lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

「永和楽華夜市」地元民に愛されるローカル夜市で台湾の夜市を初体験!

2015/03/09

IMG_7874

地元民に愛されるローカルな夜市永和楽華夜市(ヨンハーラーホワ・イエスー)」は、台北市の川を1本挟んでお隣の新北市となり、MRT頂渓駅(ちょうけいえき:ディンシージャン)1番出口を左手に進み、徒歩5分圏内のところに入口が見えてきます。夕方6時~深夜25時ぐらいまで営業しており、夜7時台~22時台が最も賑わう時間帯となります。永和路から中山路にかけて展開する中規模の永和楽華夜市は、観光客で賑わうメジャーな夜市とは一味違い、地元民に密着し、ローカルゆえの楽しみがあるといえるでしょう♪

IMG_7888

21時の時点もこの賑わいです!

台湾の治安は比較的良く、過度に身構える必要はありませんが、夜市は人通りも多いため、スリに注意は必要です。斜めがけのバックで口が塞がるタイプのコンパクトなものを極力お勧めいたします。両手が空いていれば、食べ歩きも楽チンです。夜市の場所によりけりですが、トイレが常設しているところばかりではありません。最寄りのコンビニエンスストアや駅で済ませてから臨みましょう。足元は、歩きやすいように、断然、フラット靴またはスニーカーがお勧めです♪

IMG_7896

Leeくんの住まいからも程近い楽華夜市を案内してもらいましょう!

IMG_7900

甘草芭樂とは、厳選したグァバに上質な甘草(漢方:カンゾウ)をまぶし、程好い甘さと塩気、酸味がある台湾グァバで、歯応えがある果肉と、柔らかな渋み、そして優しい柑橘類の香りが特徴です。台湾人は、グァバが大好きで生を食べる際に、砂糖や蜂蜜を付けて食べることもあります♪

IMG_7901

歩行者天国のように感じる夜市ですが、公道のため、時折バイクが通過します。稀に車が通ることもあるようなので、買い物に気を取られて事故に合わないように注意が必要です♪

IMG_7903

春節台湾人を賑わせる風物詩として、新年の運試しとして「春節大紅包」があり、日本でいうところの「ロト」になります。春節大紅包の期間中は、1日にNT$100万(日本円にしておよそ390万円)100名の方に当たるそうです♪

IMG_7906

日本関西おでんがルーツとなっている出汁ベースの「関東煮(かんとうだき:グヮンドンジュー)」。関東煮は、台湾人の大好物で、コンビニエンスストアでも良く見掛けますが、八角(スターアニス)の独特な香りを放つことからして、日本のおでんとはかなり異なり、汁は濃い目、味わいは甘めが基本です。やはり、わたし達は八角の香りが苦手のようです。

IMG_7907

楽華夜市30年以上続いている有名店の「永美雪花冰」さんは、地元の方に大人気。濃厚なのにさっぱりとした味わいの台湾かき氷で、雪花冰(シュエホワビン)は、ほのかに甘く香るコクのあるミルク味。繊細なふわふわ食感で、フルーツの種類も様々でたっぷりといただけます♪

IMG_7909

台湾人QQ(キューキュー)と呼ばれる食感を好み、「QQ=もちもち」のQQ系のスイーツは特に絶大な人気を誇ります。QQとは、台湾語で弾力性のある食感を表現する言葉です。タピオカ、タロイモ、蓮の実、白きくらげ、はと麦、小豆、緑豆などを氷砂糖で甘く煮たものを豆腐花や仙草ゼリー、愛玉(木の実の一種)ゼリーなどなど、お好みのトッピングでカスタマイズするスイーツ屋台です♪

IMG_7910

台湾のリーズナブルなカレー店「咖哩王子(カリーワンスゥ)」さん。カツカレーやチキンカツカレー、海老フライカレー、海老炒飯までもあります。台湾は、阿仔(牡蠣)も有名で「蚵仔酥」と呼ばれる台湾風牡蠣フライの他にも、別店で「蚵仔煎」と呼ばれる台湾風牡蠣のお好み焼きなどが人気です。二枚貝の試食は、くれぐれも自己責任でお願いします♪

IMG_7911

夜市でも人気のある「雞腿排(グリルチキン)」、「雞腿串(焼き鳥)」、「雞腿捲(チキンロール)」。いわゆる日本の焼き鳥屋さん。中でもチキンロールは、表面の皮はパリパリ、中はふっくらジューシィーでガーリック風味やお米を入れるお店もあるようで人気だそうです♪

IMG_7918

またもや出ました!QQ(キューキュー)の文字!(笑)「地瓜球」とは、さつまいもで作ったQQ食感(もちもち食感)の揚げ菓子です。自然な甘さで、中は空洞なので、サクサクもちもちと軽い食感で何個でも食べれるそうです。総体的に台湾人は、もともちした食感と甘い物が大・大・大好きなようです♪

IMG_7922

日本のお祭り屋台でも必ずあるりんご飴ならぬ、トマト飴!(驚)「糖葫蘆(タンフールゥ)」と呼ばれる中国の伝統菓子です。を扱う「阿徳糖葫蘆」さんには、りんごではなく、ミニトマト、苺、蜜餞(李の砂糖漬け)、トマトに蜜餞を挟んだものと小梨子の5種類があります。飴は食紅で色付られています。トマト飴は、りんご飴より美味しいという声もチラホラ。お祭り時に、りんご飴に猛烈に興味をそそられたことのある幼少期の思い出がふと甦り、とても気になりました(笑)

IMG_7921

夜市では、飴(キャンディ)やお菓子の量り売りを良く見掛けます。こちらは、自分たちで食べるものというよりかは、神様へ捧げるお供え物として使われるのだそうです。信仰心が厚い台湾人にとって寺廟へのお参りや占い師への相談は日常生活の一部となっています。日本人女性にも話題となった縁結びの神様「月下老人」様のご利益も素晴らしいそうですね♪

IMG_7919

ローカルな永和楽華夜市も是非お楽しみください♪

台北旅行記の特設ページはこちらをクリック!
すべての台北記事がご覧いただけます!

パソコン用 http://lade.jp/taiwan/
スマートフォン用 http://lade.jp/category/diary/travel-diary/taiwan/

現地の人と交流するユニークなツアーを予約できるサイトVoyagin(ボヤジン)

Lee君の「台北を散策する!1日ウォーキングツアー」
左のバナーをクリックして申し込みを!

永和楽華夜市

234新北市永和區永平路9號

静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

「鬍鬚張魯肉飯永和楽華店」台湾のソウルフード魯肉飯の大手チェーン店 「全聯福利中心」庶民的な価格帯のローカルスーパーでバラマキ土産をゲットしよう!
「鬍鬚張魯肉飯永和楽華店」台湾のソウルフード魯肉飯の大手チェーン店
「全聯福利中心」庶民的な価格帯のローカルスーパーでバラマキ土産をゲットしよう!

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます