lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

台北駅直結ホテル「パレ・デ・シン」クラシックモダンな客室エグゼクティブデラックス

2016/04/28

IMG_5108

台北駅と直結しており、大型ショッピングモール「Q square(キュースクエア)京站時尚廣場」に併設される
デザイナーズホテル「Palais de Chine Hotel(パレデシン)君品酒店」の客室は、
シングルルーム97室、ツインルーム175室、スイートルーム12室、
プレジデンシャルスイート並びにバイスプレジデンシャルスイートを各1室ずつ設け、
全室286室の快適な客室を用意されており、
一般フロアを7階~12階に配し、エグゼクティブフロアを14階~16階に設けています。
今回、お世話になる客室は、エグゼクティブフロアの16階1636号室
Executive Deluxe(エグゼクティブデラックス)」です。
エグゼクティブフロアに宿泊されるゲストは17階に位置する
VIPラウンジの「Le Salon(ル・サロン)」を自由に利用できる特典があります♪

IMG_5141

「Executive Deluxe(エグゼクティブデラックス)」

広さ37㎡の「Executive Deluxe(エグゼクティブデラックス)」は、
クラシックモダンなデザインを施されたお部屋で、落ち着き溢れる空間を提供しています。
独自に開発された「eバトラー」システムでは、リモコン1つでエアコンや照明調整などが可能となり、
最新の音響、映像システムが整い、機能性と豪華さを併せ持った空間で快適ステイ!
マットレスは、英国主室御用達の名誉を授かっている「Slumberland(スランバーランド)」を使用しており、
一般フロアとエグゼクティブフロアではマットレスのグレードを分けられております。
その他にも、一般フロアとエグゼクティブフロアでは、デザインに大差はないものの、
テレビサイズやスピーカーの性能や室内の細やかなディティールに違いが見られます。
アンティーク調の家具を配されているため、ゆったりとした時間が過ごせます♪

IMG_5119

ベルサービスで荷物を運んでくれたポーターの左侃民(Ken Tso)は、
背の高いとてもスマートな好青年で、現在、日本語を勉強されているとのことで、
一生懸命日本語で話しかけてくれました♪(謝謝♪)

IMG_5138

開放感に溢れ利便性の高い空間使いは、
建築デザイナーである陳瑞憲(Ray Chen)の得意分野で、
こちらのワークデスクも洗面台との境を鏡一枚で隔てることにより、
壁による圧迫感を無くし奥行きが感じられます。
こちらの鏡は半回転型で、サイドに設けられたスイッチでミラー上に小さな円形ライトを灯すことができ、
女性はメイクをする際にとても便利です。
デスクの引き出しには、ステーショナリーグッズも揃い、
館内において全て無料のWi-Fiが設けられているため、ビジネスにも有効です♪

IMG_5168

毎日新鮮なフルーツを!

IMG_5169

ステーショナリーグッズも充実!

IMG_5178

ワンプッシュダイヤルでフロントへ!

IMG_5176

コントローラーで温度調節可能!

IMG_5179

マルチメディアコンセント!

IMG_5177

220v/110vコンセント!

IMG_5115

特別なゲストに贈るウェルカムデザートとして、
素敵なデザートプレートをスタッフのJuliad Chengが運んでくれました!(謝謝!)
先日、コンサートで来台されていた安室奈美恵(Namie Amuro)さんがこちらに宿泊された際に、
Facebookにアップされていた巨大なデコレーションケーキもとっても素敵でした♪

IMG_5117

ミラータイプの器には、馬を象ったクールなチョコレートに君品酒店のロゴ入りカヌレ、
マカロンやガナッシュ、メレンゲ、クッキーなどが美しく盛り付けられています♪

IMG_5188

旅疲れを癒やしてくれるホッとするコーヒータイム。
オリジナルのデザートはどれも一流の味わいで、2日間に分けて美味しくいただきました♪

IMG_6028

エグゼクティブロアの客室には小人がいると伺っていたのですが、
おそらくこの方です(笑)
さらにエグゼクティブロアの客室スピーカーは「Bose」製が採用されており、
抜群の音を奏でています♪

IMG_5193

室内にも馬に関連する画が飾られておりますが、
こちらの画は「国立故宮博物院」から利用権利を買われて使用されているそうです!
ホテルのあちらこちらに馬の出現率が多い理由は後程紹介致します♪

IMG_5205

室内には、SONY製40インチの液晶テレビを採用されており、
独自に開発された「eバトラー」システムが導入されています!
ブルーレイの高画質で映画鑑賞が楽しめるところまでは至って普通のサービスですが、
こちらの凄いところは、リモコン1つで様々なガイドサービス機能が受けれる所にあります!(驚)
中国語・英語・日本語と多言語化されており、MRTの路線図や高鉄・台鉄・飛行機の発着時間や
天気情報やオンタイムの為替レートなど、全て画面上でチェックできるのです!
さらに、部屋内の灯りの調節もリモコン1つで調整できるのですが、
画面上でライトのON/OFFを切り替えて、
部屋の雰囲気が変わる様子をシュミレーションできたりと、遊び心までありました(笑)

IMG_5207

近隣のレストランガイド!

IMG_5208

観光名所までも案内!

IMG_5210

台湾の天気予報!

IMG_5211

交通機関ガイド!

IMG_5212

様々なジャンルのBGM!

IMG_5213

映画鑑賞!

IMG_5133

入口ドア左手にクローゼットが用意され、等身大の大きな鏡で全身の服装チェックも可能です。
ミニバーや冷蔵庫を設置する棚には扉を設け、
白いカーテンを張り、敢えて目隠しすることで、柔らかな雰囲気を醸し出しています♪

IMG_5135

扉を開けると、無料のティーパックやミネラルウォーターなどのソフトドリンクが用意され、
電気ポット、アイスボックス、グラスにカップなどがあります。
コーヒーがインスタントなのが残念でしたが、
ティーパックのお茶は、ホテルオリジナルのセレクトのようでとても美味しかったです♪

IMG_5163

冷蔵庫内は有料です!

IMG_5160

ティーポットやカップ、グラスなど!

IMG_5158

オリジナルティーパックは美味しい!

IMG_5134

クローゼット内には、バスローブ2点、セーフティーボックス、ランドリーバッグ、
靴べら、ギフトバッグ、靴磨きサービスボックス、
室内スリッパ2点、木製ハンバー、クッションハンガーなどが用意されています♪

IMG_5156

セーフティーボックス!

IMG_5157

靴磨きサービスと室内スリッパ!

IMG_5153

バスローブ!

IMG_5202

大理石のバスルームは、コーナーにバスタブを設置し、タイル張りの可愛らしい雫型のデザインです!
左手には独立型のシャワールームとウォシュレット付きのトイレを完備されています♪

IMG_5127

こちらのバスタブは雫型でしたが、円形型もあり、
どちらも広々としているため悠々と2人で入浴が楽しめます!
Junior Suite(ジュニアスイート)」と「Executive Suite(エグゼクティブスイート)」は、
女性が好きな猫足のバスタブになります。
ゆらゆらと揺れるキャンドルの下で、ゆっくりとお湯に浸かると良いでしょう♪

IMG_5148

独立型シャワールーム

不思議なことに蛇口が取り付けられている場所に小さな小窓があり、何故かシャワールームと繋がっています。
小窓から声が漏れるため、入浴中もシャワールームと会話が楽しめる利点がありますが、
旦那様曰く、覗き窓だそうです(笑)

IMG_5150

独立型ウォシュレット付トイレ

トイレの背面鏡は実は扉になっており、
開放するとリビングルームと繋がっているというユニークなデザインが施されています!
恥ずかしがり屋には少し抵抗があるかもしれないデザインですが、そこはご愛嬌(笑)
便利なことに、後ろに繋がるワークデスクにコンセントも用意されているため、
携帯の充電をしながら用を足すことが可能です。
または、開放することでテレビを見ながらというのも無理ではないような(?)
何とも解放的なスタイルだと思います♪

IMG_5129

洗面台には充実のアメニティグッズが用意されています。
右手の引き出しを開ければ歯ブラシセットやカミソリ、ヘアーブラシ、
爪やすり、綿棒、ソーイングセットなどなど。
タオル入れは、ホテルグループの象徴である「雲」の形をしており、筆洗いをイメージし、
石鹸置きは硯をイメージし、どちらも書道道具をイメージしています。
オーナーのお父様が書道に想い入れがあり、このようなデザインを施されているそうです!
石鹸は精巧なデザインで白玉龍を象っています。
うがい用に用意された湯呑みは、判子の形をしており、緩やかな窪みが手にフィットするところが嬉しいです。
バスアイテムもオリジナルとなり、ボトルデザインは鼻煙壷の瓶をイメージしており、
とても可愛らしいデザインと色合いで、細部に渡りオリジナリティ溢れるこだわりを感じます♪

IMG_5165

書道道具をイメージした小物!

IMG_5164

判子をイメージした湯呑み!

IMG_5152

オリジナルバスアイテム!

IMG_5167

Panasonicのドライヤー!

IMG_5166

アメニティーグッズ!

IMG_5203

ヘルスメーターもヨーロッパ風!

IMG_5183

BGMにしっとりとしたジャズを選び、心落ち着く静かな夜を過ごせ、
台湾初日の快適な夜を過ごすことができました!
お次は、パレデシンの品数豊富なブッフェスタイルのブレックファーストの紹介です♪

Palais de Chine Hotel(パレデシン)君品酒店
所在地:台北市承德路一段3號
TEL:+8862-2181-9999
http://www.palaisdechinehotel.com/ja-jp/

台北市承德路一段3號

静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

台北駅直結「パレ・デ・シン」ヨーロッパの風格漂う5つ星ホテルへチェックイン! 「パレ・デ・シン」の「ラ・ロティサリー」にて多国籍に富んだブッフェスタイルの朝食
台北駅直結「パレ・デ・シン」ヨーロッパの風格漂う5つ星ホテルへチェックイン!
「パレ・デ・シン」の「ラ・ロティサリー」にて多国籍に富んだブッフェスタイルの朝食

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます