lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

「ABBA RESORTS IZU 坐漁荘」伊豆高原で海山の幸を用いた優雅フレンチ

2018/03/21

伊豆高原の浮山温泉郷にある大人のリゾートとして名を馳せる高級旅館「ABBA RESORTS IZU – 坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ 」へ!

こちらは、伊豆半島で約50年の歴史を誇る高級旅館「坐漁荘(ざぎょそう)」が、2014年10月26日に台湾企業「CIVIL GROUP HOLDINGS / ABBA RESTORTS GROUP」の資本を投入し、大規模修繕を行いリニューアルオープン!日本庭園の広がる緑豊かな5,000坪の敷地に総工費18億円をかけ、本館(全19室)のリニューアルと、離れとなる露天風呂付きヴィラ11室の新築。

また、フレンチレストランの新設も伴い、歴史ある旅館の威厳を保ちつつも、勢溢れる和モダンのエッセンスを取り入れ、日本のおもてなしの心と伝統美を受け継がれています!

この日は、天然記念物「山もも」の巨木が群生する広大な自然庭園内に佇むフレンチレストラン「やまもも」にて、料理長の
山本晋平/Shinpei Yamamotoシェフにおまかせし、 海山の幸に恵まれた伊豆ならではのランチコースをオーダー!

1階フロアからは緑豊かな庭園と本館が望め、純和風の茶室を設けた落ち着き溢れる空間。

2階には、伊豆の海が広がるカウンター席6席が用意されており、フレンチのシェフが目の前で調理する「鉄板焼」が頂けるとのことで大人気だそうです!

アミューズ「富士金華豚と鮑のクロケット」
富士山西麓の朝霧高原の静岡が誇る最高級ブランド豚の「富士金華豚」のスネ肉と鮑を用いて作られたトリュフに見立てたコロッケ!コロッケの下には、シェリービネガーとトリュフを纏わせた食感の良いわらびを添えられています。風味豊かな富士金華豚がギッシリと詰まったコロッケは、トリュフの香りが鼻をくすぐり、噛み応えがあり、旨味が凝縮され閉じ込められています!

前菜「富士山サーモンの燻製」
富士の清流で育った富士山サーモン(ニジマス)を甜茶でマリネし軽く燻製をかけミ・キュイで仕上げた一品は、「カマチ陶舗」の器に映える彩り豊かな春の演出!瑞々しいグリーンアスパラガスと液体窒素でシャキシャキに仕上げた菜の花がアクセントに。橙の酸味のあるペーストとの相性も爽やかです!

「新ジャガイモとイカのニョッキ」
弾力があり、むっちりとした食感が楽しめるニョッキは、ホタルイカの墨をイメージし、川根茶の茶墨を用いて黒く仕上げられています。シャンピニオンは、生のスライスしたものとクーリーをたっぷりと付けて、ニョッキとホタルイカに合わせていただくと何層にも旨味が広がります!

「自家製バゲット」
伊豆の煎茶を練り込んだお茶のバターは、お茶の葉をイメージして型どられており、ほんのりと優しく香る茶葉の風味が楽しめます!

魚料理「真鯛」
真鯛をヴァプールであっさりと仕上げ、和のテイストを感じる桜海老のしんじょを合わせて優しい味わいに仕上げています。ヒュメドポワソンには貝出汁を加え、さらにアクセントで鮎の魚醤を用いているため味に深みを感じ、伊豆らしく明日葉のピューレも添えられています!山椒の葉や桜の花弁をあしらった演出も素敵で、河津桜を逃してしまったわたし達ですがこちらで充分に春を満喫しました♪

メインディッシュ「伊豆高原の地場野菜」
メインディッシュには肉料理を使わずに、伊豆高原の地場野菜をふんだんに用いた身体喜ぶ一皿。

春キャベツとベーコンのブレゼに、イタリア野菜のカステルフランコ、紫スプラウティングブロッコリー、ロマネスコ、スティックセニョール、菜の花、さとうえんどう、人参、さつま芋などをビーツと伊豆味噌のピューレでいただきます!サッと油を通し、2日かけてカリカリにドライし甘味を凝縮させたキャベツチップスには、キャベツの粉末をまぶされており、より甘味が感じられおかわりをしたいほどに美味しかったです!

デザート「新玉葱とホワイトチョコレートのムース、苺のソルベ」
うわぐすりを用いることなく焼き〆で土の質感が楽しめる種子島焼きの作家:野口悦士さんの作品がまた素敵!全体的に野菜をたっぷりと楽しませてくださるメニュー構成でボリューム感も程良く、ヘルシーなランチを楽しむことができました!

今回は時間の関係で「ティーペアリング」のコースを体験できなかったのですが、実はこちらの山本シェフは、わたし達も大好きな京都祇園のフレンチ「MAVO」の西村シェフのお茶に特化したメニュー「tea pairing aya / 彩」に感銘を受け、コラボを果たしています。現在はその技法を学ばれ、メニューに取り入れ、伊豆ならではのお茶の文化をヘルシーなフランス料理と共に発信されています!次回は、温泉に浸かりながらのんびりと滞在したいものです!山本シェフ、ありがとうございました!

ABBA RESORTS IZU 坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ
住所:静岡県伊東市八幡野1741
TEL:0557-53-1170
フレンチレストランやまもも営業時間:
ランチ11:00~15:00(L.O. 14:00)
カフェタイム:11:00~16:00( L.O. 15:30)
ディナー:17:30~21:00(L.O. 19:00)


静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

「ラッタナー」ピリ辛の本場チェンマイ出身のシェフが作るタイ料理ランチ 「旬の味 たなか」伊豆半島獲れたて地魚にこだわり地元に愛される和食店
「ラッタナー」ピリ辛の本場チェンマイ出身のシェフが作るタイ料理ランチ
「旬の味 たなか」伊豆半島獲れたて地魚にこだわり地元に愛される和食店

Reply

lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます