lade | WEBマガジン・ラデ

静岡県浜松市を中心にグルメ、海外旅行、デザインなどのライフスタイル情報を配信する「WEBマガジン・ラデ」

半田山「ラ サリーブ」のフランス料理のジビエを堪能できるシェフおまかせランチ

2013/12/06

RID00231

半田山の「La Saliveラ サリーブ」さんは、フランスは「テート・ノワール」、「タイユヴァン」、「コンコルド・サンラザール」等での研修を積んだ後帰国し、1997年に佐鳴台にあったお店をこちら半田山に移転させリニューアルオープン。フランス料理の伝統的技法を用いて、それでいてあっさりと食べやすく心が温まるような料理を目指されており、近海の魚介を使った料理はもとより、ジビエ料理、内臓料理、兎(うさぎ)料理など、浜松であまりなじみの無いもの、更にはシェフ・鈴木孝治さん自らが農園で自家栽培している地元の食材を活かし食べやすく提供されています。現在、サリーブさんでは完全予約制となっております。ランチは、Maire ランチ 1,900円、Pauleランチ 2,600円、シェフおかませコース5,000円と3コース仕立て。今回は、いつものシェフおまかせコース5,000円で鹿、猪、鴨とジビエ盛り沢山を希望し予約時にオーダーしてあります♪

_RIZ0039

店内はすっかりクリスマスモードのインテリアになっており、フロア中央には可愛いクリスマスツリーが飾られています。テーブル席12席ほどと個室が1部屋とカウンター席で落ち着きのあるゆったりとした空間創りをされています♪

_RIZ0042

「ジンジャエール」 すっきりとした味わい。

_RIZ0041

アミューズ「チーズカナッペ、小メロンのピクルス」

カリッと香ばしいパンの上に濃厚なチーズ。小メロンのピクルスはしっかりと浸かっています。

_RIZ0046

前菜「猪のスモークハム、猪の肩ロースのコンフィ、野生鴨もも肉のコンフィ、イエロービーツと干し柿」

猪は60kgのメスを使用しています。いつも前菜ではフォアグラのサラダ仕立てをいただいていたので、今回は違うものを事前にオーダーしておきました。前菜からジビエ感満載で薫り高く風味豊かな味わい、どれも美味しく塩気も良い塩梅でワインが恋しくなるお味に、前菜の1皿で唸るわたし達(笑)見た目こそクラシカルな面持ちですが素晴らしく安定した料理は、やはりシェフ鈴木さんの熟練の成す業でしょう♪

_RIZ0048

「パン」

サリーブさんのパンは、ふんわりもっちりの柔らかい食感と甘い香りが特徴です。添えられる梅の自家製コンフィチュールと一緒にいただくのがいつも楽しみです♪

_RIZ0050

「猪の田舎風スープ」

細かくカットされた野菜も種類豊富で、猪の出汁を感じながらいただくと、のどかな風景が頭をよぎる優しい味わいのスープ♪

_RIZ0052

「栗のパン」

こちらで作られるパンはどれも好みなので、珍しくおかわりをいただきました。柔らかな甘い香りが漂う栗のパン。そのままでも美味しいですがソースに付けても邪魔にならずとても合います♪

_RIZ0054

魚料理「御前崎産金目鯛のポワレ ペルノーソース」

ペルノソースは魚介の料理に良く合うとされてるソースで、名前の由来はお酒の「ペルノ」から来ています。ペルノはお酒の種類の名前ではなく、ペルノ・リカールという会社の「ペルノ」という商品名で、ジャンルとしてはアニス酒になります。アニスリキュールのペルノは、アニスや複数のハーブとスパイスで作られるかなりインパクトのある薬草系のリキュール。そのペルノーと白ワインヴィネガー、鶏のブイヨン、生クリーム、バターなどで作られるのがペルノソースです。爽やかな酸味のあるペルノーソースは金目鯛のふっくらとした甘い身にとてもマッチします♪

_RIZ0055

肉料理「片桐さんのハート締め鹿ロースのグリル 山椒ソース」

ジビエが苦手とされる方でも克服できてしまうと思えるような鮮度と調理法で、完璧です!

_RIZ0056

カットした部分をご覧ください。しっかりとした赤身の断面を見れば弾力感が伝わるでしょうか。血の巡りの良さを眺めて思わずため息の零れる美しさです。ピリッと刺激のある山椒のソースと共に噛めば噛むほどにジビエの素晴らしさに溺れてしまいますよ♪

_RIZ0058

デザート「ホワイトチョコムースのブッシュドノエル 季節のフルーツ ソルベ添え」

ホワイトチョコなのにしつこいくどさがなく、あっさりといただけるムースに爽やかなフルーツとソルベ♪

_RIZ0059

「コーヒー」

こちらでは、最後の最後まで力み過ぎず程好い塩梅の心地良い丁寧なお仕事ぶりが伺えます。前回も書き記しましたが、サリーブさんの料理は、いつも”食べた後もたれない”、”満腹感はあるが苦しくならない”といった感想と素直な気持ちで”大満足の笑顔”が出るコースなのです。食事を終えてシェフの鈴木さんに来年の「ジビエの会(会費10,500円)」をお勧めされました。真鴨や猪や和鹿にはじまり、なんと日本では天然記念物でもある雷鳥もいただけるとのこと!(驚)結婚記念日の翌日でしたので思い切って予約することにしました。未体験ゾーンの雷鳥、楽しみでなりません♪

La Salive ラ サリーブ
浜松市東区半田山1-18-28 TEL:053-434-9966(完全予約制)
営業時間:11:30~13:30 18:00~20:00 定休日:火曜、第一月曜
http://www.wr-salt.com/salive/

浜松市東区半田山1-18-28

静岡県西部地区を中心に東京・名古屋・海外のグルメ情報が満載!
食べログ版カケスタには現在700件以上のグルメ情報が掲載されています。
<kakesta★カケスタ>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
イベントや料理写真のWEBアルバム
Google Photoでladeの撮影してきたフォトアルバムがご覧頂けます。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

リニューアルオープンされた新生「イタリア料理 ラカーサ」はシェフとの距離感が心地良い 美しい水の都ヴェネツィアを楽しく過ごす観光ガイド「サンマルコ広場編」
リニューアルオープンされた新生「イタリア料理 ラカーサ」はシェフとの距離感が心地良い
美しい水の都ヴェネツィアを楽しく過ごす観光ガイド「サンマルコ広場編」

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | ラデ - ライフスタイルWEBマガジン | 会社概要 | Google+
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. 掲載記事・画像の無断転載・複製を一切禁じます