなお人柄の陳威任(Edward Chen)をはじめ、
スマートな紳士のF&B Managerの謝宗庭(Hsieh Ted)
ユーモアに溢れ天然キャラが炸裂するExecutive Sous-Chefの吳其財(ChiChai Wu)と一緒に記念撮影です♪

IMG_9430

ROBIN’S グリル&鉄板焼きは、全席150席ほどとなり、
その内、熟練シェフが目の前で調理を披露する
鉄板焼きのカウンター付きのお席は50席ほどと限定されています♪

IMG_9435

中央カウンターには、地元産の野菜や有機野菜を使ったサラダバーが用意されており、
色とりどりの安心、安全な美味しいオーガニック野菜がお好きなだけ楽しめます。
実は、この2016年4月からはTomoさんのオーガニック野菜を採用されることになり、
先日、こちらのホテルの宴会場にて盛大なお披露目パーティをされたばかりとのこと!
珍しい西洋野菜も数多く含むTomoさんのオーガニック野菜は既に話題を呼んでおり、大好評のようです♪

IMG_9440

見るからに色艶があり、葉も瑞々しく活き活きとした野菜の出で立ち。

IMG_9447

IMG_9445

IMG_9437

サラダバーのみならず、フルーツなども用意され、
さらにディナータイムは、ハーゲンダッツのアイスクリームや
ペストリーチームがつくり出すオリジナルのデザートが食べ放題となります♪

IMG_9436

ROBIN’Sメインンダイニング

IMG_9453

煉瓦の壁に覆われた4つの個室が用意されており、4名~6名様で利用できる鉄板焼きとなります♪

IMG_9458

Private roomにはそれぞれフランスのワイン産地が付いており、
Champagne(シャンパーニュ)、Pauillac(ポイヤック)、Burgundy(ブルゴーニュ)、Bordeaux(ボルドー)と
全部で4つの個室が用意されています♪

IMG_9469

Private roomのChampagne(シャンパーニュ)にて、
熟練シェフの鉄板ショーを楽しみながらのシェフズキッチンディナー。
Tomoさんがスペシャルコースをオーダーしてくれます♪

IMG_9488

自社栽培のオーガニック野菜を卸している
元気家農業協同」のオーナー農夫の林中智(Tomo Lin)さん(51歳)は、
食品関係の貿易商を営む傍らで、
愛する奥様の健康のために「美味しく安全な野菜づくり」を目標に農園を始められたといいます。
今では160種~180種類の珍しい品種の野菜を含め、広大な5つの畑を管理し、
Tomoさんの愛が詰まった自然農法で年中様々な野菜を育てられています。
台湾有数のホテルや一流レストラン、また、大手百貨店などにも野菜を卸しているとのこと。
こちら、シルクスプレイス台南もその取引先の1つとなっています。
日本の北海道や静岡を中心に親族や友人が多くいらっしゃるTomoさんは、
日本語も上手に話せるため助かります♪

IMG_9505

心のこもったきめ細やかなサーヴを提供してくれるスタッフのErrol Jiangの優しさは愛に溢れており、
彼の朗らかな笑顔と接客で温かく心地良い空気が流れるのです。
どうぞ「エロちゃん」と呼んであげてください(笑)

IMG_9507

「MONTES ALRHA カベルネ・ソーヴィニヨン2012」チリ カサブランカ・ヴァレー

モンテス社は、4人の専門家が結集し造り上げたチリのワイナリーで、
チリ最高峰の生産者として素晴らしい評判を得ています。
モンテス・アルファのシリーズは、最良の葡萄をフレンチ・オークの樽で1年以上熟成させて造られており、
今すぐに頂いても熟成を経てからでも楽しめるフルボディのワインとなります。
チリワインの最高峰として称賛を浴びるワインですが、コストパフォーマンスの素晴らしさもその魅力の1つです。
濃いルビー色を放ち、熟したベリーやカシスとヴァニラ香の豊かな香りが特徴。
しっかりとしたボディと果実味で濃厚な味わいが楽しめます♪

IMG_9489

「Robin’s Salad(ロビンズサラダバー)沙拉吧」

中央カウンターに設置されたサラダバーより、
Tomoさんが栽培するオーガニック野菜をたっぷりと盛り付けていただきます!
ドレッシングソースはハーブをたっぷりと用いており、香り豊かな味わい。
赤水菜にサラダからし菜、スイスチャード、ルッコラに台湾インゲン、紅芯大根、ビーツに蓮の実、バナナチップを乗せて、
フレッシュゆえのシャキシャキとした歯応えが良いものと、フリーズドライ後に揚げたものとで食感を楽しみ、
異なる味わいで野菜本来の豊かな旨味が感じられます♪

IMG_9516

同じくサラダバーには数種のサイドメニューが用意されており、
チキンハムのサラダやオーガニック野菜のマリネ、しっとりと仕上げたローストポーク、
パテには粒マスタードを添えて、さっぱりとした味わいのカジキマグロの炙りにフィノッキオのマリネを添えて。
その日毎の異なるメニューが登場します!
ワインの当てにいただこうと少しずつ盛り付け、ワンプレートで彩り良く楽しみます♪

IMG_9518

赤や黃色、緑と色とりどりの美しいこちらのトマトは、Tomoさんが栽培されているミニトマトです!
(注:コースとは関係なく紹介していただきました)
Tomoさんの農園では、現在トマトの品種だけでもおよそ20種を超える数を栽培されています。
青々としたヘタが元気一杯に上向きに反り上がった状態は鮮度の表れ!
皮が透けて見えて今にも弾けそうなトマトは、
お尻の中心から筋が放射線状に綺麗に出ているものは甘くて美味しいとのこと。
美味しいトマトは水に沈むそうです!
Tomoさんのつくり出すトマトの糖度はとても高く8~10度あり、甘くてジューシーで最高に美味しいです♪

IMG_9530

「Cajun Seasoned Crab Chowder(ワタリガニのチャウダー ケイジャン風味)肯郡風味藍蟹巧達湯」

ワタリガニととうもろこしを用いた贅沢なチャウダーは、
ケイジャンスパイスの香りを纏い濃厚でリッチなテイスト!
予め、器に盛り付けたクルトン、フライドオニオン、セロリ、削りチーズの横からスープを流し込み、
最後にブラックペッパーを振りかけ、見た目にも美しく楽しめる一品。
クリーミーで濃厚なスープにカリカリとした食感が加わり、風味豊かな味わいが楽しめます♪

IMG_9548

「Scallop with Lemon Butter and Tomato(北海道産帆立貝柱のソテー レモンバターソース)
嫩煎北海道2L干貝佐檸檬奶油」

北海道産の2Lサイズの帆立貝をふっくらとミディアムレアにソテーし、
酸味と香りを楽しめるレモンバターのソースでいただきます。
帆立貝の下にはリゾット、上にはスライスしたカラスミを添えることで、
さらに味わいに深みを出して楽しめます♪

IMG_9553

今回、シェフズキッチンにて調理を担当してくださるシェフはClaus Wangさん(32歳)。
台湾のフレンチレストランにて17歳の時にフランス料理を4年ほど学ばれた後に
鉄板焼きの道に入り、9年の歳月を過ごします。
こちらのレストランでは、東京の高級鉄板焼き「うかい亭」と
年に数回コラボイベントを開催されています。
シェフたちはうかい亭から調理法を学ばれ、
上質の食材をより良い状態で提供できるよう日々励まれています♪

IMG_9563

ロブスターを色鮮やかにソテー!

IMG_9574

白ワインで蒸し焼き!

IMG_9597

グレイビーソースをかけて仕上げ!

IMG_9604

「Half Maine Lobster with Lamb Gravy and Root(ロブスターの蒸し焼き グレイビーソース)
波士頓龍蝦佐松露羊骨汁襯炒炙燒時蔬」

ハーフカットしたロブスターをプリップリに蒸し焼きにしたものに、
羊の骨から出汁を取り、トリュフで香りづけしたグレイビーソースをかけていただきます。
フレッシュローズマリーの香りをアクセントに漂わせて、
海老の香ばしさと甘味、アスパラとヤングコーンの食感と共に楽しみます♪

IMG_9610

採れたてのヤングコーンを取り出し、「生で食べたことある?」と聞くTomoさん。
柔らかな皮とヒゲ付きのヤングコーンを茎からそのままパクリといただくと、
驚くほどに柔らかく噛めば噛むほどに甘味が強く感じられ、ヒゲまで甘く、その実はハリがあり瑞々しい味わい!
生でこれほどに甘いということは、軽く火を入れればさらに甘さが倍増しますね♪

IMG_9621

「Daily Fresh Catch Fish with Marinnated Peppers(本日の鮮魚のグリル)迦納魚佐烤紅椒芝麻菜」

本日の鮮魚は赤鯛を皮面をカリッカリにソテーし、
ガーリックオイルでマリネしたパプリカを赤鯛の下に、上にはベビーリーフを添えています。
身厚でふっくらと焼き上がった赤鯛は柔らかく優しい甘味を感じます♪

IMG_9543

メインディッシュのステーキを焼き始めています!
高温の鉄板で一気に肉汁を閉じ込め、火入れはミディアムレアをお願いしています♪

IMG_9542

表面は高温でカリッと香ばしく!

IMG_9546

肉汁と旨味を閉じ込めます!

IMG_9646

食べやすいサイズにカット!

IMG_9633

「U.S Prime Rib Eye Cap 6oz with Chimichurri(アメリカ産プライムリブアイキャップ チミチュリのソース)
老饕肋眼上選牛拝」

メインディッシュの際にカトラリーをチェンジし、
様々な木の香りに包まれた「Château Laguiole(シャトーラギオール)」のステーキナイフを各々に好みで選びます。
旦那様はローズウッドを、わたしはジェニファーの香りをセレクト!
アメリカ産の上質なリブアイステーキは、アルゼンチン発祥のソースで、
コリアンダーやパセリ、ニンニク、香辛料など微塵切りにし、オリーブオイルで混ぜ合わせ、
スパイシーなチミチュリソースを合わせてお好みでいただきます。
黃人参、紫人参、蕪、じゃが芋のローストもホックホクに仕上がっており、甘味豊かな味わいです♪

IMG_9637

ロゼカラーした絶妙な火入れ!

IMG_9640

3種のソースでお好みの味わいに!

IMG_9636

香り高いチミチュリソース!

IMG_9652

「Sher Wagyu 9+ Rib Eye 5oz(オーストラリア産WAGYU)澳洲射和牛9+」

噛むとジュワッとジュースが溢れ出るオーストラリア産のWAGYUのリブアイステーキ!
自家製のガーリックマヨネーズで風味を楽しむのも良いですが、
こんがりとソテーしたガーリックを乗せて塩でいただくとシンプルに肉の甘味が感じられます。
添えられたサヤエンドウは丁度旬の時期であったため、驚くほどに甘味があります♪

IMG_9699

干貝を具材にし卵を用いて炒飯のような黄金のガーリックライスが台南スタイルです!
予め、鉄板でスクランブルエッグを仕上げ、ライスにも卵を絡めて炒め合わせ、
2種の卵を用いることでふわふわ食感の卵と
卵でコーティングされたライスで、最後に醤油で香ばしい仕上がりにしています♪

IMG_9671

スクランブルエッグ!

IMG_9687

2種の卵で食感の違いを!

IMG_9690

葱を投入し、香り高い炒飯に!

IMG_9701

「Dry Scallop Fried Rice & Lobster Broth(干貝の炒飯)干貝酥炒飯佐龍蝦清湯」

日本の鉄板焼きで提供するガーリックライスとは異なり、
卵を用いた台南スタイルの炒飯となります。
ふわふわ食感の卵に香ばしい干貝の旨味が加わり、深みのある味わいの炒飯が楽しめます♪

IMG_9705

「 Lobster Broth(ロブスターのトマトスープ)佐龍蝦清湯」

ロブスターエキスと新鮮なトマトからつくられるトマトスープにロブスターの爪を浮かばせて。
ブランデーを用いて深みのある味わいに仕上げています♪

IMG_9708

「Seasonal Vegetables(旬の野菜)鮮炒時蔬」

その時毎の旬の野菜を厳選され提供。
旨味がギュギュッと凝縮された娃々菜(わわ菜)と噛めばジュワッと旨味が広がる椎茸、
そして甘味豊かなホックホクのさつま芋をいただきます♪

IMG_9724

コースの最後は特別なワゴンサービスとして、
Pastry Executive Chefとして活躍されるDelcourt Laurent(羅倫)のつくり出す
美味しいデザートをセレクトし、ワンプレートに盛り付けていただきます♪

IMG_9717

マドレーヌやマシュマロ、カヌレ、バニラクッキー、フィナンシェ、
ダイアモンドクッキー、チョコレートゼリー、マカロンなどなど彩り豊かなペストリー♪

IMG_9725

マドレーヌ、カヌレ、チョコレートゼリー、マンゴーマシュマロ、
カラフルなマカロンは、ストロベリー、バジル、ピスタチオ、
チョコレート&柚子フレーバー、チョコレート&パッションフルーツなど、
フレッシュなフレーバーが勢揃い!
コーヒーに合わせて様々な小菓子を楽しめます♪

IMG_9730

「Coffee or Tea(コーヒーまたは紅茶)咖啡或茶」

 食後にコーヒーまたは紅茶が選べます。
ラテアートをお願いしましたら、大きなハートを描いてくれました♪

IMG_9456

農夫でありながら経営者としても人生の先輩としても大先輩であるTomoさんですが、
同じ感覚や趣味嗜好を持つTomoさんとの楽しいディナータイムはあっという間に過ぎ去ります。
この後は、ホテル4階のバー「水晶廊(Glass House)」にて
女性General Managerの李靖文(Rebecca Lee)と待ち合わせしていたため、Tomoさんと一緒に向かいます♪

ROBIN’S グリル&鉄板焼き(ROBIN’S Grill & Teppan)ROBIN’S 牛排館鐵板燒
ホテル1階
TEL:+886 6 390 3010
営業時間:朝食6:30~10:30、ランチ12:00~14:00、ディナー18:00~22:00

Silks Place Tainan(シルクスプレイス台南)台南晶英酒店
所在地:台南市中西区和意路1号
TEL:+886 6 213 6290
http://www.silksplace-tainan.com.tw/


静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

「富山トヨタ本社」若き品川社長と今後の富山について熱く語らう 「シルクスプレイス台南」バー「水晶廊」にて兵法三十六計カクテルでゲーム!
「富山トヨタ本社」若き品川社長と今後の富山について熱く語らう
「シルクスプレイス台南」バー「水晶廊」にて兵法三十六計カクテルでゲーム!

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます