lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

ミラノ郊外の「THE HUB HOTEL ザ ハブ ホテル」はモダン且つスタイリッシュ

2013/11/20

_RIO0884

イタリア旅行初日の宿泊先はミラノの郊外にあるホテル「THE HUB HOTEL ザ・ハブ・ホテル」。こちらは2010年3月にオープンされたばかりですが、モダンなテイストと最新の設備などが高評価となり、わずか数ヶ月でロンバルディア州の首都のおもてなしの基準点とされ4つ星ホテルとされています。

_RIO0886

ホテルの部屋数は全部で162室。クラシックスーペリア、デラックスとなっています。23時といえども、イタリアの夜は長い・・・ということで郊外のホテルでなければ、ミラノ市街に遊びに行くという手もあったのですが、市街まではちょっと遠いこともあり、交通の便もよくないため、おとなしくホテルの部屋で休むことにしました。さすがに初日は長時間のフライトで疲れていますから、翌日からの観光に備えて体力温存ですね♪

_RIO0887

すっきりとシンプル且つモダンなフロントとラウンジには、イタリアブランドの「MOROSO モローゾ」のインテリアがバランス良く配置されています。モローゾ社を代表するチェアーとして、2000年にRon Arad(ロン・アラッド)によってデザインされたLITTLE ALBERTやVICTORIA AND ALBERTなどが置かれ、まるで彫刻のオブジェのようなあまりに美しいデザインに座るのを躊躇してしまいそうですが、座ると腰がすっぽりとハマり、カーブや丸みがなんとも言えないフィット感を生み出しているのです。さすがのデザインですね♪

_RIO0888

ツアーの添乗員さんがイタリア語と英語を駆使し、チェックインを済ませてくれる間ロビーで待ちます。その後、部屋毎にルームキーを預かり、各自スーツケースを持ち自分の部屋へ。

_RIO0889

今回お世話になる部屋はクラシックスーぺリアのタイプ。移動できるシングルベッドが2つ並んでいるので、くっつけてしまえば広くなります。決して広いお部屋ではありませんが、清潔感があってモダンなテイストは嫌味もなく好感度が高いです。何よりポット(湯沸かし器)にコーヒー、紅茶、緑茶などがあることが嬉しかったです。今回のイタリア旅行で宿泊するホテルは全部で4つですが、後にも先にも湯沸かし器があったのはこのホテルだけ。基本、イタリアでスーペリアクラスのお部屋の場合、ポットは期待できません。お湯がどうしても欲しい場合は、フロントに直接行ってお願いし、1€ほど(日本円でおよそ140円ほど)を支払って頂くことが可能のようです。しかも、添乗員さん曰く、お部屋のフロントコールはほぼ意味がないようで、何かお願いしたい用件がある時は、フロントへ直接足を運ぶことが有効とのこと。お湯が有料ということにも驚きましたが、そういったサービス面のクオリティは日本のホテルでは考えられないですよね。

_RIO0890

特にこちらのレスト&バスルームは、大理石を使用しておりゴージャスです。ガラスの扉で丸見えなシャワールーム。バスタオル、中タオル、ハンドタオルと3枚ずつあり、乾燥機ハンガーも設置されているので、スイッチを入れておけばタオルが濡れても直ぐに乾いて気持ちよく使えます。ドライヤーの風量は日本には敵いませんが、まずまずの出具合。故障していないだけ良しとしましょう。アメニティですが、こちらも日本のようには行きません。イタリアのこのクラスのホテルでは、ボディソープはあってもシャンプー&トリートメント、また歯ブラシセットなどはほぼありませんので、トラベル用のものを持参しなければなりません。こちらには残念ながらバスタブはなく、天井にセットされた円形シャワーと小振りなハンドシャワーのみ。真上から降り注ぐシャワーになれていない日本人は、髪や体を洗うのに一苦労です(笑)後のホテル3つは全て浴槽がありましたが、イタリア人はシャワーのみの方が多く基本入浴はされないそうです。疲れを癒すのに入浴って大事ですけどね♪

_RIO0891

さて、添乗員さんにも注意されましたが、こちらのトイレ事情について説明しておきましょう。イタリアのホテルでは、ほとんどがこのように2つ便器が並びます。パッと見、蓋のある便器が女性用(大用)で隣の便器が男性用(小用)のように思えませんか?いえいえ、それがそもそも大きな間違い!要注意です!蓋付き便器は、男性女性共用のトイレですが、右の便器のようなものは、用を足すものではなく、女性が使用するビデの役割を果たします。蛇口部分を上げるとお湯が出て来るので、そちらで洗うためのもの。横にご丁寧にソープも添えられています。よく、日本人観光客がこの事実を知らずに、小ならまだしも、何を血迷ったか大をしてしまって大騒動になったこともあるのだとか。流れませんからね(怖)皆さん、この事実をご存知でない方はぜひご注意くださいね(笑)

_RIO0892

時差ボケというよりか、旅行中のわたし達夫婦はいつも睡眠不足です(笑)眠れてないわけではなく、かなり爆睡できるので3~4時間ほどで目が覚めてしまい、夜中の3時頃に起き出しては、ゆっくりと部屋で寛いでいることが多いです。この日も一番乗りではなかったけれど、6時45分のモーニングに合わせて早めにロビーに降りていきました。外はキンッと冷えた風が吹き、小雨が降っています。早朝はやはり冷え込みますね。ロビー横にあるレストランでモーニングブッフェをいただき温まりましょう♪

_RIO0894

こちらのブッフェスタイルはアメリカン・ブレックファストで、温かいベーコンやソーセージ、スクランブルエッグがあります。ホテルのブッフェスタイルは通常コンチネンタル・ブレックファスト(パンを中心とする簡単な朝食) or アメリカン・ブレックファスト(米国風の朝食)のどちらか。温かい料理がサービスされないコンチネンタルも経験しましたが本当に味気ないです(笑)

_RIO0895

ベーコンは塩気がしっかりしていますがチーズと一緒にパンに挟むと美味しいです。ソーセージは若干臭みがあるので、苦手な方もいらっしゃるかも!?スクランブルエッグには味がほとんどありません。ケチャップが出ていなかったので、添乗員さんにお願いして出してもらいました。

_RIO0896

パンはカッチカチです(笑)ナイフでカットしてハムやベーコンを挟んでいただくと食べれます。フランス旅行の時はクロワッサンなどホテルブッフェでもパンが美味しかったのですが、イタリアのこのクラスのホテルブッフェでのパンは期待しないほうが良いでしょう。

_RIO0897

ヨーグルトがあるのは非常に嬉しいです。旅行中は慣れない環境で胃腸の調子を崩しやすいこともあるので、乳酸菌などは積極的に摂取したいと思います。シリアルやジャムもあります。サラダやフルーツがないのが残念ですね。

_RIO0898

コーヒーメーカー表示のcaffe カッフェ=エスプレッソ、latte ラテ=ミルクです。日本でラテといえば、カフェラテが出てくると思ってしまいがちですが、イタリアでラテはミルクのみなので気をつけましょう。しかし、さすがのイタリア、コーヒーは本当にどこで飲んでも美味しかったです♪

_RIO0900

小雨も止み、曇り空ではありますが観光に支障をきたすことはなさそうです。イタリアは晴れていても突然雨に見舞われることもあるようなので、携帯用の折りたたみ傘は手荷物に忍ばせておくと良いでしょう。さて、2日目はミラノ中心市街へ向かいます。次回はミラノ観光の紹介です♪

THE HUB HOTEL ザ・ハブ・ホテル
住所:Via Privata Polonia, 10, 20157 Milano, イタリア TEL:+39 02 7862 7000
http://www.thehubhotel.com/

Via Privata Polonia, 10, 20157 Milano, イタリア

静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

アリタリア航空でフィウミチーノ空港(ローマ)より国内線に乗り継ぎリナーテ空港(ミラノ)へ ミラノのルネッサンス期最大の城「スフォルツェスコ城」と博物館内
アリタリア航空でフィウミチーノ空港(ローマ)より国内線に乗り継ぎリナーテ空港(ミラノ)へ
ミラノのルネッサンス期最大の城「スフォルツェスコ城」と博物館内

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます